4-3 PDF

 

PDF機種で設定できる項目は次のとおりです。

項目
説明
出力
  • 出力先
    出力先を指定します。
    • プリンター
      出力ポート]で指定したデバイスで印刷します。
    • ファイル
      出力ディレクトリ]で指定したディレクトリに出力します。
  • 出力ポート
    出力先]で「プリンター」を指定した場合は、ネットワークに直接接続され、印刷データをLPRプロトコルで受信可能なデバイスを、「IPアドレス:キュー名」の形式で指定します。デバイスによってはキュー名が指定されていることがあります。キュー名はデバイス本体付属のマニュアルなどで確認してください。キュー名が指定されていないデバイスの場合は、適当なキュー名を指定する必要があります。デバイスのキュー名を指定しない場合は出力されません。
  • 接続タイムアウト時間(秒)
    デバイスに接続するときのタイムアウト時間を秒単位で設定します。通常はデフォルト値のまま使用します。
  • 接続リトライ間隔(秒)
    デバイスに接続できなかったときの再試行間隔を秒単位で指定します。通常はデフォルト値のまま使用します。
  • コマンド処理中のタイムアウト時間(秒)
    LPRのコマンド処理中のタイムアウト時間を秒単位で指定します。通常はデフォルト値のまま使用します。
  • 印刷データ送信中の送信タイムアウト時間(秒)
    印刷データをデバイスに送信できなかったときのタイムアウト時間を秒単位で指定します。通常はデフォルト値のまま使用します。
  • 印刷データ送信後の受信タイムアウト時間(秒)
    印刷データをデバイスに送信した後、デバイスからの応答待ち時間を秒単位で指定します。通常はデフォルト値のまま使用します。
  • 印刷データ送信時のバッファサイズ(KB)
    印刷データをデバイスに送るときのバッファサイズをKB単位で指定します。通常はデフォルト値のまま使用します。
  • 出力先がPAlite時の経由先
    出力先がPAliteのときにSVFスプーラー経由で出力するか、またはPAliteに直接出力するかを指定します。PAliteの詳細は、「第7章 Windowsドライバー経由の出力」を参照してください。
    • SVFプリントスプーラー経由
      スプールデータをSVFスプーラーで管理します。
    • PAlite直接出力
      スプールデータをPAliteサーバーのWindowsスプーラーで管理します。
  • ステータス取得プロトコル
    出力ポート]で指定したデバイスの状態を取得し、SVFスプーラーに表示するかどうかを指定します。ただし、PAliteを経由した出力の場合は、デバイスの状態を取得できません。
    • 取得しない
      デバイスの状態を取得しません。
    • Host Resource MIB 1
      デバイスの状態をHostResourceMIBで取得します。取得した情報はSVFスプーラーに表示されます。
    • Host Resource MIB 2
      デバイスの状態をHostResourceMIBで取得します。取得した情報はSVFスプーラーに表示されます。
      Host Resource MIB 2」ではサービスコールをオンラインとみなします。
  • ステータス監視間隔(秒)
    デバイスの状態を取得する間隔を秒単位で指定します。
  • ステータス監視タイムアウト(秒)
    デバイスの状態を取得するときのタイムアウト時間を秒単位で指定します。
  • 出力ディレクトリ
    出力先]で「ファイル」を指定した場合は、ファイルの出力先ディレクトリのパスを指定します。
位置とサイズ
  • 印字位置調整量(横)(mm)
    調整量をmm単位で指定します。右方向へはプラス、左方向へはマイナスの値を指定します。
  • 印字位置調整量(縦)(mm)
    調整量をmm単位で指定します。下方向へはプラス、上方向へはマイナスの値を指定します。
  • 拡大縮小モード
    次の3種類から選択します。
    • 様式に従う(プリンター機能を使う)
      XML様式ファイルで指定した用紙サイズで出力します。XML様式ファイルで設定した[縮小モード]は無視されます。
    • 様式に従う(プリンター機能を使わない)
      XML様式ファイルで指定した用紙サイズで出力します。XML様式ファイルで[縮小モード]が設定されている場合は、設定に従って縮小して出力します。
    • 指定サイズ
      XML様式ファイルの設定ではなく、[拡大縮小用紙サイズ]で設定したサイズに拡大/縮小します。
    注意

