2-4-2 サンプルファイルの準備

サンプルファイルをセットします。


  1. 「RDESDK.jar」と、「rdsdk.properties」があるディレクトリに「Sample.java」をコピーします。


  2. 「Sample.java」をテキストエディターで開き、次の項目を実行環境にあわせて修正します。

    • private String PASSWORD
      ユーザー「test」のパスワード「test」を指定します。
    • private String PRINTER_NAMEprivate String PRINTER_NAME2
      実際に印刷可能なサーバープリンターを指定します。
    • private String DB_URL1
      可変接続先モードでデータベースに接続する場合、1つ目の接続先データベースのURLを指定します。

    Sample.java

    :
    class Sample {
      private String CLIENTID          = "RdSdk800";                                 // 任意の文字列を指定してください
      private String LANG              = "ja";                                       // 言語
      private String USERNAME          = "test";                                     // テスト用のアカウント
      private String PASSWORD          = "";                                         // パスワード
      private String PRINTER_NAME      = "TestServerPrinter";                        // 印刷可能なサーバープリンターを指定してください
      private String PRINTER_NAME2     = "TestServerPrinter2";                       // 印刷可能なサーバープリンターを指定してください
      private String PRINTERGROUP_NAME = "TestPrinterGroup";                         // 印刷可能なプリンターグループを指定してください
      private String FILENAME          = "test.pdf";                                 // ダウンロード系印刷時のファイル名
      private String DRIVERNAME        = "org.postgresql.Driver";                    // DB DriverName
      private String DB_URL1           = "jdbc:postgresql://127.0.0.1:44100/rddb";   // DB接続先URL1
      private String DB_URL2           = "jdbc:postgresql://localhost:44100/rddb";   // DB接続先URL2
      private PrintWriter console;
    :
    
    参考

    サンプルプログラムでは、「ファイル系印刷(出力)の例」としてPDFファイルのダウンロードが含まれていますが、RDE Option(PDF)がインストールされていない場合、PDFは出力されません。


  3. 上書き保存します。