4-5 Canon LIPS4

「Canon LIPS4」で設定できる項目は次のとおりです。

項目
説明

出力

4-2 共通設定項目」を参照してください。

位置とサイズ

  • 印字位置調整量(横)(mm)
    調整量をmm単位で指定します。右方向へはプラス、左方向へはマイナスの値を指定します。

  • 印字位置調整量(縦)(mm)
    調整量をmm単位で指定します。下方向へはプラス、上方向へはマイナスの値を指定します。

  • 拡大縮小モード
    次の3種類から選択します。

    • 様式に従う(プリンター機能を使う)
      XML様式ファイルで指定した用紙サイズに出力します。XML様式ファイルで設定されている[縮小モード]は無視されます。

    • 様式に従う(プリンター機能を使わない)
      XML様式ファイルで指定した用紙サイズに出力します。XML様式ファイルで[縮小モード]が設定されている場合は、設定に従って縮小して出力します。ただし、A4×2ページからA4×1ページへの縮小はできません。

    • 指定サイズ
      XML様式ファイルの設定ではなく、[拡大縮小用紙サイズ]で設定したサイズに拡大/縮小します。

  • 拡大縮小用紙サイズ
    拡大縮小モード]で「指定サイズ」を指定した場合は、出力用紙のサイズを、「はがき」、「A5」、「A4」、「A3」、「B5」、「B4」、および「レター」から選択します。

  • 変倍時のセンタリング(Service Pack 6で対応)
    拡大縮小モード]で「指定サイズ」を指定した場合、拡大/縮小で余白が生じたときに出力位置のセンタリングを行うかどうかを指定します。
  • 印字開始位置補正
    する」を指定すると、このプリンター機種を使用したすべての印刷の印字開始位置が上方向に5.3mm補正されます。
    LIPS4機種で印刷したときに限って帳票の下端が印字切れしてしまうXML様式ファイルがある場合は、「する」を指定してください。

  • 印刷領域拡張
    する」を指定すると、印字不可領域が除去され、印刷可能領域が拡張されます。必要に応じて[印字位置調整量(横)(mm)]や[印字位置調整量(縦)(mm)]、または[印字開始位置補正]を設定し、印字位置を調整します。

    注意

    実際の印字領域はデバイスに依存します。

セキュリティ
(Service Pack 2で対応)

  • セキュリティプリント機能
    ICカード認証によるセキュリティプリント機能を有効にするかどうかを、「使用しない」または「使用する」から選択します。[周辺機器の制御方法]の設定値を「CPCA-iR」、「CPCA-LBP」、「CPCA2」のいずれかにすると選択できるようになります。なお、「CPCA-iR」と「CPCA-LBP」については、Service Pack 5で対応しています。
    使用する」を選択すると、API「VrComout("/{SECP}/") 」を実行した場合と同じ動作になります。詳細については、『API関数リファレンスマニュアル』を参照してください。

ソフトフォント

4-2 共通設定項目」を参照してください。

ライン

  • 線幅(実線)
    極細、細、中細、中、中太、太の順にmm単位で指定します。

  • 線幅(破線1)
    極細、細、中細、中、中太、太の順にmm単位で指定します。

  • 線幅(破線2)
    極細、細、中細、中、中太、太の順にmm単位で指定します。

  • 線幅(破線3)
    極細、細、中細、中、中太、太の順にmm単位で指定します。

  • 線幅(一点鎖線)
    極細、細、中細、中、中太、太の順にmm単位で指定します。

  • 線幅(二点鎖線)
    極細、細、中細、中、中太、太の順にmm単位で指定します。

メイン

  • 解像度
    解像度を「300dpi」と「600dpi」から選択します。

  • 周辺機器の制御方法
    周辺機器の制御方法を、「制御しない」、「JL」、「CPCA-LBP」、「CPCA-iR」、および「CPCA2」から選択します。
    JL、CPCAは、LIPSとは異なる規格のプリンター制御言語です。JLやCPCAを使用すると、ステープルなどの周辺機器の機能を使用できます。ICカード認証によるセキュリティプリントを行う場合は「CPCA2」、「CPCA-iR」、「CPCA-LBP」のいずれかを選択します。
    デバイスによっては対応していない場合がありますので、利用するデバイスの取扱説明書等を確認してください。

