第3章 Webサービス版UDKの使用