3-3-1 プリンター機種設定(SATO)

ここでは、SVF環境設定におけるSVF for SATO/Java Editionの各設定項目について説明します。
SVF環境設定については、『SVF for Java Printユーザーズマニュアル』、または『SVF for PDFユーザーズマニュアル』を参照してください。

参考

本機種は、グラフィックモードに対応していません。


SVF環境設定におけるSVF for SATO/Java Editionの設定項目

項目
説明

出力

  • 出力先
    プリンター」または「ファイル」を選択します。

  • 出力ポート
    出力先]に「プリンター」を指定した場合、ネットワークに直接接続され、印刷データをLPRプロトコルで受信可能なデバイスを「IPアドレス:キュー名」の形式で指定します。
    プリンターによってキュー名が指定されている場合があるので、プリンター本体付属のマニュアルなどで確認してください。また、キュー名が指定されていないプリンターの場合でも、適当な値を設定する必要があります。
    プリンターのキュー名を設定しない場合は、出力されません。

  • 接続タイムアウト時間(秒)
    プリンターに接続するときのタイムアウト時間を秒単位で設定します。通常はデフォルト値のまま使用します。

  • 接続リトライ間隔(秒)
    プリンターに接続できなかったときの再試行間隔を秒単位で指定します。通常はデフォルト値のまま使用します。

  • コマンド処理中のタイムアウト時間(秒)
    LPRのコマンド処理中のタイムアウト時間を秒単位で指定します。通常はデフォルト値のまま使用します。

  • 印刷データ送信中の送信タイムアウト時間(秒)
    印刷データをプリンターに送信できなかったときのタイムアウト時間を秒単位で指定します。通常はデフォルト値のまま使用します。

  • 印刷データ送信後の受信タイムアウト時間(秒)
    印刷データをプリンターに送信後、プリンターからの応答待ち時間を秒単位で指定します。通常はデフォルト値のまま使用します。

  • 印刷データ送信時のバッファサイズ(KB)
    印刷データをプリンターに送るときのバッファサイズ(KB)を指定します。通常はデフォルト値のまま使用します。

  • 出力先がPAlite時の経由先
    出力先がPAliteの時にSVFプリントスプーラー経由で出力するか、PAlite直接出力するかを指定します。
    詳細は『SVF for Java Printユーザーズマニュアル』、または『SVF for PDFユーザーズマニュアル』を参照してください。

    • SVFプリントスプーラー経由
      スプールデータの管理をSVFスプーラーで行います。

    • PAlite直接出力
      スプールデータの管理をPAliteがインストールされているサーバーのWindowsスプーラーで行います。

  • ステータス取得プロトコル
    登録したプリンターの状態を取得し、SVFスプーラー画面上にプリンターの状態を表示するかどうか指定します。ただし、PAliteを経由した出力の場合プリンターステータスは取得できません。

    • 取得しない
      デバイスの状態を取得しません。

    • Host Resource MIB 1
      デバイスの状態をHostResourceMIBで取得します。取得した情報はSVFスプーラーに表示されます。

    • Host Resource MIB 2
      デバイスの状態をHostResourceMIBで取得します。取得した情報はSVFスプーラーに表示されます。
      Host Resource MIB 2」ではサービスコールをオンラインとみなします。

  • ステータス監視間隔(秒)
    プリンターステータスを取得する間隔(秒)を指定します。

  • ステータス監視タイムアウト(秒)
    プリンターステータスを取得したときのタイムアウト時間(秒)を指定します。

  • 出力ディレクトリ
    出力先]に「ファイル」を指定した場合、ファイルの出力先ディレクトリ名を設定します。設定したディレクトリに印刷データがファイルとして作成されます。