  • トナーセーブ印刷
    CPCA2対応のデバイスでトナーセーブに対応します。[周辺機器の制御方法]で「CPCA2」を指定し、[トナーセーブ印刷]を「する(濃度 50%)」にすることで、トナーセーブ機能による印刷が可能です。

  • ボールド文字の太さ
    ボールド文字の太さを1~7の間で指定します。
    1が最も細く、7が最も太くなります。4が通常の太さです。

  • チャートの出力方法
    チャートをイメージで出力するかコマンドで出力するかを指定します。
    コマンド出力」を指定すると、「イメージ出力」に比べてスプールデータサイズが削減できますが、ゴシック、明朝、クーリエ以外のフォントが使われている場合は自動的にイメージ出力になります。

  • ベーシックテキスト処理バージョン
    Ver. 9.0において、ベーシックモードテキストのLIPS4機種での出力が設計をより忠実に再現できるようにアルゴリズムが変更されました。以前のバージョンで作成された様式ファイルを出力するときにこの変更の影響を抑えたい場合は、「旧版互換」を指定してください 。

  • OCR-Bオプション
    OCR-Bオプションを使用するかどうかを指定します。
    OCR-Bオプションを使用すると、OCR-Bフォントを搭載しているデバイスで、ソフトフォントファイルを使用することなくOCR-Bフォントを出力できます。

  • CPCAのカラーモード
    CPCA-LBP、CPCA-iR、CPCA2のカラーモードを指定します。この値はAMS(Access Management System)などから参照される情報であり、印刷結果には影響を与えません。

  • Ank3/2漢字設定(Service Pack 3で対応)
    通常」、「NEC PDF互換」、「インテック版 ドットプリンター互換」から選択します。[Ank3/2漢字設定]は、XML様式ファイルで[ANK/漢字文字比率]を「3/2」とした場合に有効です。
    Ank3/2漢字設定の機能は特殊な出力方法です。通常は使用しません。

    • 通常
      半角文字の文字幅を基準とし、全角文字を半角文字の200%の文字ピッチで出力します。

    • NEC PDF互換
      半角文字の文字ピッチを基準とし、全角文字を半角文字の150%の文字ピッチで出力します。

    • インテック版 ドットプリンター互換
      全角文字の文字ピッチを基準とし、半角文字を全角文字の66.67%の文字ピッチで出力します。

    注意

    次の場合は、「NEC PDF互換」や「インテック版 ドットプリンター互換」を指定しても無効です。

    • XML様式ファイルの設定
      • グラフィックモード]を指定した固定文字、フィールド

      • 文字の方向]が「」に設定された固定文字、フィールド

      • 回転角度]が「0」以外に設定された固定文字、フィールド

      • 半角フォント]が「なし」以外に設定された固定文字、フィールド

      • 横倍率]と[縦倍率]がそれぞれ「1」以外に設定された固定文字、フィールド

      • 編集スタイル]が「無編集」、「左詰め」以外に設定されたフィールド

フリーサイズ
(Service Pack 6で対応)

  • フリーサイズ用紙の用紙方向
    フリーサイズ用紙の用紙方向の判断方法を指定します。
    • 出力サイズで判断(初期値)
      出力サイズから用紙方向を決定します。
    • 様式の用紙方向で判断
      様式ファイルに設定された用紙方向に従います。
その他
  • 矩形のコーナーカットの互換モード(Service Pack 6で対応)
    コーナー区分]を「カット」または「」に設定したベーシックモードの矩形を出力する際に、[コーナーの半径(dot)]に指定した値で出力するかどうかを指定します。
    • 互換出力する(初期値)
      機種ごとの既定値で出力します。Service Pack 5までと同じ動作です。
    • 互換出力しない
      機種にかかわらず、[コーナーの半径(dot)]に指定した値で出力します。

両面印刷

  • 両面印刷モード

    (Service Pack 7で対応)


    両面印刷指定の様式ファイルやAPIが使用されている場合でも、強制的に片面で印刷するかしないかを指定します。
    • 有効(初期値
      両面印刷指定がされている場合は、両面で印刷します。
    • 無効
      両面印刷指定がされていても、強制的に片面で印刷します。
      両面印刷に対応していないプリンターで両面印刷のジョブを出力する場合、両面印刷モードを[無効]にしておくと最終ページに不要な白紙ページが出力されなくなります。
  • 両面印刷綴じ方向
    両面印刷するときの綴じ方向を指定します。「様式に従う」、「片面」、「上綴じ」、「左綴じ」、および「右綴じ」から選択します。

