1-1 SVF Connect for ASP/COM APIの機能概要

SVF Connect for ASP/COM APIは、ASP(Active Server Page)やVisual Basic、C言語などで作成したアプリケーションプログラム(アンマネージコード)から各種SVF実行部(.NET版、Java版)を使用して帳票を出力するために必要になるインターフェイスプログラムです。本製品を使用することで、アプリケーションプログラムを使用するアプリケーションサーバーとSVF実行サーバー(PDF作成、印刷実行サーバー)を別筐体で使用できます。

ASP(Active Server Page)やVisual Basicで書かれたプログラムからはCOMオブジェクトを通じて、C言語(dllとして使用)で書かれたプログラムからは関数を呼び出すことにより、SVF実行部の接続ランタイムを経由してSVF実行部と簡単に連携できます。

参考
  • SVF実行部の動作環境については、各製品のマニュアルを参照してください。
  • 様式ファイルやクエリーファイルの指定は、SVF実行部からのパスを指定します。