1-2 製品構成

SVF for Oracle E-Business Suiteは、SVF for Oracle E-Business Suite Connect実行部とSVF for Oracle E-Business Suite/Java Editionで構成されます。
ここでは、各製品に含まれるモジュールについて説明します。

SVF for Oracle E-Business Suite Connect実行部

Oracle E-Business Suiteと同一サーバー上にセットアップします。

モジュール名
説明
SVF_ORA Oracle E-Business Suiteの画面上で、帳票出力を伴うアプリケーションから印刷指示が出されると、コンカレントプログラムを通して起動され、必要なパラメーターをSVF for Oracle E-Business Suite/Java Editionへ受け渡します。

SVF for Oracle E-Business Suite/Java Edition

モジュール名 説明
SVF for Oracle E-Business Suite Service SVF for Oracle EBS Connect実行部からパラメーターを受け取り、SVF実行部を起動します。
SVF実行部 SVF for Oracle EBS Connect実行部から指示されたパラメーターから、指定されたXML様式ファイル、クエリー様式ファイルの抽出、クエリーの抽出条件などの関数を発行します。
Pre_Proc、Post_Procパラメーターがある場合は、このパラメーターをOracleデータベースに送信します。
また、正常終了、エラーステータスをSVF for Oracle EBS Connect実行部に送信します。