  • 両面印刷綴じ代(mm)
    両面印刷綴じ方向]で「上綴じ」、「左綴じ」、または「右綴じ」を選択した場合は、両面印刷時の綴じ代を0(mm)~30(mm)の範囲で指定します。

  • 両面印刷制御
    XML様式ファイルが変更されたときの両面印刷の継続方法を指定します。

    • 解除モード
      XML様式ファイルが切り替わった場合は、両面印刷を解除します。

    • 同一条件時継続モード
      XML様式ファイルの用紙サイズ、用紙方向、トレイ、両面印刷モード、排紙ビン、パンチ、ソート、ステープル、紙種が同じ場合は両面印刷を継続します。

    • 強制継続モード
      強制的に両面印刷を継続します。

  • 両面印刷継続綴じ代差異
    両面印刷制御]で「同一条件時継続モード」を指定した場合は、同一条件として有効となる綴じ代([両面印刷綴じ代(mm)]、およびXML様式ファイル上の[両面印刷マージン(mm)]で設定する値)の差異をmm単位で指定します。
    設定した値よりも大きな差異がある場合は、両面印刷は解除されます。

トレイ

  • 給紙トレイ(Service Pack 4で対応)
    給紙トレイの初期値を指定します。VrSetTrayを呼び出さない場合に、指定した給紙トレイが選択されます。

  • トレイ0
    VrSetTray(0)およびXML様式ファイル上の「トレイ0」に対する給紙トレイを指定します。

  • トレイ1
    VrSetTray(1)およびXML様式ファイル上の「トレイ1」に対する給紙トレイを指定します。

  • トレイ2
    VrSetTray(2)およびXML様式ファイル上の「トレイ2」に対する給紙トレイを指定します。

  • トレイ3
    VrSetTray(3)およびXML様式ファイル上の「トレイ3」に対する給紙トレイを指定します。

  • トレイ4
    VrSetTray(4)およびXML様式ファイル上の「トレイ4」に対する給紙トレイを指定します。

  • トレイ5
    VrSetTray(5)およびXML様式ファイル上の「トレイ5」に対する給紙トレイを指定します。

  • トレイ6
    VrSetTray(6)およびXML様式ファイル上の「トレイ6」に対する給紙トレイを指定します。

  • トレイ7
    VrSetTray(7)およびXML様式ファイル上の「トレイ7」に対する給紙トレイを指定します。


トレイ0]~[トレイ7]の設定値は、次の値から選択します。

  • 0
    自動給紙
  • 10
    手差し
  • 11~17
    カセット1~7

なお、imagePRESSシリーズなど、デバイスによってはトレイIDが異なる場合があります。

紙種

  • 紙種(Service Pack 4で対応)
    紙種の初期値を指定します。VrComout("/{PTYP n}/") を呼び出さない場合に、指定した紙種が選択されます。

