3-1 ファイルのダウンロード

RDEオプション製品をアクティベーションすると、RDEにスプールされている文書をクライアントにダウンロードできます。


RDEユーティリティ[プリンター・ダウンロード機種]-[ファイルダウンロード

注意

本機能を使用するには、RDE PDF Option、RDE CSV Optionなどのファイル出力系プリンター機種が、あらかじめアクティベーションされている必要があります。

参考
  • RDEオプション製品がアクティベーションされている場合、RDEユーティリティの[未印刷文書]や[印刷済み文書]エリアの文書を選択すると、[ファイル]-[ファイルダウンロード]、およびツールバーのファイルダウンロード]ボタンが有効になります。
    また、文書を右クリックして表示されるメニューから[ファイルダウンロード]も選択できます。

  • ファイルダウンロード]の設定については、『Report Director Enterpriseユーザーズマニュアル』を参照してください。

ファイルダウンロード機種の設定

ファイルダウンロード機種の設定手順は次のとおりです。

  1.  

    RDE環境設定の[詳細設定]-[プリンター機種]で、追加したい機種の[ダウンロード]のチェックを付けます。


    RDE環境設定[プリンター機種

  2.  

    変更した設定を有効にするには、ツールバーの[保存]ボタン、または[すべて保存]ボタンをクリックします。

  3.  

    RDEユーティリティを起動して、[ファイルダウンロード]に追加した機種が表示されているか確認します。


    RDEユーティリティ[ファイルダウンロード

    参考

    RDE PDF Option、RDE CSV Option、RDE EXCEL Optionの[ファイルダウンロード]のデフォルト設定はONです。

ファイルのダウンロード

ファイルのダウンロード手順は次のとおりです。

  1.  

    RDEユーティリティを起動し、[未印刷文書]または[印刷済み文書]エリアから、ダウンロードする文書を選択します。
    複数の文書を選択する場合は、ShiftやCtrlキーを押しながら選択します。すべての文書を選択する場合は、[編集]-[すべて選択]をクリックします。

  2.  

    ツールバーのファイルダウンロード]ボタンをクリックするか、ダウンロードする文書の右クリックメニューから[ファイルダウンロード]をクリックします。


    ファイルダウンロード

  3.  

    ファイルダウンロード]ダイアログで各種項目を設定します。


    ファイルダウンロード]ダイアログ

    項目説明

    ファイル作成

    • 出力先
      ファイルダウンロードの形式を選択します。

    ページ範囲

    ダウンロードするページ範囲を設定します。
    • すべて
      すべてのページをダウンロードします。

    • 未印刷ページすべて
      未印刷のページをすべてダウンロードします。

    • ページ指定
      指定したページをダウンロードします。

    部数

    部数を設定します。
    • 部数を有効にする
      チェックを付けた場合は、ダウンロード時に指定した部数のファイルが作成されます。
      チェックを外した場合は、XML様式ファイル、またはAPI関数で指定された部数が作成されます。

    • 部単位で印刷
      チェックを付けると、部単位でファイルが作成されます。

    ダウンロードフォルダー
    • フォルダーパス
      作成されたファイルの保存先フォルダーのパスが表示されます。
      保存先を変更する場合は、[フォルダー選択]ボタンをクリックしてフォルダーを選択します。

    • ダウンロード完了後にダウンロードフォルダーを開く
      チェックを付けると、ダウンロード完了後に保存先のフォルダーが開きます。

    • 同名ファイルが存在する場合に上書きする
      チェックを付けると、同名のファイルが保存先のフォルダーにすでに存在する場合は上書きされます。
      作成されるファイルの名前は、RDE環境設定で設定できます。詳細は『Report Director Enterpriseユーザーズマニュアル』を参照してください。

    • アプリケーションを起動する[CSV, PDF]
      出力先が「CSV」「PDF」「PDF(Security)」の場合、チェックを付けると、ダウンロード完了後にビューアーが起動してファイルが表示されます。ファイル表示のためのビューアーは、RDEユーティリティで設定できます。詳細は『Report Director Enterpriseユーザーズマニュアル』を参照してください。本機能は、Service Pack 1で対応しています。

  4.  

    設定を確認し、[OK]ボタンをクリックします。
    ダウンロードフォルダー]で指定したフォルダーにファイルが保存されます。


    PDFファイルの例


    CSVファイルの例