  • スプールファイル既定拡張子
    出力ファイルのデフォルト拡張子を指定します。

位置とサイズ
  • 用紙サイズ(Service Pack 4で対応)
    用紙サイズを指定します。

    • プリンター既定
      用紙サイズ指定コマンドをプリンターに送りません。プリンター側の設定に従って用紙サイズが決定されます。

    • 様式
      印刷に使用する様式ファイルに設定された用紙サイズで用紙サイズ指定コマンドをプリンターに送ります。ただし、様式ファイルの用紙サイズが「連帳」の場合は、用紙サイズ指定コマンドを送りません。

    • 任意指定
      用紙サイズを任意に指定します。指定されたサイズで用紙サイズ指定コマンドをプリンターに送ります。

  • 用紙サイズ(横)(mm)(Service Pack 4で対応)
    用紙サイズ]で[任意指定]を選択した場合に、用紙サイズをmm単位で指定します。

  • 用紙サイズ(縦)(mm)(Service Pack 4で対応)
    用紙サイズ]で[任意指定]を選択した場合に、用紙サイズをmm単位で指定します。

  • 印字位置調整量(横)(mm)
    調整量をmm単位で指定します。右方向へはプラス、左方向へはマイナスの値を指定します。

  • 印字位置調整量(縦)(mm)
    調整量をmm単位で指定します。下方向へはプラス、上方向へはマイナスの値を指定します。

ソフトフォント

参考

ソフトフォントとは、ソフトフォントユーティリティを使用して作成するイメージフォントを指します。デバイスが使用するフォントを持っていない場合は、ソフトフォントユーティリティでフォントイメージデータを作成し、「ソフトフォントファイル名」に作成したフォントイメージデータのファイル名を指定します。
ソフトフォントユーティリティについては、『SVF for Java Printユーザーズマニュアル』、または『SVF for PDFユーザーズマニュアル』を参照してください。

  • ソフトフォント(外字)
    外字に対してソフトフォントを使用するかどうかを指定します。英語、チェコ語、フランス語、タイ語のSATO機種には、このオプションはありません。
    ここで対象となる文字コードの範囲は、次のとおりです。

    • Unicode
      U+E000~U+F8FF
    • SJIS系 *1
      0xF040~0xF9FC(エンコーディングによって文字コードが異なります)
  • ソフトフォント(IBM拡張文字)
    IBM拡張文字に対してソフトフォントを使用するかどうかを指定します。日本語以外のSATO機種には、このオプションはありません。
    ここではSJIS系のみ該当し、対象となる文字コードの範囲は、次のとおりです。

    • SJIS系 *1
      0xFA40~0xFCFC(エンコーディングによって文字コードが異なります)
  • ソフトフォント(NEC選定IBM拡張文字)
    NEC選定IBM拡張文字に対してソフトフォントを使用するかどうかを指定します。日本語以外のSATO機種には、このオプションはありません。
    ここではSJIS系のみ該当し、対象となる文字コードの範囲は、次のとおりです。

    • SJIS系 *1
      0xED40~0xEFFC(エンコーディングによって文字コードが異なります)
  • ソフトフォント(OCR-B)
    ソフトフォントでOCR-Bフォントを使用する場合は「使用する」を指定します。

  • ソフトフォント(サロゲートペア文字)
    サロゲートペア文字をソフトフォントで出力するかどうか指定します。日本語以外のSATO機種には、このオプションはありません。

 

参考

ソフトフォントファイル名に指定できるソフトフォントファイルは、次の種類です。

  • *.sft
    Ver. 7.0以降のソフトフォントユーティリティで作成したソフトフォントファイル
  • *.spf
    サロゲート文字をソフトフォントユーティリティで作成するときに、上記.sftと共に自動生成されるファイル
  • フォント名
    TrueTypeフォントのフォント名

ソフトフォントファイルの指定方法の詳細は、『SVF for Java Printユーザーズマニュアル』、または『SVF for PDFユーザーズマニュアル』を参照してください。

 

  • ソフトフォントファイル名(明朝)
    XML様式ファイルで明朝と設定している固定文字、フィールドに出力するソフトフォントファイル名を指定します。英語、チェコ語、フランス語、タイ語のSATO機種には、このオプションはありません。

