4-6 職責へのデータ・グループと要求グループの割り当て

職責にデータ・グループと要求グループを割り当てます。登録された職責でOracle E-Business Suiteに接続したユーザーは、ここで登録されたプログラムを利用できます。
ここでは、職責「購買担当_GUI」に割り当てます。


  1. 職責「システム管理者」としてOracle E-Business Suiteに接続し、ナビゲーター画面を表示させます。


    ナビゲーター画面


  2. [機能]タブの[セキュリティ]-[職責]-[定義]を選択し、[オープン]ボタンをクリックします。
    [職責]画面が表示されます。


    [職責]画面


  3. 各項目に、次の設定をします。

    項目説明
    職責名「購買担当者SVF」と設定します。
    アプリケーション[...]ボタンをクリックして表示される画面から、「Purchasing」を選択します。
    職責キー任意のキーを設定します。
    データ・グループ
    • 名称
      [...]ボタンをクリックして表示されるデータ・グループ検索ダイアログから、「標準」を選択します。
    • アプリケーション
      [...]ボタンをクリックして表示される[アプリケーション]ダイアログから、「Super Visual Formade」を選択します。
    メニュー [...]をクリックして表示される[メニュー]ダイアログから「購買受入担当 GUI」を選択します。

    要求グループ[...]ボタンをクリックして表示される画面から「購買担当_印刷」を選択します。

  4. 設定を上書き保存します。
    メッセージが表示されます。


  5. [はい]ボタンをクリックします。
    メッセージが表示されます。


  6. [OK]ボタンをクリックします。
    職責にデータ・グループと要求グループが割り当てられます。