5-4 設計関数

計算式・編集式で使用できる設計関数について説明します。

制限事項

「NUMSTR」、「NUMVAL」、「SEI2WA」、「SEI2WA1」、「SEI2WA1Z」、「WA2SEI」、「NENGO」、および「WYEAR」は、日本語以外の様式では使用できません。

注意

文字列関数「AT」、「LEFT」、「LEN」、「RIGHT」、「MID」はサロゲートペア文字に対応していませんので、サロゲートペア文字を使用する場合は、関数名の末尾にW文字が付いた関数「ATW」、「LEFTW」、「LENW」、「RIGHTW」、「MIDW」を使用してください。

文字列関数

関数名 機能
AT 半角文字を1桁、全角文字を2桁として数えた場合に、指定された文字列が先頭から何桁目にあるかを数値型データで取得します。先頭にある場合は1です。
全角/半角の判定は、SVF固有の仕様に基づきます。
ATW 指定された文字列が、文字型データの先頭から何文字目にあるかを数値型データで取得します。先頭にある場合は1です。
LEFT 半角文字を1桁、全角文字を2桁として、先頭から指定した桁数分の文字列を取得します。
全角/半角の判定は、SVF固有の仕様に基づきます。
LEFTW 先頭から指定した文字数分の文字列を取得します。
LEN 半角文字を1桁、全角文字を2桁として数えた場合のデータの桁数を数値型データで取得します。
全角/半角の判定は、SVF固有の仕様に基づきます。
LENW データの文字数を数値型データで取得します。
REP 文字を指定回数分、繰り返し印刷します。
RIGHT 半角文字を1桁、全角文字を2桁として、データの末尾から指定した桁数分の文字列を取得します。末尾は1です。
全角/半角の判定は、SVF固有の仕様に基づきます。
RIGHTW データの末尾から指定した文字数分の文字列を取得します。末尾は1です。
SPC 指定した文字数分の半角スペースを挿入します。
MID 半角文字を1桁、全角文字を2桁として、文字の開始位置から指定した桁の位置を先頭とし、指定した桁数分の文字列を取得します。
全角/半角の判定は、SVF固有の仕様に基づきます。
MIDW 指定した開始位置から指定した文字数分の文字列を取得します。
REPLACE 文字、または文字列を指定文字列に置き換えます。
REVERSE 文字列を逆順にします。

変換関数

関数名 機能
TOASC 全角文字を半角文字に変換します。
TOJIS 半角文字を全角文字に変換します。
TOLOWER 英字の大文字を小文字に変換します。
TOUPPER 英字の小文字を大文字に変換します。
ABS 絶対値を数値型データで取得します。
ASC 文字を10進数の数値型データとして取得します。
CHR 10進数の数値データを文字に変換します。なお、数値(10進)は0から65,535までの範囲で指定します。
INT 小数点以下を切り捨て、整数表示にします。
ROUND 数値型データを指定された位置の桁で四捨五入します。
STR 数値型データを文字型データに変換します。
VAL 文字型データを数値型データに変換します。
NUMSTR 数値型データを文字型データ(漢数字)に変換します。
NUMVAL 文字型データ(漢数字)を数値型データに変換します。

日付関数

関数名 機能
DTOC 日付型データ(YYYYMMDD)を文字型データ(YYYY/MM/DD)に変換します。
DATE システム日付を取得します。
IDATE システム日付を取得します。
CTOD 文字型データ(YYYY/MM/DD)を日付型データ(YYYYMMDD)に変換します。
CDOW 日付型データ(YYYYMMDD)から曜日名を文字型データとして取得します。
ADATE 日付型データ(YYYYMMDD)に指定された日数を加算(減算)した日付型データ(YYYYMMDD)を取得します。
YEAR 日付型データ(YYYYMMDD)の西暦年だけを数値型データとして取得します。
WYEAR 日付型データ(YYYYMMDD)の和暦年だけを数値型データとして取得します。
MONTH 日付型データ(YYYYMMDD)の月だけを数値型データとして取得します。
MONTH2 日付型データ(YYYYMMDD)の月だけを文字型データとして取得します。
DAY 日付型データ(YYYYMMDD)の日だけを数値型データとして取得します。
DOW 日付型データ(YYYYMMDD)の値から曜日を算出し、対応する数値型データを取得します。
CDATE 期間内の日数を算出し、数値型データで取得します。
SEI2WA / SEI2WA1 / SEI2WA1Z 西暦の日付データを和暦変換した文字型データとして取得します。
WA2SEI 和暦の文字型データを西暦変換し、日付型データとして取得します。
NENGO 西暦の日付データから和暦の年号を取得します。

時刻関数

関数名 機能
TTOC 時刻型データ(HHMMSS)を文字型データ(HH:MM:SS)に変換します。
TIME システム時刻を取得します。
ITIME システム時刻を取得します。
CTOT 文字型データ(HH:MM:SS)を時刻型データ(HHMMSS)に変換します。
HOUR 時刻型データ(HHMMSS)の時間部分(HH)だけを数値型データとして取得します。
MINT 時刻型データ(HHMMSS)の分部分(MM)だけを数値型データとして取得します。
SEC 時刻型データ(HHMMSS)の秒部分(SS)だけを数値型データとして取得します。

統計関数

関数名 機能
SUM / PSUM / RSUM / GSUM 数値型フィールドの合計値を計算します。
AVG / PAVG / RAVG / GAVG 数値型フィールドの平均値を計算します。
MIN / PMIN / RMIN / GMIN 文字型、数値型フィールドの最小値を計算します。
MAX / PMAX / RMAX / GMAX 文字型、数値型フィールドの最大値を計算します。
COUNT / PCOUNT / RCOUNT / GCOUNT 文字型、数値型フィールドの出力データ件数を計算します。

条件付き関数

関数名 機能
SUM / AVG / MIN / MAX / COUNT SUM、AVG、MIN、MAX、COUNTのすべての各統計関数で、指定した条件に合ったデータのみを計算対象データとして計算します。

印刷書式関数

関数名 機能
FORMAT/ FORMAT2 指定した書式でデータを編集し、印刷します。

その他の関数

関数名 機能
SELECT 指定された番号でデータを選択し、表示データに設定されたデータから取得します。
IF 指定条件に応じたデータを返します。
PAGE 連続するページ番号(連番)を文字型データで取得します。

システム変数

変数名 機能
_PAGE_CNT キーブレイクによる改ページの単位のページ番号(連番)を数値型データで取得します。
_PREV_P キーブレイクによる改ページの単位の、先頭ページの判断に使用します。
_NEXT_P キーブレイクによる改ページの単位の、最終ページの判断に使用します。
_PAGE_GROUP_COUNT ページのグループ連番を数値型データで取得します。
_TOTAL_PAGE_COUNT 総ページ数を数値型データで取得します。
_TOTAL_PAGE_CNT キーブレイクごとの総ページ数を数値型データで取得します。
_SERIAL_PAGE_COUNT VrInit~VrQuit関数間での帳票連番を数値型データで取得します。

グローバル変数

変数名 機能
$グローバル変数名$ VrInit~VrQuit関数までの間、有効な文字型データのパラメーター値として定義できる変数です。