  • ソフトフォントファイル名(ゴシック)
    XML様式ファイルでゴシックと設定している固定文字、フィールドに出力するソフトフォントファイル名を指定します。中国語繁体字、英語、チェコ語、フランス語、タイ語のSATO機種には、このオプションはありません。

  • ソフトフォントファイル名(OCR-B)
    XML様式ファイルでOCR-Bと設定している固定文字、フィールドに出力するソフトフォントファイル名を指定します。

  • ソフトフォント(拡張設定)
    より詳細にソフトフォントを設定する場合や、明朝、ゴシック、OCR-B以外のフォントをソフトフォントで出力する場合にプロパティを使用します。
    詳細は『SVF for Java Printユーザーズマニュアル』、または『SVF for PDFユーザーズマニュアル』を参照してください。

    注意

    ソフトフォント(拡張設定)]を他のソフトフォントの設定と併用して定義した場合は、[ソフトフォント(拡張設定)]の定義が優先されます。

バーコード

  • バーコードの出力方法
    バーコードの出力方法を指定します。

    制限事項
    • イメージ出力]は、[ヒューマン文字印字]に対応していません。

    • コマンド出力]は、次の制限事項があります。

      • 雑誌バーコードとコードセット任意切り替え機能に対応していません。
      • ヒューマン文字印字]は、JAN標準、JAN短縮のみ利用できます。

      • 次のプロパティの設定は利用できません。
        • バーコードアイテムの[]、[バーコード幅]の[設計幅]と[桁数幅

        • バーコードオプションの[密度]、[補正

    コードセット任意切り替え機能については、『SVF for Java Printユーザーズマニュアル』、または『SVF for PDFユーザーズマニュアル』を参照してください。

  • 自動算出バーコードの細バー幅
    コマンド出力の場合に、エレメントサイズ自動算出時の細バーのドット幅を選択します。

  • 自動算出バーコードの比率
    コマンド出力の場合に、エレメントサイズ自動算出時の細バーと太バーの比率を指定します。CODE39、NW7、ITFで有効です(「1:2.5」は実質2:5であるためバーコードの幅は「1:3」より大きくなります)。
    また、JAN標準、JAN短縮では、「1:2」「1:2.5」を選択すると、ガードバーとヒューマン文字が出力されます。以前のバージョンでこの項目は「固定型SATOバーコード比率の指定」と表記されていました。

  • 手動設定バーコードの比率登録
    コマンド出力の場合に、エレメントサイズ手動設定時にそのエレメント幅を使用するかどうかを指定します。
    NW7、CODE39、ITFで有効です。通常はデフォルト値「使用する」のまま使用します。

  • 手動設定バーコードの細バー幅
    コマンド出力の場合に、エレメントサイズ手動設定時の細バーのドット幅を選択します。
    通常はデフォルト値「1」のまま使用します。バー幅は設計時のバーコードオプションで調整します。

  • CODE128:コードセットC適用桁数(自動)(Service Pack 2で対応)
    CODE128、EAN128バーコードでコードセットの自動切り替えを行う際の、コードセットCへの切り替え条件とする数字の連続数を指定します。
    初期値は「4」です。「2」以上の偶数で指定してください。

    参考

    Service Pack 1までと同じ出力結果とする場合には、「2」を指定します。

  • GS1データバーの出力方法
    GS1データバーの出力方法を指定します。コマンド出力の場合、モジュールの高さ設定、セパレーターの高さ設定、ヒューマン文字印字に対応していません。

  • QRコードの出力方法
    QRコードの出力方法を指定します。コマンド出力ではマイクロQRの出力、QRコードの型番、QRコードの連結に対応していません。

  • Maxiコードの出力方法
    Maxiコードの出力方法を指定します。コマンド出力では、幅、エラーレベル、セルサイズの補正、シンボルの構造化の設定に対応していません。

