2-3-2-1 オンラインアクティベーションと解除(UNIX/Linux版)

オンラインアクティベーションの方法と解除方法について説明します。
アクティベーションの概要については、「2-3-2 アクティベーション(UNIX/Linux版)」を参照してください。 

ここでは、カレントディレクトリが「<InstallDir>/ac/bin」であると仮定して説明します。

プロキシサーバーを使用する

プロキシサーバーを使用する場合は、各コマンドの「./lm_svf.sh」の直後に「-proxy プロキシサーバーのアドレス -port ポート番号」も指定します。
例えば、プロキシサーバーを使用してアクティベーションする場合は、次のように指定します。

$ ./lm_svf.sh -proxy プロキシサーバーのアドレス -port ポート番号 activation アクティベーションキー

オンラインでアクティベーションする


  1. 次のコマンドを実行します。アクティベーションキーには、「ご契約内容確認書(ライセンス証明書)」に記載されているキー(半角のハイフンを含む)を指定します。

    $ ./lm_svf.sh activation アクティベーションキー
    

  2. アクティベーションに成功したメッセージが表示されたら、アクティベーションは完了です。
    サーバープロセスを再起動します。再起動すると、ライセンスが適用されます。

オンラインでアクティベーションを解除する


  1. アクティベーションを解除する製品のエディションIDを確認します。エディションIDは、製品を区別するためのIDです。
    「./lm_svf.sh」の直後に「list」コマンドを入力して確認します。

    $ ./lm_svf.sh list
    

  2. 次のコマンドを実行します。

    $ ./lm_svf.sh deactivation エディションID
    

注意

Service Pack 2以降では、SVF環境設定上で「通常使うプリンターに設定」されたプリンターのプリンター機種をアクティベーション解除した場合、以下のルールに従って、通常使うプリンターが別のプリンターに割り当てられます。

  1. 解除対象となった通常使うプリンターのロケールと同じロケールの利用可能なプリンターをASCII順で割り当てます。
  2. 対象のロケールに利用可能なプリンターが無いなどで割り当てに失敗した場合は、ロケールに関係なく、利用可能なプリンターをASCII順で割り当てます。