    出力時に拡大/縮小しても、正確な結果が得られない場合があります。

  • 拡大縮小用紙サイズ
    拡大縮小モード]で「指定サイズ」を指定した場合は、出力用紙のサイズを、「はがき」、「A5」、「A4」、「A3」、「B5」、「B4」、および「レター」から選択します。
  • 変倍時のセンタリング(Service Pack 6で対応)
    拡大縮小モード]で「指定サイズ」を指定した場合、拡大/縮小で余白が生じたときに出力位置のセンタリングを行うかどうかを指定します。

セキュリティ
  • セキュリティ
    出力するPDFファイルの暗号化レベルを、「無効」、「40bit RC4(Acrobat 3.x,4.x)」、「128bit RC4(Acrobat 5.x)」、「128bit RC4(Acrobat 6.x)」、「128bit AES(Acrobat 7.x)」、および「256bit AES(Acrobat 9.x)」から選択します。
    詳細は「4-3-3 PDFファイルの暗号化について」を参照してください。
  • 印刷
    出力した文書に対する印刷操作の「許可」または「禁止」を指定します。
    セキュリティ]で「40bit RC4(Acrobat 3.x,4.x)」を指定した場合にのみ有効です。
  • 文書の変更
    出力した文書に対する変更操作の「許可」または「禁止」を指定します。
    セキュリティ]で「40bit RC4(Acrobat 3.x,4.x)」を指定した場合にのみ有効です。
  • テキストとグラフィックス選択
    出力した文書に対するテキストおよびグラフィックス選択操作の「許可」または「禁止」を指定します。
    セキュリティ]で「40bit RC4(Acrobat 3.x,4.x)」を指定した場合にのみ有効です。
  • 注釈とフォームフィールドの追加
    出力した文書に対する注釈およびフォームフィールド追加操作の「許可」または「禁止」を指定します。
    セキュリティ]で「40bit RC4(Acrobat 3.x,4.x)」を指定した場合にのみ有効です。
  • 権限の設定
    権限を設定します。設定値は数値で指定します。
    セキュリティ]で「128bit RC4(Acrobat 5.x)」、「128bit RC4(Acrobat 6.x)」、「128bit AES(Acrobat 7.x)」、または「256bit AES(Acrobat 9.x)」を指定した場合にのみ有効です。
    SVF環境設定上でこの権限値が有効なのは上述の暗号化レベルを指定した場合のみですが、API関数で権限値を指定する場合は、「40bit RC4(Acrobat 3.x,4.x)」のときも権限値を指定する必要があります。
    権限値の詳細は「4-3-3 PDFファイルの暗号化について」を参照してください。
参考
ソフトフォント 4-2 共通設定項目」を参照してください。
ライン
  • 線幅(実線)
    極細、細、中細、中、中太、太の順にmm単位で指定します。
  • 線幅(破線1)
    極細、細、中細、中、中太、太の順にmm単位で指定します。
  • 線幅(破線2)
    極細、細、中細、中、中太、太の順にmm単位で指定します。
  • 線幅(破線3)
    極細、細、中細、中、中太、太の順にmm単位で指定します。
  • 線幅(一点鎖線)
    極細、細、中細、中、中太、太の順にmm単位で指定します。
  • 線幅(二点鎖線)
    極細、細、中細、中、中太、太の順にmm単位で指定します。
メイン
  • JavaEdition1.4互換印刷モード
    SVF for Web/PDF Java Edition Ver1.4互換印刷モードを使用するかどうかを指定します。
    印刷開始位置をSVF for Web/PDF Java Edition Ver1.4と同じにする場合は「使用する」を、同じにしない場合は「使用しない」を指定します。
  • PDFレイヤーの設定
    PDFレイヤー機能を有効にするかどうかを指定します。
    PDFレイヤー機能は、出力時に使用するXML様式ファイル側と連携して用います。
    SVF設計部でPDFレイヤー機能を使用して設計したXML様式ファイルを、「PDFレイヤーを有効にする」を指定して出力した場合は、出力されたPDFファイルをAdobe Readerで開いたときに、ナビゲーションパネルでレイヤーが利用可能になります。

