3-3-2-1 日本語プリンターのモデル別設計文字サイズ対応表

出力フォントと設計時の文字サイズの関係は次のとおりです。

SR系

フォント名 名称 設計ポイントサイズ
(単位:ポイント)
スムージング
対応
ボールド 指定可能な
文字コード
203dpiの場合 305dpiの場合
設計ポイントサイズ 設計ポイントサイズ
X20 X20フォント指定
(基本サイズ59ドット)
3.2 2.2  
K8 1616ドット横書き
半角、全角混在漢字指定
5.7 3.8 シフトJIS
K1 1616ドット
横書き漢字指定
5.7 3.8 JIS
シフトJIS
X21 X21フォント指定
(基本サイズ1717ドット)
6.1 4.1  
KA 2222ドット横書き
半角、全角混在漢字指定
7.9 5.2 シフトJIS
K3 2222ドット横書き
漢字指定
7.9 5.2 JIS
シフトJIS
X22 X22フォント指定
(基本サイズ2424ドット)
8.6 5.7  
K9 2424ドット横書き
半角、全角混在漢字指定
8.6 5.7 シフトJIS
K2 2424ドット横書き
漢字指定
8.6 5.7 JIS
シフトJIS
KB 3232ドット横書き
半角、全角混在漢字指定
11.4 7.6 シフトJIS
K4 3232ドット横書き
漢字指定
11.4 7.6 JIS
シフトJIS
KD 4040ドット横書き
半角、全角混在漢字指定
14.2 9.5 シフトJIS
K5 4040ドット横書き
漢字指定
14.2 9.5 JIS
シフトJIS
X23 X23フォント指定
(基本サイズ4848ドット)
17.1 11.4  
- アウトラインフォント
形状指定
8.6~96.0 5.7~96.0  

=あり
=なし

  • 同じ文字色のセルはフォントサイズが重なることを表しています。
    また次のフォントはアウトラインフォントとフォントサイズが重なります。
    X22、K9、K2 、KB、K4、KD、K5、X23
    フォントサイズが重なるフォントがある場合にどのフォントが使われるかは、次の順に決定されます。
    1. 出力文字列が半角のみか、全角のみか、半角全角混在かによって、利用可能なフォントを絞ります。
    2. 出力対象の文字列が半角のみの場合はSVF環境設定の[デフォルト半角フォント]の指定を、そうでない場合は[デフォルト全角フォント]の指定を参照し、フォントを決定します。
  • アウトラインフォントのみアウトライン、シャドウ、イタリックの指定が有効です。
  • スムージングとは拡大された文字のふちをなめらかにする機能です。次の2つの条件を満たした場合にスムージングが行われます。
    • 出力するフォントサイズが縦横ともに3倍以上
    • SVF環境設定の[スムージング]で該当フォントの設定が「使用する

MR410e系

フォント名 名称 設計ポイントサイズ
(単位:ポイント)
スムージング
対応
ボールド 指定可能な
文字コード
203dpiの場合 305dpiの場合
設計ポイントサイズ 設計ポイントサイズ
X20 X20フォント指定
(基本サイズ59ドット)
3.2 2.2  
K8 1616ドット横書き
半角、全角混在漢字指定
5.7 3.8 シフトJIS
K1 1616ドット
横書き漢字指定
5.7 3.8 JIS
シフトJIS
X21 X21フォント指定
(基本サイズ1717ドット)
6.1 4.1  
X22 X22フォント指定
(基本サイズ2424ドット)
8.6 5.7  
K9 2424ドット横書き
半角、全角混在漢字指定
8.6 5.7 シフトJIS
K2 2424ドット横書き
漢字指定
8.6 5.7 JIS
シフトJIS
X23 X23フォント指定
(基本サイズ4848ドット)
17.1 11.4  
- アウトラインフォント
形状指定
8.6~96.0 5.7~96.0  

=あり
=なし

  • 同じ文字色のセルはフォントサイズが重なることを表しています。
    また次のフォントはアウトラインフォントとフォントサイズが重なります。
    X22、K9、K2 、KB、K4、KD、K5、X23
    フォントサイズが重なるフォントがある場合にどのフォントが使われるかは、次の順に決定されます。
    1. 出力文字列が半角のみか、全角のみか、半角全角混在かによって、利用可能なフォントを絞ります。
    2. 出力対象の文字列が半角のみの場合はSVF環境設定の[デフォルト半角フォント]の指定を、そうでない場合は[デフォルト全角フォント]の指定を参照し、フォントを決定します。
  • アウトラインフォントのみアウトライン、シャドウ、イタリックの指定が有効です。
  • スムージングとは拡大された文字のふちをなめらかにする機能です。次の2つの条件を満たした場合にスムージングが行われます。
    • 出力するフォントサイズが縦横ともに3倍以上
    • SVF環境設定の[スムージング]で該当フォントの設定が「使用する

