改訂履歴

日付 変更箇所 内容
2018/12/3 マニュアルの使い方 「本マニュアルを使う際の留意点」を追加しました。
2018/12/3 付録2 注意事項 通信エンコーディングの指定で「UTF-16」は使用できない旨を記載しました。

2018/5/31

- マニュアルの外観を変更しました。

2018/5/31

マニュアルの使い方 新規にページを追加しました。

2018/5/31

2-3-2 Javaプログラム用クラスライブラリの動作設定 「Remote.ConnectionTimeout」にオプションが無効となる場合の説明を追記しました。

2018/5/31

2-3-3 オプションパラメーターの説明 「Remote.ConnectionTimeout」オプションが無効となる場合の注意事項を、タイムアウト設定の説明に追加しました。

2018/5/31

2-4-3 Java版SVF実行部接続用ランタイム(HTTP)の設定 「UNIX/Linux環境で画像ファイルを出力するための設定」の記載を追加しました。
2017/4/17 2-1 動作環境 製品の動作環境は、弊社Webサイトを参照するようにしました。
2016/6/30 2-1 動作環境 動作環境を更新しました。
2016/6/30 2-2 ファイル構成 「wtsapi.exe」について追記しました。
2016/6/30 2-4-1 .NET版SVF実行部接続用ランタイム(Socket)の設定 -E[n]オプションの説明で、セッションログが出力される場所の説明を変更しました。
2015/8/3 2-1 動作環境 動作環境を更新しました。
2015/2/16 2-1 動作環境 動作環境を更新しました。
2015/2/16 2-3-2 Javaプログラム用クラスライブラリの動作設定 Support.Encodingsに「CP1254」を追加しました。
2015/2/16 2-4-2 Java版SVF実行部接続用ランタイム(Socket)の設定 -O[n]オプションの説明を修正し、ローテートできるログの種類、出力ファイルの名称等を追記しました。
2015/2/16 3-4 プロセスの管理(UNIX/Linux版) 「svf_startup.sh」「svf_shutdown.sh」を使用した起動、停止方法の説明を追加しました。
2014/7/14 2-1 動作環境 動作環境を更新しました。
2014/7/14 2-3-2 Javaプログラム用クラスライブラリの動作設定 Support.Encodingsに「CP1251,CP1253,CP1258」を追加しました。