3-5-1 SVFサーバー管理ユーティリティの起動と画面構成

SVFサーバー管理ユーティリティの起動と画面構成について説明します。

SVFサーバー管理ユーティリティの起動

SVFサーバー管理ユーティリティの起動手順は次のとおりです。


  1. SVF環境設定の[プリンターツリー]で、一番上(ルート)にある[SVFサーバー一覧:Japanese]をクリックします。


  2. ツールバーの[SVFサーバーを設定します。]ボタンをクリックすると、[SVFサーバー管理ユーティリティ]ウィンドウが開きます。


  3. SVF環境設定を起動したOSのログインパスワードを入力して、[ログイン]ボタンをクリックします。

    注意

    OSのユーザー権限が管理者である必要はありませんが、パスワードなしのユーザーではSVFサーバー管理ユーティリティを起動できません。

SVFサーバー管理ユーティリティの終了

SVFサーバー管理ユーティリティを終了するには、ウィンドウ右上のボタンをクリックします。

SVFサーバー管理ユーティリティの画面構成

項目
説明
(1)ツールバー SVFサーバーを登録、変更、削除するツールボタンが配置されています。
  • SVFサーバー情報を追加します
    SVFサーバー情報:新規登録]ダイアログを表示し、本製品が稼働するSVFサーバーを管理対象に追加します。

  • 選択しているSVFサーバー情報を更新します。
    SVFサーバー情報:更新登録]ダイアログを表示し、登録済みのSVFサーバーの情報を変更します。

  • 選択しているSVFサーバー情報を削除します。
    サーバー一覧]で選択されているSVFサーバーを削除します。

  • 全サーバーのWebサービス使用状況を更新します。
    最新の情報に更新します。

  • 設定ファイルをエクスポートします。
    XML形式のSVFサーバー情報ファイルをクライアントマシンにエクスポートします。デフォルトのファイル名は「WsServerList.xml」です。

  • 設定ファイルをインポートします。
    クライアントマシンにあるXML形式のSVFサーバー情報ファイルをインポートします。

(2)サーバー一覧

登録されているSVFサーバーが一覧表示されます。
  • サーバー名
    登録されている接続先SVFサーバーのサーバー名です。

  • IP/HOST名
    登録されている接続先SVFサーバーのIPアドレスまたはホスト名です。

  • ポート
    登録されている接続先SVFサーバーのポート番号です。

  • SVF
    登録されている接続先SVFサーバーのWebサービスが稼働中かどうかを示します。稼働中であれば、登録されている接続先SVFサーバーのSVF実行部のバージョンが表示されます。

    注意

    クライアント側よりもサーバー側のバージョン(Service Packも含む)が上位の場合は接続できません。SVF実行部のバージョンは表示されず、上位バージョンのSVFサーバーには接続できない旨のメッセージが表示されます(Service Pack 4で対応)。上位バージョンのSVF環境設定画面を参照する場合は、上位バージョンの接続URLからSVF環境設定画面にアクセスしてください。

(3) サーバー基本設定

サーバー一覧]で選択したSVFサーバーの設定内容が表示されます。