  • PDF417の出力方法
    PDF417の出力方法を指定します。コマンド出力では、幅、セルサイズの補正、回転出力に対応していません。

  • PDF417:1モジュール幅(dot)
    コマンド出力時の1モジュールの幅を1~9ドットの範囲で設定します。

  • PDF417:1モジュール高さ(dot)
    コマンド出力時の1モジュールの高さを1~24ドットの範囲で設定します。

  • PDF417:列数(コードワード数)
    コマンド出力時の列数(コードワード数)を1~30列の範囲で指定します。1コードワード幅は、17モジュール幅です。

ライン

  • 線幅(実線)
    極細、細、中細、中、中太、太の順にmm単位で指定します。

メイン

  • プリンター機種
    出力するプリンターに合わせて、SATO機種のプリンターモデルを選択します。

    • 日本語向けプリンター
      • SR系

      • MR410e系

      • MR400(Service Pack 3で対応)

      • レスプリ系

      • PT200e

    • グローバル標準モデルプリンター
      • CL4NX(多言語標準)(Service Pack 3で対応)

    • 海外モデルプリンター
      • CG4系(多言語拡張)(Service Pack 3で対応)

    SG400Rシリーズは「SR系」、BF400Rシリーズは「MR410e系」、EtVie 200Rシリーズは「レスプリ系」、MR110w/MT110wは「MR410e系」として扱います。 「MR400」は「MR410e系」と比較してKCコマンドを出力しない点で異なります。
    SATOのグローバルスタンダードモデルCL4NXシリーズ(海外展開名称は、NXシリーズ、CLNXシリーズ)およびPetit lapin PW208シリーズ

    (Service Pack 4で対応)は、「CL4NX(多言語標準)」として扱います。
    M84-Pro、CL412eなどの海外向けeシリーズは、「CG4系(多言語拡張)」として扱います。

     

    参考

    Service Pack 3から日本語、タイ語以外のSATO機種でも[プリンター機種]に対応しました。「CL4NX(多言語標準)」、「CG4系(多言語拡張)」から選択します。タイ語のSATO機種は、「CL4NX(多言語標準)」のみ対応しています。

    言語SR系MR410e系MR400レスプリ系PT200eCL4NX(多言語標準)CG4系(多言語拡張)
    日本語
    英語
    中国語簡体字
    中国語繁体字
    韓国語
    フランス語
    チェコ語
    タイ語

    Service Pack 2までの[多言語拡張]が「有効」の設定と同じ出力結果とする場合には、「CG4系(多言語拡張)」を選択します。

  • 解像度
    プリンター機種]で選択した機種の解像度を指定します。「305dpi」、「203dpi」から選択します。

  • 印字濃度レベル(Service Pack 4で対応) (Service Pack 3までの[印字濃度微調整])
    印字濃度を10段階で調整します。数値が上がるほど濃く印字されます。[プリンター機種]が[CL4NX(多言語標準)]の場合のみ10段階の指定が有効です。それ以外の機種では以下のように5段階に補正されます。

    印字濃度レベル プリンター機種

    (参考)Service Pack 3
    までの[印字濃度微調整

    CL4NX(多言語標準) CL4NX(多言語標準) 以外
    1 1    
    2 2 1 薄い
    3 3    
    4 4 2 やや薄い
    5 5    
    6 6 3 普通
    7 7    
    8 8 4 やや濃い
    9 9    
    10 10 5 濃い
  • 出力回転
    出力を180度回転するかどうかを指定します。用紙サイズがフリーの場合のみ有効です。

  • 印字妥当性検証(Service Pack 4で対応)
    印字妥当性の検証を実施するかを指定します。[する]を指定すると、[用紙サイズ]に[任意指定]を指定した場合、または、[様式]を指定して、かつ、使用する様式ファイルの用紙サイズが連帳以外の場合、文字アイテムが用紙サイズ内におさまるかの検証をSVFで実施し、用紙サイズ内におさまらない場合にSVF側で印刷データ生成処理を中断します。