    注意

    PDFレイヤーの機能を使用して出力したPDFファイルは、Adobe Reader Ver. 6.0以降で開くことが可能です。

  • しおり機能の設定
    しおり機能を使用するかどうかを指定します。「使用する」を指定した場合は、PDFのしおり作成機能を有効にします。
    SVF設計部でしおり機能を使用して設計したXML様式ファイルを、「使用する」を指定して出力した場合は、出力されたPDFファイルをAdobe Readerで開いたときに、ナビゲーションパネルでアウトラインが利用可能になります。
  • PDFの圧縮
    PDFの圧縮をするかどうかを指定します。
  • JPEGの描画
    JPEGの描画について、「最背面にする」と「最背面にしない」から選択します。
  • フォント設定
    PDFファイルで使用するフォントを指定します。XML様式ファイルで指定したフォントと、実際にPDFファイルで使用するフォントファイルを関連付けます。
    詳細は「4-3-2 フォント設定詳細」を参照してください。
  • 代替フォント (Service Pack 3で対応)
    代替するフォントリソースを指定します。[Windowsリーダー互換]に「無効」が指定されている場合に設定が可能です。
    フォント設定]にて非埋め込み設定したフォントがPDFファイルを表示する環境にない場合(UNIX/Linux環境などでMSフォントの代替フォントを使用した場合など)、PDFファイルを表示する際に使用するフォントを指定します。
  • 代替フォント(Windowsリーダー互換用) (Service Pack 3で対応)
    Windowsリーダー使用時に代替するフォントリソースを指定します。[Windowsリーダー互換]に「有効」が指定されている場合に設定が可能です。
    フォント設定]にて非埋め込み設定したフォントがPDFファイルを表示する環境にない場合(UNIX/Linux環境などでMSフォントの代替フォントを使用した場合など)、PDFファイルを表示する際に使用するフォントを指定します。
  • Ank3/2漢字設定
    通常」、「NEC PDF互換」、「インテック版 ドットプリンター互換」から選択します。[Ank3/2漢字設定]は、XML様式ファイルで[ANK/漢字文字比率]を「3/2」とした場合に有効です。
    Ank3/2漢字設定の機能は特殊な出力方法です。通常は使用しません。
    • 通常
      半角文字の文字幅を基準とし、全角文字を半角文字の200%の文字ピッチで出力します。
    • NEC PDF互換
      半角文字の文字ピッチを基準とし、全角文字を半角文字の150%の文字ピッチで出力します。
    • インテック版 ドットプリンター互換
      全角文字の文字ピッチを基準とし、半角文字を全角文字の66.67%の文字ピッチで出力します。
    注意

    次の場合は、「NEC PDF互換」や「インテック版 ドットプリンター互換」を指定しても無効です。

    • XML様式ファイルの設定
      • グラフィックモード]を指定した固定文字、フィールド
      • 文字の方向]が「」に設定された固定文字、フィールド
      • 回転角度]が「0」以外に設定された固定文字、フィールド
      • 半角フォント]が「なし」以外に設定された固定文字、フィールド
      • 横倍率]と[縦倍率]がそれぞれ「1」以外に設定された固定文字、フィールド
      • 編集スタイル]が「無編集」、「左詰め」以外に設定されたフィールド
    • プリンター機種別設定
      • フォント設定]でフォントの設定がされている場合
  • ページツリー複数ノード化機能
    ページツリーの複数ノード化機能を使用するかどうかを指定します。
    大量ページのPDF(500ページ前後)を表示、印刷する場合に処理速度が上がることがあります。

    注意
    • 処理速度が必ずあがるわけではありません。
    • 作成時間が若干遅くなり、ファイルサイズも若干大きくなります。
  • PJLコマンドの出力
    印刷プリセットをPDFファイルに埋め込むためのPJLコマンドを出力するかどうかを指定します。
    出力する」を指定した場合は、VrComout関数を使用して印刷プリセットを発行する必要があります。
    なお、VrComout関数を使用しないときでも、UELコマンドおよびPJLのENTERコマンドが必ず埋め込まれます。
    詳細は『SVF Java PRODUCTS API関数 リファレンスマニュアル』を参照してください。

