第5章 サンプルのプログラムを動かす

SVF Web Direct Printの動作を確認するため、SVF for PDFの環境を利用して動作するサンプルプログラムが添付されています。サンプルプログラムでは、添付の様式ファイル(発注書)にプログラム内で固定のデータを出力し、EMF機種の印刷データを作成して利用します。
サンプルプログラムで、SVF Web Direct Printの各機能の動きやJavaScript APIの使い方について確認してください。

注意

サンプルプログラムを動かすには、以下の環境が必要です。

  • SVF for PDFをインストールした環境
  • プログラムをコンパイルするためのJDK
    この章の説明に従ってサンプルを動かすには、SVF for PDFが動作するサーバーと同じバージョンのJavaでコンパイルしてください。

サンプルプログラムのファイル構成

ドキュメントメディアの「sdp-sample\ja」フォルダーに以下のフォルダーとファイルが格納されています。

 

ファイル名/フォルダー名 説明
end.html 処理が終了したときに表示されるメッセージです。
error.html エラー発生時に表示されるメッセージです。
index.html サンプルプログラム実行用インデックスです。すべてのサンプルプログラムは、このファイルから実行できます。
sample.xml サンプルの印刷データ作成に使用する様式ファイルです。
xsvfweb.xml SVF Web Direct Printの動作設定の更新に使用するXMLファイルです。
main.js サンプルプログラムファイルです。
style.css スタイル設定用ファイルです。
WEB-INF
web.xml
サンプルアプリケーション用のweb.xmlファイルです。
classes
ExecStreamPrintServlet.java
リクエストを受け取り、印刷データをストリームとして返却するプログラムです。
CorsFilter.java JavaScriptファイルが配置されているサーバーと帳票サーバーが異なる場合に、クロスオリジンHTTPリクエストを行えるようにするフィルタープログラムです。

 

サンプルプログラムを動作させるための手順

サンプルプログラムを動作させるための手順は以下のとおりです。ここでは、SVF for PDFのインストールフォルダーを「C:\SVFJP」として説明します。
SVF for PDF側の操作については、SVF for PDFの『ユーザーズマニュアル』を参照してください。


  1. SVF for PDFのインストール環境にサンプルプログラム配置用のフォルダーを作成します。

    C:\SVFJP\apache-tomcat\webapps\webdirectprint

  2. 作成したフォルダーに、「Sample\ja」以下のフォルダーとファイルをすべてコピーします。

  3. 作成したフォルダーに、製品メディアから以下のファイルをコピーします。
    • sdp.js
    • previewwindow.html(Service Pack1以降)
    • gif-load.gif(Service Pack1以降)

  4. 作成したフォルダーに配置した「main.js」ファイルを編集し、サーバーのIPアドレスとポート番号を設定します。
    http://localhost:8080/」の記述をすべて「http://<サーバーのIPアドレスまたはホスト名>:<SVFWebServiceのポート番号>/」に書き換えます。SVFWebServiceのポート番号は、デフォルトでは「44090」です。

  5. コマンドプロンプトを起動し、以下のコマンドを実行します。
    1. 環境変数の設定

      set PATH=%PATH%;<JDKのインストール先>\bin
    2. *.javaのコンパイル

      javac -classpath "C:\SVFJP\svfjpd\lib\svf.jar;C:\SVFJP\apache-tomcat\lib\servlet-api.jar" -encoding UTF-8 C:\SVFJP\apache-tomcat\webapps\webdirectprint\WEB-INF\classes\*.java

  6. SVF for PDFのSVFWebServiceを再起動します。

  7. SVF環境設定で、プリンター名「EMF」でプリンター機種「EMF」のプリンターを登録します。

  8. SVF Web Direct PrintをインストールしたクライアントPCのWebブラウザーから以下のURLにアクセスし、サンプルプログラムを実行します。

    http://<サーバーのIPアドレスまたはホスト名>:<SVFWebServiceのポート番号>/webdirectprint