「特別保守サービス」について

公開日時:

2019/12/02 10:18

更新日時:

2019/12/02 10:18

特別保守サービスとは?

SVF製品(Ver.)に対し、標準保守サービス終了後もサポートレベルの高い保守サービスの提供をご希望のお客様のための保守サービスです。
標準保守サービスでは、販売停止または終了日が属する保守サービスの期間満了後、次に更新する1年間の契約期間満了をもって自動的に「限定延長保守サービス」に移行し、新たに発見された障害に対するパッチは提供されません。
特別保守サービスは、限定延長保守サービス開始からサポート終了日満2年後を期限とし、新た発見された障害に対する調査・パッチの提供を継続するため、お客様側のスケジュールに合わせ、安定的な製品の利用、バージョンアップが可能です。

※特別保守サービスは、標準保守サービスより割増し価格となり、標準保守サービスと異なるご契約が必要です。
 

特別保守サービスの対応期間

限定延長保守サービス開始からサポート終了日満2年以内となります。

16280-1
 

保守サービスの内容

1.お問い合わせ対応

  • 操作方法のご質問に対するお問い合わせを、Webフォームにて受け付けます。
  • 本番運用停止時の緊急事態におけるお問い合わせを、お電話にて受け付けます。

2. 障害対応

  • 新たに発見された障害、および、既知の障害に対応します。
    ※修正パッチのご提供、あるいは回避策等のご提示を含みます。
    ※弊社ではOS、前提ソフトウェア、ハードウェアに依存した修正は実施できないため、環境に依存しない新たな製品側の問題と判断した場合の対応となります。
    ※場合によっては、販売中の製品のバージョンアップ、または、お客様のシステム変更による回避策をご提案させていただく可能性があります。

3. バージョンアップ版のご提供

  • 販売中の製品に限定したバージョンアップ版をご提供いたします。
※限定延長保守サービスの場合には、過去事例ベースでの回答となります。
 

お問い合わせ

サポート内容/バージョンに関するお問い合わせ

各種お問い合わせ]-[製品に関するお問い合わせ]から、お問い合わせください。

弊社保守制度/契約に関するお問い合わせ
弊社の契約更新窓口(メール:c-consent@wingarc.com)までお問い合わせください。