2-4-4 UNIX/Linux版の起動

SVF for Oracle E-Business Suite/Java EditionのUNIX/Linux版を起動するには、シェルスクリプトsvf_startup.shを実行します。

例 $FIT_PRODUCTS_BASE/bin/svf_startup.sh
参考

$FIT_PRODUCTS_BASEは、環境変数FIT_PRODUCTS_BASEに設定したディレクトリです。

参考

同一コンピューターにインストールされている以下の製品については、「svf_startup.sh」と「svf_shutdown.sh」で起動と停止を行うかを「.startup_products」を編集することで制御できます。

  • SVF for Java Print Ver. 9.2
  • SVF for PDF Ver. 9.2
  • Report Director Enterprise Ver. 9.2
  • Universal Connect/X Ver.9.2
  • Java版SVF実行部接続用ランタイム
    • SVF Connect for Java API Ver.9.2から接続
    • SVF Connect for .NET Framework API Ver. 9.2から接続
    • SVF Connect for ASP/COM API Ver. 9.2から接続
  • SVF for Oracle E-Business Suite Ver.9.2


以下のパラメーターの値を編集することで、各製品のプロセスの起動、停止を制御します。

  • 0 「svf_startup.sh」と「svf_shutdown.sh」で起動、停止しない
  • 1 「svf_startup.sh」と「svf_shutdown.sh」で起動、停止する
パラメーター
製品
コンポーネント
USE_RDE_POSTGRESQL Report Director Enterprise PostgreSQL
USE_SVF_SPOOLER SVF実行部(SVF for Java Print、SVF for PDF) SVF Print Spooler Service
USE_RDE_SVF_SERVER Report Director Enterprise RD SVF Server
USE_RDE_SERVER Report Director Enterprise RDE Server
USE_RDE_BALANCER Report Director Enterprise RD Spool Balancer
USE_WEB_SERVICE SVF実行部(SVF for Java Print、SVF for PDF) SVFWebService
USE_UCX_SERVER Universal Connect/X UCXServer
USE_SVF_JAVA_CONNECT_SERVER Java版SVF実行部接続用ランタイム SvfJavaConnectServer
USE_SVF_ORACLE_EBS_CONNECT_SERVER SVF for Oracle E-Business Suite SVF for Oracle E-Business Suite/Java Edition