  • 紙種0
    VrComout("/{PTYP 0}/") およびXML様式ファイル上の「紙種0」に対する紙種名を指定します。

  • 紙種1
    VrComout("/{PTYP 1}/") およびXML様式ファイル上の「紙種1」に対する紙種名を指定します。

  • 紙種2
    VrComout("/{PTYP 2}/") およびXML様式ファイル上の「紙種2」に対する紙種名を指定します。

  • 紙種3
    VrComout("/{PTYP 3}/") およびXML様式ファイル上の「紙種3」に対する紙種名を指定します。

  • 紙種4
    VrComout("/{PTYP 4}/") およびXML様式ファイル上の「紙種4」に対する紙種名を指定します。

  • 紙種5
    VrComout("/{PTYP 5}/") およびXML様式ファイル上の「紙種5」に対する紙種名を指定します。


紙種0]~[紙種5]の設定値は、次の値から選択します。

  • 指定なし

  • 普通紙

  • 再生紙

  • 色紙

  • ボンド紙

  • レターヘッド

  • 厚紙

  • はがき

  • OHPフィルム

  • ラベル紙

  • 第2原図

  • カスタム設定

  • 紙種0(カスタム設定)
    紙種0]の用紙タイプIDを0x00~0xFFで指定します。[紙種0]で「カスタム設定」を選択した場合に有効です。

  • 紙種1(カスタム設定)
    紙種1]の用紙タイプIDを0x00~0xFFで指定します。[紙種1]で「カスタム設定」を選択した場合に有効です。

  • 紙種2(カスタム設定)
    紙種2]の用紙タイプIDを0x00~0xFFで指定します。[紙種2]で「カスタム設定」を選択した場合に有効です。

  • 紙種3(カスタム設定)
    紙種3]の用紙タイプIDを0x00~0xFFで指定します。[紙種3]で「カスタム設定」を選択した場合に有効です。

  • 紙種4(カスタム設定)
    紙種4]の用紙タイプIDを0x00~0xFFで指定します。[紙種4]で「カスタム設定」を選択した場合に有効です。

  • 紙種5(カスタム設定)
    紙種5]の用紙タイプIDを0x00~0xFFで指定します。[紙種5]で「カスタム設定」を選択した場合に有効です。

参考
デバイス側に事前に紙種を登録しておくことで、明示的にトレイを指定することなく、用紙サイズと紙種からトレイが決定されます。
注意
  • 紙種は、[周辺機器の制御方法]で「CPCA2」を指定した場合のみ設定できます。

  • デバイスによって、使用できる紙種は異なります。
  • 紙種n(カスタム設定)において設定する用紙タイプIDの値は出力デバイスにより異なります。出力デバイス付属のドキュメントで確認してください。

排紙ビン

  • 排紙ビン(Service Pack 4で対応)
    排紙ビンの初期値を指定します。VrSetOutputBinを呼び出さない場合に、指定した排紙ビンが選択されます。

  • 排紙ビン0
    VrSetOutputBin(0)に対する排紙ビンを指定します。

  • 排紙ビン1
    VrSetOutputBin(1)に対する排紙ビンを指定します。

  • 排紙ビン2
    VrSetOutputBin(2)に対する排紙ビンを指定します。

  • 排紙ビン3
    VrSetOutputBin(3)に対する排紙ビンを指定します。

  • 排紙ビン4
    VrSetOutputBin(4)に対する排紙ビンを指定します。

  • 排紙ビン5
    VrSetOutputBin(5)に対する排紙ビンを指定します。

  • 排紙ビン6
    VrSetOutputBin(6)に対する排紙ビンを指定します。


排紙ビン0]~[排紙ビン6]の設定値は、次の値から選択します。

  • TRAY
    排紙トレイに排紙します。

  • BIN1
    ビン1に排紙します。

  • BIN2
    ビン2に排紙します。

  • BIN3
    ビン3に排紙します。

  • 排紙ビン0(カスタム設定)
    排紙ビン0]の出力ビンIDを0x00~0xFFで指定します。

  • 排紙ビン1(カスタム設定)
    排紙ビン1]の出力ビンIDを0x00~0xFFで指定します。

  • 排紙ビン2(カスタム設定)
    排紙ビン2]の出力ビンIDを0x00~0xFFで指定します。

  • 排紙ビン3(カスタム設定)
    排紙ビン3]の出力ビンIDを0x00~0xFFで指定します。

  • 排紙ビン4(カスタム設定)
    排紙ビン4]の出力ビンIDを0x00~0xFFで指定します。

  • 排紙ビン5(カスタム設定)
    排紙ビン5]の出力ビンIDを0x00~0xFFで指定します。

  • 排紙ビン6(カスタム設定)
    排紙ビン6]の出力ビンIDを0x00~0xFFで指定します。

注意
  • 排紙ビンのカスタム設定は、[周辺機器の制御方法]で「CPCA2」を指定した場合のみ設定できます。

  • 紙ビンn(カスタム設定)において設定する出力ビンIDの値は出力デバイスによりかわります。出力デバイス付属のドキュメントで確認してください。

ステープル

  • ステープル(Service Pack 4で対応)
    ステープルの初期値を指定します。VrSetStapleを呼び出さない場合に、指定したステープルが選択されます。

