2-3 クラスライブラリの内容

RDE UDKが提供するパッケージ「jp.co.fit.rd.api」の階層ツリーと、クラスの概要を説明します。
APIの詳細は、製品メディアに含まれるJavaDoc(API仕様書)を参照してください。

クラス階層

class java.lang.Object
|
|- class jp.co.fit.rd.api.DefineColumnInfo(ユーザー定義カラム情報を取得します。)
|
|- class jp.co.fit.rd.api.DocumentFilter(文書情報を取得する際の抽出条件です。)
|
|- class jp.co.fit.rd.api.DocumentFilter.Limitter(文書情報取得時に、取得範囲を指定します。)
|
|- class jp.co.fit.rd.common.ErrorCode
|   |- class jp.co.fit.rd.api.ErrorCode(エラーコードの定数を定義します。)
|
|- class jp.co.fit.rd.api.PrintAttributes(印刷時に指定する印刷属性です。)
|
|- class jp.co.fit.rd.api.RdConnectCreator(RdConnectインターフェイスを実装するオブジェクトを生成します。)
|
|- class jp.co.fit.rd.api.QueueDocument(プリンターキュー情報のフィールド定数と、取得メソッドを定義します。)
|
|- class java.lang.Throwable (implements java.io.Serializable)
|   |- class.java.lang.Exception
|       |- class jp.co.fit.rd.api.RDConnectException
|
|- class jp.co.fit.rd.api.DefineColumnInfo(ユーザー定義カラム情報を取得します。)
|
|- class jp.co.fit.rd.api.UserInfo(ユーザー情報の取得、変更メソッドが含まれています。)
|
|- class jp.co.fit.rd.api.VersionInfo(バージョン情報を取得します。)
|
|- class jp.co.fit.rd.api.OperationResult(操作結果情報を取得します 。)
    |- class jp.co.fit.rd.api.DocumentOpResult(文書情報を操作した結果を取得します 。)
    |    |- class jp.co.fit.rd.api.CopyDocumentOpResult(文書をコピーした場合の操作結果を取得します。)
    |- class jp.co.fit.rd.api.PrintResult(印刷操作の結果を取得します。)                       

インターフェイス階層

|- interface jp.co.fit.rd.api.Document(文書情報のフィールド定数と、取得メソッドを定義します。)
|
|- interface jp.co.fit.rd.api.RdConnect(APIメソッドを定義します。)
|
|- interface jp.co.fit.rd.api.PrinterGroup(プリンターグループ情報の取得メソッドを定義します。)
|
|- interface jp.co.fit.rd.api.ServerPrinterBase(サーバープリンターの基本情報を取得するメソッドを定義します。)
    |- interface jp.co.fit.rd.api.ServerPrinter(サーバープリンター情報のフィールド取得メソッドを定義します。)