3-10-2 Report Viewer/Report Viewer IIサーバーへの保存と確認

印刷データファイルは、Report Viewer/Report Viewer IIで使用できるように、Report Viewer/Report Viewer II用の連携ファイルに変換する必要があります。
ここでは、SVF for RVを使用して、Report Viewer/Report Viewer IIに対応した印刷データファイルを作成し、Report Viewer/Report Viewer IIに保存するまでの手順を説明します。

プリンターの作成

Universal Connect/X、またはAPI関数を利用して印刷データファイルを変換する場合は、SVF環境設定で変換用の出力設定が必要です。
そのために、SVF環境設定からReport Viewer/Report Viewer II用のプリンターを作成し、出力先ディレクトリなどの必要な設定をしておきます。


SVF環境設定でReport Viewer/Report Viewer II用のプリンターを作成

ここで設定したプリンターを指定して、印刷データファイルの変換出力を行います。
プリンター作成などの操作の詳細は、『SVF for Java Printユーザーズマニュアル』、または『SVF for PDFユーザーズマニュアル』を参照してください。

印刷データファイルの変換

SVF環境設定で設定したReport Viewer/Report Viewer II用のプリンターを使用して印刷データファイルを変換する方法には、Universal Connect/Xを利用する方法と、API関数から直接指定して行う方法の2種類があります。

Universal Connect/Xを利用する方法

Universal Connect/Xの[動作設定]-[ジョブ]の[出力先]欄に、SVF環境設定で作成したReport Viewer/Report Viewer II用のプリンターを指定します。


出力先]欄にReport Viewer/Report Viewer II用のプリンターを指定

出力ファイル名]欄に出力ファイル名を設定します。


出力ファイル名]欄に出力ファイル名を設定

API関数を利用する方法

API関数から変換する場合も同様に、SVF環境設定で作成したReport Viewer/Report Viewer II用のプリンターをVrSetPrinter関数で指定します。

プリンター名が「RV」の場合

VrInit()
VrSetPrinter("","RV")
VrSetSpoolFileName2("C:\TEST\rvtest")
VrSetForm("C:\SVF\Test.frm",1)
VrsOut("フィールド1","100円")
VrsOut("フィールド2","ウイングアーク")
:
VrEndPage()
VrQuit()
参考

VrSetFormのモードは、「4」「5」も使用できます。

Report Viewer/Report Viewer IIサーバーへの保存

作成した印刷データファイルを、Report Viewer/Report Viewer IIサーバーの「受信ファイルディレクトリ」に転送します。

注意

FTPを使用してReport Viewer/Report Viewer IIサーバーの「受信ファイルディレクトリ」に転送する場合には、バイナリモードで転送してください。

Report Viewer/Report Viewer IIでの表示

Report Viewer/Report Viewer IIサーバーへの転送が終了した後、Report Viewer/Report Viewer IIクライアントから帳票を表示します。


  1. Internet ExplorerのアドレスバーにReport Viewer/Report Viewer IIクライアントのエントリーアドレスを入力します。
    Report Viewer/Report Viewer IIのログイン画面が表示されます。


  2. ユーザID」と「パスワード」を入力し、[ログイン]ボタンをクリックします。
    ログインが成功すると、Report Viewer/Report Viewer IIクライアントのエントリーページである「帳票一覧」が表示されます。


  3. キャビネットやディレクトリをクリックし、その中の帳票リストを確認します。
    目的の帳票を見つけたら、帳票名をクリックします。
    新規にWebブラウザーが起動し、帳票の最新世代が表示されます。

参考

詳細はReport Viewer/Report Viewer IIの使用説明書を参照してください。