4-3-2 SPDファイル名の指定について

参考

SPDファイルとは、各PostScriptプリンタードライバーに添付されるPostscript Printer Descriptionファイル(以下PPDファイル)を読み込み、SVFに必要な設定情報を保存したファイルです。

SPDファイルの新規作成

SPDファイルを新規に作成する手順は、次のとおりです。


  1. プリンター設定画面の[SPDファイル名の指定]欄の右側にあるボタンをクリックします。


  2. 新規作成・編集SPDファイル選択]ダイアログで[SPDファイル新規作成(PPDファイル選択)]タブをクリックし、使用するPPDファイルを選択して[開く]ボタンをクリックします。


    新規作成・編集SPDファイル選択]ダイアログ


  3. PPDファイルの設定内容が読み込まれ、コマンドごとの設定項目がプリンター設定画面に表示されます。
    各コマンドについて設定します。

    項目
    説明
    コマンド名
    各設定に対応するコマンドを指定します。使用するコマンドがデフォルトで認識されていない場合、またはデフォルトで認識されたコマンドとは別のコマンドを使用する場合は、あらためてコマンドをドロップダウンリストから選択します。

    SPD設定

    コマンドの使用有無を指定します。
    特に設定する必要がないコマンドの場合はチェックを外します。
    チェックを付けると、[コマンド名]および各項目を設定できます。チェックを外すと設定できません。

    コマンド番号値設定デフォルトで認識されるコマンドに対しては、選択可能な番号と設定値が表示されます。必要に応じて番号に対する値を、表示されている値の一覧から選択します。
    参考

    デフォルトで認識(表示)されるコマンドは、次のとおりです。

    • 給紙トレイ(InputSlot)
    • 排紙ビン(OutputBin)
    • 両面印刷(Duplex)
    • ステープル(Staple)
    • ソート(Collate)
    • パンチ(Punch)
  4.  

    デバイス固有のコマンドを追加登録する場合は、[SPDファイル名の指定]欄の右側にあるボタンをクリックし、手順5に進みます。
    追加登録しない場合は、[SPDファイル名の指定]の[As]欄に、作成したSPDファイルの名前を拡張子なしで指定し、プリンターの設定を保存します。
    保存方法は「3-8-4 プリンターの変更を保存」を参照してください。


  5. デバイス追加]ダイアログで各種項目を設定し、[追加]ボタンをクリックします。

    項目
    説明
    デバイスの名称
    プレスバーに表示されるカテゴリ名を入力します。

    VrComoutで指定するデバイス名(半角英数)

    VrComout関数で指定するデバイス名(上記の[デバイスの名称]の値とは別に、デバイスを識別するためのID)を半角英数字で入力します。
    VrComout関数の詳細は『SVF Java PRODUCTS API関数 リファレンスマニュアル』を参照してください。


  6. 追加したデバイスに対して、手順3の説明に従い、[SPD設定]にチェックを付け、[コマンド名]および番号と値の組み合わせを指定します。


  7. SPDファイル名の指定]の[As]欄に、作成したSPDファイルの名前を拡張子なしで指定し、プリンターの設定を保存します。
    保存方法は「3-8-4 プリンターの変更を保存」を参照してください。

参考

作成したSPDファイルは「SVFインストールディレクトリ¥SVFJP¥svfjpd¥lib」に保存されます。
また、[SPDファイル名の指定]には、作成したSPDファイル名が表示されます。

SPDファイルの選択

作成したSPDファイルを選択する手順は、次のとおりです。


  1. プリンター設定画面の[SPDファイル名の指定]の右側にあるボタンをクリックします。


  2. 新規作成・編集SPDファイル選択]ダイアログで[SPDファイル選択]タブをクリックし、SPDファイルを選択して[開く]ボタンをクリックします。