4-6-2 CSVファイルを利用してフィールドを作成する

本機能は、Service Pack 2で対応しています。

フィールドの定義情報が保存されているCSVファイルを利用して、フォーム上にフィールドを作成していくことができます。

CSVファイルを用意する

フィールドの定義情報は、次の書式に従って記述します。

  • CSVファイルはカンマ区切りで作成します。
  • CSVファイルはUTF-8で作成します。
  • 先頭行には、カラム名の行が必要です。指定するカラム名は次のとおりです。

    カラム名 説明
    name

    フィールドの[名前]を指定します。必須項目です。
    英数、カナ、漢字、および下線記号(_)が使えます。名前の長さは管理者による設定に合わせて指定できます(初期値は30バイトです)。(Service Pack 6で対応)

    charCountDisp

    フィールドの[桁数]を指定します。必須項目です。
    1~10000の数値を指定します。

    type

    フィールドの[データ型]を指定します。「文字」か「数値」かを0または1で指定します。指定がない場合は「文字」に指定されます。

    • 0 
      文字
    • 1 
      数値
    strComment

    フィールドの[コメント]を入力します。

CSVファイルの記述例

"name","charCountDisp","type","strComment"
"お客様名",20,1,,
"コード",8,1,,
"伝票番号",8,1,,
"住所1",26,1,,
"住所2",26,1,,
"備考",22,1,,
"単価",8,0,,
"取引先コード",6,0,,
注意
  • 読み込めるフィールド情報は1000件です。1000件を超えたフィールド情報は読み込まれません。
  • 必須項目のカラムがない場合は、[参照設定]ウィンドウで、フィールド名の一覧が表示されません。

参考
  • カラムの順番は任意です。
  • 「name」カラムの値が未設定の場合は、[参照設定]ウィンドウで、フィールド名の一覧に読み込まれません。

  • 「charCountDisp」カラムの値が有効範囲ではない場合は、値により、最小値、または最大値としてフィールドが作成されます。
  • 「type」カラムに「0」、または「1」以外の文字が含まれていた場合は、「0」に指定されます。

CSVファイルを追加する

帳票定義にCSVファイルを追加する手順は次のとおりです。


  1. 左ツールバーの[参照設定]ボタンをクリックし、[参照設定]ウィンドウを開きます。


  2. クエリー]を選択した上で、[帳票定義へファイル追加]ボタンをクリックします。


  3. アップロード]ボタンをクリックし、追加するCSVファイルを指定します。
    指定したCSVファイルが[クエリー]に追加されます。


    クエリー]に指定したCSVファイルを追加


  4. 追加したCSVファイルを選択し、[OK]ボタンをクリックします。

フィールドを配置する

CSVファイルを利用してフォーム上にフィールドを作成する手順は次のとおりです。


  1. 左ツールバーの[参照設定]ボタンをクリックし、[参照設定]ウィンドウを開きます。
    クエリー]に追加したCSVファイル名を展開し、フィールド名の一覧を表示します。


  2. 参照設定]からフィールドを選択し、フォームにドラッグ&ドロップします。


    参照設定]からドラッグしてフィールドを配置する

参考
  • 参照設定]のボタンをクリックし、ウィンドウを固定しておくと、連続してフィールドを選択してドラッグ&ドロップできます。

  • フォームにドラッグ&ドロップすると、アイテム名の重複および利用可能な名前かをチェックします。エラーとなる場合は、「Field+連番」に名前を変更してフィールドを作成し、メッセージボックスにエラー内容を表示します。