8-2 補足事項

SVFでスループットを上げる方法

  • 出力時に、コンカレントのパラメーターで「FormMode=4」を使用し、ソートせずに処理するように設定します。
  • 複数ページにわたる合計の計算をしないようにします。
  • Report Director Enterpriseを使用します。
  • クエリー設計時に、中間テーブルやVIEWなどを作成して、多くのテーブルの結合、複雑な条件の指定などをしないようにします。
  • クエリー設計時に、集計、ソート機能を使用しないようにします。