    注意

    PJLコマンドはPDFをプリンターに直接印刷する場合にのみ使用します。ファイルとして出力する場合にはPJLコマンドを出力しないでください。PJLコマンドを含むPDFファイルはAdobe Readerのバージョンによっては開けない場合があります。

フリーサイズ
(Service Pack 6で対応)
  • フリーサイズ用紙の用紙方向
    フリーサイズ用紙の用紙方向の判断方法を指定します。
    • 出力サイズで判断(初期値)
      出力サイズから用紙方向を決定します。
    • 様式の用紙方向で判断
      様式ファイルに設定された用紙方向に従います。
その他
  • PDFフォントキャッシュの設定(Service Pack 2で対応)
    フォントキャッシュを更新するかどうかを指定します。
    フォント設定]で設定したフォントの情報はキャッシュされます。フォントファイルが更新された場合に、フォント情報を再読み込みしてキャッシュを更新するかを指定します。
    • 更新しない
      キャッシュを更新しません。更新されたフォントファイルの情報でPDFファイルを出力する場合には、サービスの再起動が必要です。
    • 更新する
      キャッシュを更新します。フォントファイルが更新されると、サービスの再起動なしにフォント情報が再読み込みされ、更新されたフォントファイルの情報でPDFファイルを出力します。
  • タイ語変換モード(Service Pack 8で対応)
    1帳票に複数の言語を出力する帳票に、タイ語を含めるかどうかを指定します。
    • 無効
      出力時にタイ語を含めません。
    • 有効
      出力時にタイ語を含めます。
  • SVF検索フィールドの付加
    PDF生成時にSPAで利用できる検索用のフィールドを付加するかどうかを設定します。
    • 付加しない
      SVF検索フィールドを付加しません。
    • 付加する(互換)
      SPAでSVF検索フィールドを利用した文字型検索が可能になるフィールドを付加します。Service Pack 1までの互換設定のため、通常は「付加する」を選択します。

      参考

      この設定を行って作成されたPDFは、SVF PDF Loader Ver. 9.2、およびSPAではSVF検索フィールドを文書定義のフィールドに利用して振り分けできません

    • 付加する (Service Pack 2で対応)
      SPAでSVF検索フィールドを利用した文字型、数値型、日付型検索が可能になるフィールドを付加します。設計時に検索フィールドを利用して様式ファイルを作成する必要があります。
  • Windowsリーダー互換(Service Pack 2で対応)
    Windows Readerでの表示に対応したPDFを作成するかどうかを指定します。
    有効」を指定して出力すると、Windows Readerでの表示に対応したPDFを作成します。

    注意
    • 有効」を指定して出力すると、SVFはロケール依存のフォント名ではなくPostScript名(英語)を使用してPDFの作成処理を行います。このため、出力されたPDFをAdobe Readerで開いた場合、文書プロパティに表示されるフォント名もPostScript名となります。ロケール依存のフォント名とPostScript名の対応例は以下のとおりです。

      帳票の言語 ロケール依存のフォント名 PostScript名
      日本語 MS明朝 MS-Mincho
      日本語 MSゴシック MS-Gothic
      韓国語 바탕체 BatangChe
      韓国語 돋음체 DotumChe
      中国簡体字 黑体 SimHei
      中国簡体字 宋体 SimSun
    • 有効」を指定し、かつ、ベーシックモードで縦書きフォントをフォント設定を行わずに出力した場合、PDFをAdobe Readerで開くと、イタリックの文字が左上がりで表示されます。
    制限事項