レスプリ系

フォント名 名称 設計ポイントサイズ
(単位:ポイント)
スムージング
対応
ボールド 指定可能な
文字コード
203dpiの場合 305dpiの場合
設計ポイントサイズ 設計ポイントサイズ
X20 X20フォント指定
(基本サイズ59ドット)
3.2 2.2  
K8 1616ドット横書き
半角、全角混在漢字指定
5.7 3.8 シフトJIS
K1 1616ドット
横書き漢字指定
5.7 3.8 JIS
シフトJIS
X21 X21フォント指定
(基本サイズ1717ドット)
6.1 4.1  
K3 2222ドット横書き
漢字指定
7.9 5.2 JIS
シフトJIS
X22 X22フォント指定
(基本サイズ2424ドット)
8.6 5.7  
K9 2424ドット横書き
半角、全角混在漢字指定
8.6 5.7 シフトJIS
K2 2424ドット横書き
漢字指定
8.6 5.7 JIS
シフトJIS
X23 X23フォント指定
(基本サイズ4848ドット)
17.1 11.4  
- アウトラインフォント
形状指定
8.6~96.0 5.7~96.0  

=あり
=なし

  • 同じ文字色のセルはフォントサイズが重なることを表しています。
    また次のフォントはアウトラインフォントとフォントサイズが重なります。
    X22、K9、K2 、KB、K4、KD、K5、X23
    フォントサイズが重なるフォントがある場合にどのフォントが使われるかは、次の順に決定されます。
    1. 出力文字列が半角のみか、全角のみか、半角全角混在かによって、利用可能なフォントを絞ります。
    2. 出力対象の文字列が半角のみの場合はSVF環境設定の[デフォルト半角フォント]の指定を、そうでない場合は[デフォルト全角フォント]の指定を参照し、フォントを決定します。
  • アウトラインフォントのみアウトライン、シャドウ、イタリックの指定が有効です。
  • スムージングとは拡大された文字のふちをなめらかにする機能です。次の2つの条件を満たした場合にスムージングが行われます。
    • 出力するフォントサイズが縦横ともに3倍以上
    • SVF環境設定の[スムージング]で該当フォントの設定が「使用する

PT200e系

フォント名 名称 設計ポイントサイズ
(単位:ポイント)
スムージング
対応
ボールド 指定可能な
文字コード
203dpiの場合 305dpiの場合
設計ポイントサイズ 設計ポイントサイズ
X20 X20フォント指定
(基本サイズ59ドット)
3.2 2.2  
K8 1616ドット横書き
半角、全角混在漢字指定
5.7 3.8 シフトJIS
K1 1616ドット
横書き漢字指定
5.7 3.8 JIS
シフトJIS
X21 X21フォント指定
(基本サイズ1717ドット)
6.1 4.1  
KA 2222ドット横書き
半角、全角混在漢字指定
7.9 5.2 シフトJIS
K3 2222ドット横書き
漢字指定
7.9 5.2 JIS
シフトJIS
X22 X22フォント指定
(基本サイズ2424ドット)
8.6 5.7  
K9 2424ドット横書き
半角、全角混在漢字指定
8.6 5.7 シフトJIS
K2 2424ドット横書き
漢字指定
8.6 5.7 JIS
シフトJIS
X23 X23フォント指定
(基本サイズ4848ドット)
17.1 11.4  

=あり
=なし

  • 同じ文字色のセルはフォントサイズが重なることを表しています。
    また次のフォントはアウトラインフォントとフォントサイズが重なります。
    X22、K9、K2 、KB、K4、KD、K5、X23
    フォントサイズが重なるフォントがある場合にどのフォントが使われるかは、次の順に決定されます。
    1. 出力文字列が半角のみか、全角のみか、半角全角混在かによって、利用可能なフォントを絞ります。
    2. 出力対象の文字列が半角のみの場合はSVF環境設定の[デフォルト半角フォント]の指定を、そうでない場合は[デフォルト全角フォント]の指定を参照し、フォントを決定します。
  • アウトラインフォントのみアウトライン、シャドウ、イタリックの指定が有効です。
  • スムージングとは拡大された文字のふちをなめらかにする機能です。次の2つの条件を満たした場合にスムージングが行われます。
    • 出力するフォントサイズが縦横ともに3倍以上
    • SVF環境設定の[スムージング]で該当フォントの設定が「使用する