2-2-3 登録されるサービス

本製品のセットアップが終了すると、次のサービスが登録、起動されます。

  • SVFWebService(SVF環境設定サーバー)
    本製品全体の動作に関する設定、および出力先プリンターに関する設定を管理するためのWebサービスです。ブラウザーでSVFWebServiceのポートにアクセスすると、SVF環境設定や SVFスプーラーのクライアントアプリケーションを開くためのメニューが表示されます。
    デフォルトのポート番号は、44090、44091、44092です。ポート番号を変更する際は、サポートセンターまでお問い合わせください。
    SVF環境設定の詳細は、「第3章 環境設定」を参照してください。
  • SVF Print Spooler Service (SVFスプーラーサーバー)
    SVF独自の専用スプール機能です。LPRプロトコル(515/tcp)で印刷データをプリンターに送信します。プリンターへ直接出力するときには、必ず起動します。PAlite経由で印刷する場合には、SVFスプーラーサーバーを経由せずにSVFで作成した印刷データを直接PAliteへ送信することも可能です。デフォルトのポート番号は、44081です。ポート番号の変更については、「3-7-2 動作環境の表示と設定」の「[スプーラー設定]タブ」を参照してください。
    PAliteの詳細は、「第7章 Windowsドライバー経由の出力」を参照してください。
参考
お使いのOSによっては、SVF製品のサービスが利用するポートの番号がエフェメラルポート(一時的に確保、利用されるポート)の範囲に含まれる場合があります。他のプロセスがSVF製品のサービスで利用するポート番号で起動していると、SVF関連のサービスの起動に失敗する場合があります。 必要に応じてOS側の設定(エフェメラルポート番号の範囲)を変更してください。

[サービス]画面からサービスを開始/停止する

サービス]ダイアログからサービスを手動で開始/停止する手順を「SVFWebService」を例に説明します。


  1. コントロールパネルから、[管理ツール]-[サービス]を選択し、[サービス]画面を表示します。


  2. サービス]画面で、「SVFWebService」をダブルクリックします。
    SVFWebServiceのプロパティ]ダイアログが表示されます。


    [SVFWebServiceのプロパティ]ダイアログ


  3. 次のように操作します。

    • SVFWebServiceの開始
      サービスの状態が[停止]であることを確認してから、[開始]ボタンをクリックして、SVFWebServiceを起動します。

    • SVFWebServiceの停止
      サービスの状態が[開始]であることを確認してから、[停止]ボタンをクリックして、SVFWebServiceを停止します。