2-2 インストール

ここでは、SVF Client for .NET Framework API Plusのインストール手順と「log4net.dll」(ログ出力DLL)のGAC登録ついて説明します。

インストール手順

SVF Client for .NET Framework API Plusのインストール手順は、次のとおりです。

注意

旧バージョンのSVF Client for .NET Framework API Plusがインストールされている場合は、旧バージョンのSVF Client for .NET Framework API Plusを削除してからインストールしてください。


  1. Windowsエクスプローラーで「SVF Client for .NET Framework API Plus.msi」をダブルクリックし、インストールウィザードを起動します。


  2. Next]ボタンをクリックします。


  3. Select Installation Folder]ダイアログが表示されますので、インストール先を確認して[Next]ボタンをクリックします。
    インストール先を変更する場合は、[Browse]ボタンをクリックしてインストール先のディレクトリを指定し、[Next]ボタンをクリックします。

     


  4. Install Preference]ダイアログが表示されますので、インストール内容を選択し、[Next]ボタンをクリックします。
    インストール内容は、複数選択できます。

    • Install the library.
      ライブラリ本体(Fit.Windows.SvfClient.dll)をインストールします。常に選択状態になっています。チェックは外せません。

    • Install to GAC.
      ライブラリ(log4net.dllを除く)をWindowsのGAC(グローバルアセンブリキャッシュ)に登録します。チェックを付けると、ライブラリをGAC経由で利用できます。

    • Install the sample.
      サンプルプログラムをインストールします。

    • publisher policy assembly to the GAC.
      発行者ポリシーをGACに登録します。


  5. Confirm Installation]ダイアログが表示されますので、[Install]ボタンをクリックします。
    インストール処理が開始されます。


  6. Installation Complete]ダイアログが表示されたら、[Close]ボタンをクリックします。
    インストールウィザードが終了します。

参考

SVF Client for .NET Framework API PlusのインストーラーはMSI形式です。インストーラーはx86版のみですが、ライブラリ本体はAnyCPUでビルドされているため、x86/x64およびx64環境下におけるWOW64への適用も可能です。

log4net.dllのGAC登録

log4net.dll(ログ出力DLL)は、SVF for Web/Client Ver. 9.2と共用するため、インストール時にGAC登録されません。
必要に応じてGAC登録ツール(<TARGETDIR>¥lib¥SVFClientLogGACRegister.exe)を実行し、log4net.dllをGACに登録してください。ツールは、管理者として実行する必要があります。

ツールの実行において、次の点に注意が必要です。

  • SVF for Web/Client Ver. 9.2がインストールされている場合は実行できません。
  • 登録対象は、ツールと同じフォルダーにあるlog4net.dllです。log4net.dllが同じフォルダーに存在しない場合、登録できません。
  • log4net.dllをGACに登録したあとでSVF for Web/Client Ver. 9.2をインストールすると、SVF for Web/Clientのインストーラーによりlog4net.dllがGACへ上書き登録されます。このため、SVF for Web/Clientをアンインストール時にlog4net.dllのGAC登録が削除されます。
    GAC登録が削除された場合、ツールを利用してGACに登録し直してください。