反転文字領域

  • 領域サイズ(%)
    反転文字の領域サイズを、文字サイズの何パーセントのサイズで作成するか0~100で指定します。

  • アジャストX(mm)
    反転文字の領域の、X座標の調整量(mm単位)を指定します。正の値の場合は右に、負の値の場合は左に移動します。

  • アジャストY(mm)
    反転文字の領域の、Y座標の調整量(mm単位)を指定します。正の値の場合は下に、負の値の場合は上に移動します。

参考

反転文字とは、文字列範囲を塗り潰して白抜きで印字する文字を指します。反転文字で印字するには、固定文字、フィールドの[白文字]を有効にします。

注意

プリンター機種]の指定ごとに反転文字の対応が異なります。

  • SR系、MR410e系、MR400、レスプリ系、PT200e
    文字列の構成が全角と半角が混在しない、全角文字のみの場合に対応しています。
  • CL4NX(多言語標準)
    文字全般に対応しています。ただし、文字列前後の空白文字は反転領域に含みません。
  • CG4系(多言語拡張)
    固定文字、フィールドの[白文字]の指定を含めた追加の様式設計と[フォームオーバレイ印刷]の指定で対応しています。

    • 様式ファイルでは、白文字指定の固定文字、フィールドを覆うように矩形を重ねます。この矩形は綴りページに配置し、[塗り込みパターン]を「グレースケール」に設定します。

    • SATO機種では、[フォームオーバレイ印刷]に「しない」を指定します。

フォント

  • デフォルト半角フォント
    同じサイズの半角フォントを複数持っている場合に、どのフォントを使用するかを指定します。日本語以外のSATO機種には、このオプションはありません。

  • デフォルト全角フォント
    同じサイズの全角フォントを複数持っている場合に、どのフォントを使用するかを指定します。日本語以外のSATO機種には、このオプションはありません。

  • 文字コード
    横書き漢字フォントで使用する文字コードを指定します。日本語以外のSATO機種には、このオプションはありません。

  • スムージング(Service Pack 3で対応)
    次のフォントでスムージングを使用するかどうかを指定します。固定文字、フィールドの縦倍率、横倍率ともに3以上の場合のみ有効です。すべてのフォントを一括指定する場合は、「する(一括)」、「しない(一括)」を選択します。日本語以外のSATO機種には、このオプションはありません。

    参考

    Service Pack 2までと同じ出力結果とする場合には、「個別」を選択して「X23フォント(基本サイズ48×48ドット半角のみ)」、「16×16ドット横書き半角全角混在漢字フォント」、「24×24ドット横書き半角全角混在漢字フォント」を指定します。

    • X23フォント(基本サイズ48×48ドット半角のみ)

    • 16×16ドット横書き半角全角混在漢字フォント

    • 22×22ドット横書き半角全角混在漢字フォント

    • 24×24ドット横書き半角全角混在漢字フォント

    • 32×32ドット横書き半角全角混在漢字フォント

    • 40×40ドット横書き半角全角混在漢字フォント

    • 16×16ドット横書き漢字フォント

    • 22×22ドット横書き漢字フォント

    • 24×24ドット横書き漢字フォント

    • 32×32ドット横書き漢字フォント

    • 40×40ドット横書き漢字フォント

フォント(多言語標準)
  • フォント設定(標準)(Service Pack 3で対応)
    様式ファイルに設計したフォントとグローバルモデルプリンターの搭載フォントを結び付けて出力するための定義を行います。[プリンター機種]で「CL4NX(多言語標準)」を選択した場合の設定です。フォント設定については、「3-3-1-2 CL4NX(多言語標準)のフォント設定」を参照してください。

    参考

    日本語以外のSATO機種では、セクション、プロパティの名称は次のようになります。

    • セクション名[フォント

    • プロパティ名[フォント設定

フォント(多言語拡張)

