Java8環境でSVF製品を利用する場合の注意点について

製品ブランド:

SVF

製品名: SVF for Oracle E-Business Suite/Java Edition , Report Director Enterprise , SVFX-Designer , SVF Web Designer , Universal Connect/X , SVF Java PRODUCTS
バージョン: 9.2

公開日時:

2015/07/27 15:47

更新日時:

2017/04/17 10:10

記事番号:

000003856

Java8環境でSVFX-Designer Ver.9.2、SVF Web Designer Ver.9.2およびSVF Java実行部製品 Ver.9.2、Ver.10を
利用される場合には、以下にご注意ください


<Java8の非互換に対する注意事項>
<Oracle Java8の性能に対する注意事項>
<IBM Java8利用時の保守サービスに対する注意事項>
 

 Java8を利用できる弊社製品・バージョンおよびOSの組み合わせは以下を参照ください。
 Java VM のバージョンにおける弊社製品の動作状況について

 

<Java8の非互換に対する注意事項>

Java8でJDBC-ODBCブリッジが廃止されたため、ODBCドライバーを設定したクエリー様式ファイルを作成・実行できません。
Java8環境で利用可能なJDBCドライバーをご利用ください。

<Oracle Java8の性能に対する注意事項>

弊社の同一環境におけるJava7とJava8の性能比較検証において、
Intel Xeon E3および旧世代の環境にてOracle Java8 64bitを利用した場合には、Java7をJava8へ入れ替えることにより
以下を確認しています。

・Windows環境、Linux環境ともにDotPrinter機種にて処理時間にばらつきが生じている
・Windows環境では、グラフィックモード帳票のART4・LIPS4機種にて、処理時間は一定なものの、性能劣化が生じている

上記現象は、Intel Xeon E5およびE7環境にてOracle Java8 64bitを利用した場合、またはIntel Xeon E3および
旧世代の環境にてOracle Java8 32bitを利用した場合には、生じないことを確認しています。


弊社性能検証で確認しているIntel Xeon E3環境およびIntel Xeon E5、Intel Xeon E7環境におけるOracle Java7と
Oracle Java8の測定結果は下記FAQの添付資料をご確認ください。

SVF Ver.9.2でのJava8性能検証結果について

※上記FAQは、保守ユーザー様専用サイトにログインが必要です。


今後も継続し、Oracle社との連携調査および検証を実施し、現象の原因・改善が確認できた時点で、本FAQは随時更新
いたします。

IBM Java8利用時の保守サービスに対する注意事項

弊社の同一環境におけるJava7とJava8の性能比較検証において、Java7をJava8へ入れ替えることにより、
ベーシックモードの帳票の場合、CPU Core数1の環境とCPU Core数2の環境で一部の機種に性能劣化を確認しています。
※グラフィックモードの帳票の場合には、性能劣化は発生していません。

劣化を確認している以下の「対象機種」においては、処理速度に関するお問い合わせをお受けすることができません。

【対象機種】
CPUCore数 1のサーバー環境でベーシックモードの帳票を出力した場合:

   DP Series、 ESC/Page、Prinfina MANAGER PS、LIPS3、 LIPS4、 NPDL2、RPCS、SATO、Zebra
CPUCore数 2のサーバー環境でベーシックモードの帳票を出力した場合
  NPDL2、Zebra

上記以外は、保守サービス契約に従った弊社所定の保守サービスを提供させていただきます。

弊社性能検証で確認しているAIX 7.2 Power8環境におけるIBM Java7とIBM Java8の測定結果は下記FAQの添付
資料をご確認ください。

SVF Ver.9.2でのJava8性能検証結果について

※上記FAQは、保守ユーザー様専用サイトにログインが必要です。


今後も継続し、IBM社との連携調査および検証を実施し、現象の原因・改善が確認できた時点で、本FAQは随時更新
いたします。


更新履歴 

日付概要
2015/07/07

新規作成

2015/11/06WindowsE7環境による検証情報が追加されたため、
「Intel Xeon E7環境における」という文言を追加。
2017/04/17「IBM Java8利用時の保守サービスに対する注意事項」を追加

 

JDK

1.8

回答

この記事は役に立ちましたか?

コメントしない

「送信」をクリックすると、次の内容に同意したことになります:カスタマーサクセス利用規約