第4章 クライアント印刷

SVF Connectは、SVF実行部と物理的に離れている(同一ネットワーク上に存在しない)プリンターへPAliteを介して出力できます。


ローカルプリントの手順

SVF Connectを用いて、SVF実行部と同一ネットワークに存在しないプリンターへの出力手順は次のとおりです。


  1. SVF環境設定のプリンター機種設定で、[出力先]を「ファイル」にします。


  2. VrSetSpoolFileName2関数でファイル名を指定します。

    指定例

    VrSetSpoolFileName2("sample.spl");
    参考
    VrSetSpoolFileName2関数の詳細は、『SVF Java PRODUCTS API関数リファレンスマニュアル』を参照してください。

  3. VrLocalPrint関数のパラメーターにスプーラー設定名と、スプールファイル名を指定します。

    指定例

    SvfClient.VrLocalPrint("Spooler1", "sample.spl");
参考

VrLocalPrint関数は、設定されたスプーラーに対してスプールファイルを転送するAPI関数です(Socket、HTTPともに利用可能です)。VrLocalPrint関数については、『SVF Java PRODUCTS API関数リファレンスマニュアル』を参照してください。

スプーラー設定

「スプーラー設定」とは、SvfrClientとプリンターの中間に位置するスプーラーについての設定で、プロパティファイル(svfrclient.properties)に記述します。以下にスプーラー設定例を示します。

スプーラー設定例

LocalPrint.Spooler.Spooler1=PAliteLocalPrint.Spooler.Spooler1.Host=localhostLocalPrint.Spooler.Spooler1.Port=44201LocalPrint.Spooler.Spooler1.PrinterName=Printer1LocalPrint.Spooler.Spooler1.PAProtocolVersion=3

「Spooler1」は、使用するスプーラー設定の名称で、任意の文字列(半角英数字)が指定できます。この設定名をVrLocalPrint関数の引数に指定します。