  • フォント設定(拡張:305dpi)
    様式ファイルに設定したフォントとプリンターの搭載フォントを結び付けて出力するための定義を行います。[プリンター機種]が「CG4系(多言語拡張)」、解像度が305dpiの場合の設定です。フォント設定については、「3-3-1-3 CG4系(多言語拡張)のフォント設定」を参照してください。タイ語のSATO機種には、このオプションはありません。

  • フォント設定(拡張:203dpi)
    様式ファイルに設定したフォントとプリンターの搭載フォントを結び付けて出力するための定義を行います。[プリンター機種]が「CG4系(多言語拡張)」、解像度が203dpiの場合の設定です。フォント設定については、「3-3-1-3 CG4系(多言語拡張)のフォント設定」を参照してください。タイ語のSATO機種には、このオプションはありません。

  • スムージング
    スムージングを使用するかどうか指定します。固定文字、フィールドの縦倍率、横倍率ともに3以上の場合のみ有効です。タイ語のSATO機種には、このオプションはありません。

フィードとカット

  • カット
    ラベルをカットするタイミングを選択します。「キーブレイク」はキーブレイクでの改ページ、ならびにXML様式ファイルの印刷処理完了時の改ページでカットされます。

  • 印字速度(Service Pack 4で対応)
    印字速度を0~14で指定します。プリンターごとに指定可能な速度が異なります。0を指定した場合は、プリンター既定の印字速度で印字されます。

印刷時に無効化するレイヤー
印刷時に無効化するレイヤーを指定します。指定したレイヤーに属しているアイテムは印刷されません。
レイヤーの設定方法については、『SVFX-Designer ユーザーズマニュアル』、または『SVF Web Designer帳票作成ガイド』を参照してください。
  • 既定レイヤー
    既定のレイヤーごとに、無効化するレイヤーを指定します。

  • ユーザーレイヤー
    追加したレイヤーごとに、無効化するレイヤーを指定します。

その他

  • フォームオーバレイ印刷
    XML様式ファイルの共通ページに設計されたアイテムの印刷タイミングを設定します。有効にした場合は、共通ページの印刷データを保持して、綴りページごとに差し込み印刷します。無効にした場合は、共通ページのアイテムを綴りページのアイテムとして、綴りページごとに印刷します。

    参考

    日本語以外のSATO機種で[プリンター機種]を「CG4系(多言語拡張)」に設定して白文字を使用する場合のみ「しない」を指定します。通常は「する」のまま使用します。

  1. SJIS系は以下のエンコーディングを指します。
    SJIS、MS932、Cp942、Cp942c、Cp943、Cp943c
注意
  • 線種は実線のみに対応しています。
  • 対応している画像は、モノクロビットマップのみです。モノクロビットマップ以外の画像は、モノクロビットマップに変換して出力します。
参考

多言語環境での用途には、フォント選択の自由度が高い「CL4NX(多言語標準)」に対応するグローバルスタンダードモデルのプリンターで印刷されることを推奨します。「CL4NX(多言語標準)」と「CG4系(多言語拡張)」の機能差は次のとおりです。

機能 CL4NX(多言語標準) CG4系(多言語拡張) (参考)日本語プリンター
印字書体 プリンター搭載多言語フォント/スケーラブルフォント、または任意のTrue Typeフォントを指定 プリンター搭載フォントのみ指定可能 プリンター搭載フォントを自動選択
印字可能文字
UTF-16BEの文字 ロケールに対応した文字 JISまたはShift_JISの文字
文字サイズ 自由サイズで設計 定型サイズで設計 定型サイズで設計
回転 設計内容と同一 設計と異なり、文字列全体で回転 設計内容と同一
白文字

固定文字/フィールドの[白文字]のチェックのみで、文字列範囲を白黒反転印字

固定文字/フィールドの[白文字]のチェック、およびグレースケールの矩形を重ね合わせ、[フォームオーバレイ印刷]を「しない」に指定した場合に、矩形範囲を白黒反転印字

固定文字/フィールドの[白文字]のチェックのみで、全角のみの文字列範囲を白黒反転印字