3-2 SVF実行サーバー側の設定

SVF Connect for .NET Framework API は、APIプログラム用のクライアントライブラリからSVF実行部側の接続用ランタイムに接続し、接続用ランタイム経由でSVF実行部のAPIを実行します。SVF Connect for .NET Frameworkを使用する場合、クライアントライブラリ側とSVF実行サーバー(接続用ランタイム)側に設定が必要です。

ここでは、SVF実行サーバーでの接続用ランタイムの起動方法や起動オプションについて説明します。
起動方法と起動オプションは、使用している実行部の種類(.NET版またはJava版)、通信方式により異なります。