6-3 必須パラメーターの設定例

各必須パラメーターの設定例は、次のとおりです。

SVF実行部アドレス(プリントサーバー)

項目 設定例
順序 10
パラメーター SVFプリントサーバー
摘要 SVF実行部PCのIPアドレスを入力
値セット SVF実行部アドレス
必須 チェックを付けます。
表示 チェックを付けます。
参考

[表示]のチェックを外すと、コンカレント実行時の画面に表示されなくなります。
1つで、固定の場合に利用できます。

項目 設定例
[値セット]画面
  • 値セット名 SVF実行部アドレス
  • 書式タイプ 文字
  • 最大サイズ 50
[セグメント値]画面
  •  146.56.137.177、146.56.137.178

フォーム様式の保存ファイル名

項目 設定例
順序 20
パラメーター SVFフォーム様式
摘要 実行するフォーム様式の選択
値セット SVFフォーム様式
必須 チェックを付けます。
表示 チェックを付けます。
[値セット]画面
  • 値セット名 SVFフォーム様式
  • 書式タイプ 文字
  • 最大サイズ 50
[セグメント値]画面
  •  HACHUSHO.xml、HACHU2.xml

クエリー様式の保存ファイル名

項目 設定例
順序 30
パラメーター SVFクエリー様式
摘要 実行するクエリー様式の選択
値セット SVFクエリー様式
必須 チェックを付けます。
表示 チェックを付けます。
[値セット]画面
  • 値セット名 SVFクエリー様式
  • 書式タイプ 文字
  • 最大サイズ 50
[セグメント値]画面
  •  HACHUSHO.vrq、po_01.vrq

Org_id名

項目 設定例
順序 40
パラメーター Org_id
摘要 マルチOrgの時に使用します。シングルは0とします。
値セット 50 chars
デフォルト・タイプ SQL文
デフォルト値 Select Substr(userenv('client_info'),1,10) from dual
必須 チェックを付けます。
表示 チェックを外します(Org_idは値が固定となるため)。
参考

上記の順序10~40の必須パラメーター以外は、オプションです。パラメーターの名前が引数として渡らないため、XML様式ファイル名とクエリー様式ファイル名をオプションパラメーターとして指定する場合は、XML様式ファイル名の指定 FormName、クエリー様式ファイル名の指定 QueryNameをパラメーターの名前も含めて指定します。