    出力したPDFをWindows Readerで開いた場合、以下の制限があります。

    • ベーシックモードで縦書きフォントを埋め込まずに出力した場合
      • 半角文字が縦方向に伸びて表示されます。
      • 鍵括弧(「」)などの縦書き文字が右90度回転されません。
    • 印刷プリセットの指定は有効に動作しません。
    • PDFユーティリティのDrawStringでの[表示]指定が有効になりません。
      モニター画面に表示し、プリンターに印刷しない」、および「プリンターに印刷し、モニター画面に表示しない」が有効にならず、「常に文字列を表示」を指定した場合と同じ状態になります。
    • PDFユーティリティのDrawImageでの[表示]指定が有効になりません。
      モニター画面に表示し、プリンターに印刷しない」、および「プリンターに印刷し、モニター画面に表示しない」が有効にならず、「常に画像を表示」を指定した場合と同じ状態になります。
    • PDFユーティリティのEmbedFileで添付したファイルは表示されません。
    • PDFユーティリティのRestrictで閲覧制限を設定しても効きません。
    • グラデーションの階調表現が正常に機能しません。
  • 空白文字の出力 (Service Pack 4で対応)
    1文字ごとの文字描画方法で出力するPDFに空白文字を含めるかどうかを指定します。既定値は[出力しない]です。
    文字列ごとの文字描画方法の場合は、[空白文字の出力]の設定にかかわらず常に空白文字を出力します。1文字ごとまたは文字列ごとのどちらで出力されるかは、参考を参照してください。
    • 出力する
      空白文字を出力します。
      1文字ごとの文字描画の場合、文字列内の単語間の空白文字はPDFに出力されないため、SPAで文字列(空白文字を含む)を指定して全文検索を実行しても当該文字列はヒットしません。このため、1文字ごとの文字描画で、かつ、文字列に空白文字を含むPDFをSPAで全文検索する場合に[出力する]を指定します。
    • 出力しない
      空白文字を出力しません。
      SPAの全文検索を利用しない場合は、[出力しない]に設定することを推奨します。
参考

PDFを出力する際に、1文字ごとまたは文字列ごとに出力するかの文字描画方法は、以下の設定により異なります。

  • グラフィックモードの場合
    文字列ごとに出力します(*1)。
  • ベーシックモードの場合
    プリンター設定画面の[フォント設定]の指定により以下のように出力します。
    • 埋め込み]で[する]を指定
      文字列ごとに出力します(*1)(*2)。
    • ロケール]で[GID]を指定
      文字列ごとに出力します(*1)(*2)。
    • ロケール]で[ja_JP]を指定
      1文字ごとに出力します。
    • フォント設定]を指定しない
      文字列ごとに出力します(*1)(*2)。
      *1 全角/半角フォントが切り替わる単位で文字列として出力します。
      *2 文字幅が、全角の半分ではない半角フォント(OCRB、Courier Newなど)の場合には1文字ごとに出力します。
  • 矩形のコーナーカットの互換モード(Service Pack 6で対応)
    コーナー区分]を「カット」に設定したベーシックモードの矩形を出力する際に、[コーナーの半径(dot)]に指定した値で出力するかどうかを指定します。
    • 互換出力する(初期値)
      機種ごとの既定値で出力します。Service Pack 5までと同じ動作です。
    • 互換出力しない
      機種にかかわらず、[コーナーの半径(dot)]に指定した値で出力します。
  • 用紙規格(Service Pack 6で対応)
    作成するPDFファイルで採用する用紙サイズ(寸法)を「旧版互換」(初期値)または「JIS規格」から選択します。「旧版互換」を選択した場合はService Pack 5までと同じサイズでPDFファイルを作成します。

    用紙サイズ 旧版互換の寸法 JIS規格の寸法
    はがき 147.8㎜×99.8㎜ 148㎜×100㎜
    A5 209.9㎜×148.5㎜ 210㎜×148㎜
    A4 297㎜×210㎜ 297㎜×210㎜
    A3 419.8㎜×297.0㎜ 420㎜×297㎜
    B5 258.2㎜×182.0㎜ 257㎜×182㎜
    B4 364.1㎜×258.2㎜ 364㎜×257㎜
    レター 215.9㎜×279.4㎜ 215.9㎜×279.4㎜
  • PDFユーティリティ関連のエラー処理(Service Pack 6で対応)
    PDFファイル作成時にPDFユーティリティを使用する場合、PDFユーティリティ側でエラーが発生した場合の動作を指定します。
    • 有効
      エラー(VrQuitの戻り値「-40」)を返してPDFファイルの作成処理を中断します。
    • 無効(初期値)
      エラーを無視してPDFファイルを作成します。Service Pack 5までと同じ動作です。