  • ステープル0
    VrSetStaple(0)に対するステープル処理を指定します。

  • ステープル1
    VrSetStaple(1)に対するステープル処理を指定します。

  • ステープル2
    VrSetStaple(2)に対するステープル処理を指定します。

  • ステープル3
    VrSetStaple(3)に対するステープル処理を指定します。

  • ステープル4
    VrSetStaple(4)に対するステープル処理を指定します。

  • ステープル5
    VrSetStaple(5)に対するステープル処理を指定します。

  • ステープル6
    VrSetStaple(6)に対するステープル処理を指定します。

  • ステープル7
    VrSetStaple(7)に対するステープル処理を指定します。

  • ステープル8
    VrSetStaple(8)に対するステープル処理を指定します。


ステープル0]~[ステープル8]の設定値は、次の値から選択します。

  • OFF
    ステープル処理しません。

  • TOPLEFT
    左上1か所にステープル処理します。

  • TOPCENTER
    上辺2か所にステープル処理します。

  • TOPRIGHT
    右上1か所にステープル処理します。

  • MIDLEFT
    左辺2か所にステープル処理します。

  • MIDRIGHT
    右辺2か所にステープル処理します。

  • BOTLEFT
    左下1か所にステープル処理します。

  • BOTCENTER
    下辺1か所にステープル処理します。

  • BOTRIGHT
    右下1か所にステープル処理します。

  • ステープル制御 
    ステープルを様式単位で行うか、全様式に対して行うかを指定します。

パンチ

  • パンチ(Service Pack 4で対応)
    パンチの初期値を指定します。VrSetPunchを呼び出さない場合に、指定したパンチが選択されます。

  • パンチ0
    VrSetPunch(0)に対するパンチ位置を指定します。

  • パンチ1

    VrSetPunch(1)に対するパンチ位置を指定します。

  • パンチ2
    VrSetPunch(2)に対するパンチ位置を指定します。

  • パンチ3
    VrSetPunch(3)に対するパンチ位置を指定します。

  • パンチ4
    VrSetPunch(4)に対するパンチ位置を指定します。


パンチ0]~[パンチ4]の設定値は、次の値から選択します。

  • しない
    パンチをしません。

  • LEFT
    用紙の左方向にパンチ穴を開けます。

  • RIGHT
    用紙の右方向にパンチ穴を開けます。

  • TOP
    用紙の上方向にパンチ穴を開けます。

  • BOTTOM
    用紙の下方向にパンチ穴を開けます。

注意

パンチは、[周辺機器の制御方法]で「CPCA-iR」か「CPCA2」を指定した場合のみ設定できます。

その他

  • 中綴じ製本印刷、Z折り
    周辺機器の制御方法]で「CPCA-iR」か「CPCA2」を指定した場合は、中綴じ製本印刷、Z折りに対応したデバイスのときに「中綴じ製本(左綴じ)」、「中綴じ製本(右綴じ)」、または「Z折りを行う」が選択できます。

  • A3/A4用紙混在時の揃え方パターン
    周辺機器の制御方法]で「CPCA-LBP」、「CPCA-iR」、または「CPCA2」を指定した場合は、A3、A4のXML様式ファイルが混在するときに揃え方のパターンを指定できます。

    • 指定なし
      指定しません。

    • パターン1
      次のように揃えます。

    • パターン2
      次のように揃えます。

    • パターン3
      次のように揃えます。

    • パターン4
      次のように揃えます。

  • A3/A4用紙混在時の基準メディアコマンド
    A3/A4用紙混在時の基準メディアコマンドを指定します。
    A3/A4用紙混在時の揃え方パターン]で「指定なし」以外を選択した場合は、「0xFE」か「0xFF」を指定します。
    この値は綴じ位置の決定に影響を与えます。

  • A3/A4用紙混在時の綴じ代量(mm)
    A3/A4用紙混在時の揃え方パターン]で「指定なし」以外を選択した場合は、両面印刷時に綴じ代量をmm単位で指定します。

印刷時に無効化するレイヤー
4-2 共通設定項目」の「印刷制御」を参照してください。

その他

  • フォームオーバレイ印刷
    フォームオーバレイ印刷を有効にすると、各ページを出力するときに、XML様式ファイル上で共通ページに設計されたアイテムが出力された後に、ページごとにアイテムが出力されます。

参考

対応している画像ファイルの詳細は、「4-1 プリンター機種別対応画像一覧表」を参照してください。