2-2 インストール

SVF Connect for .NET Framework APIのインストールは、次の手順で行います。

参考
  • SVF Connect for .NET Framework APIをインストールするには、事前にMicrosoft .NET Framework 2.0、3.0、3.5、4.0、4.5のいずれかがインストールされている必要があります。
  • jp.co.fit.vfreport.SvfrClient.dllは、SVF Connect for .NET Framework APIのクライアント側で使用する厳密名付きのアセンブリモジュールです。インストール時に自動的にGAC(グローバルアセンブリキャッシュ)に登録されます。

  1. 開発、実行環境にあったインストーラーを起動してインストールします。

    • X86:¥x86¥setup.exe
    • X64:¥x64¥setup.exe

    インストールウィザードが実行され、インストール開始のダイアログが表示されます。


  2. Next]ボタンをクリックします。
    Select Installation Folder]ダイアログが表示されます。


  3. インストール先のフォルダーを選択します。現在選択されているフォルダーでよければ、[Next]ボタンをクリックします。インストール先を変更するには、[Browse]ボタンをクリックしてフォルダーを選択します。


  4. Confirm Installation]ダイアログが表示されますので、現在設定されている内容でよければ、[Next]ボタンをクリックします。
    ハードディスクへのファイルのコピーが開始され、コピーが終了すると、SVF Connect for .NET Framework APIのインストール完了のダイアログが表示されます。


  5. Close]ボタンをクリックします。
    インストールが終了します。