5-4-4 システム変数

属性式では、計算式・編集式と共通するもののほかに、次のシステム変数が利用できます。計算式・編集式と共通するシステム変数に関しては、「4-4-9 システム変数」を参照してください。

変数名
機能
_SUBFORM_NO ページ内での何番目のサブフォームであるかを取得します(リンクサブフォームでない場合は、「1」固定です)。
_REPEAT_NO 繰り返しアイテムの中の行番号を取得します(1~)。
_FORMCOPY_NO ページ内での何番目の連写であるかを取得します(1~)。
_RECORD_DATA_NO 様式内での何番目の明細レコード出力であるかを取得します(1~)。
_RECORD_OUTPUT_NO 様式内での何番目のレコード出力(全種類)であるかを取得します(1~)。

_SUBFORM_NO

機能 ページ内での何番目のサブフォームであるかを取得します。
(リンクサブフォームでない場合は、「1」固定です。)
説明 サブフォーム内アイテムで使用することにより、そのページ内における何番目のサブフォームかがこの変数に格納されます。
注意

連写を使用している様式では連写ごとにリセットされます。

使用例 固定文字を、リンク先のサブフォーム内にある場合は「続き」とし、そうでない場合は何も出力しないようにします。
IF(_SUBFORM_NO<>1, TEXT("続き"), TEXT(""))

_REPEAT_NO

機能 繰り返しアイテムの中の行番号を取得します(1~)。
説明 繰り返し内アイテムで使用することにより、その繰り返し内における行番号がこの変数に格納されます。
使用例 繰り返しの3行目の場合のみ、アイテムを非表示にします。
IF(_REPEAT_NO=3, VISIBLE(0), VISIBLE(1))

_FORMCOPY_NO

機能 ページ内での何番目の連写であるかを取得します(1~)。
説明 連写内アイテムで使用することにより、そのページ内における何番目の連写かがこの変数に格納されます。
使用例 3番目の連写での場合のみ、アイテムを非表示にします。
IF(_FORMCOPY_NO=3, VISIBLE(0), VISIBLE(1))

_RECORD_DATA_NO

機能 様式内での何番目の明細レコード出力であるかを取得します(1~)。
説明 明細レコード内アイテムで使用することにより、その様式内における何番目の明細レコード出力かがこの変数に格納されます。
注意
  • ソートモード時でも出力順にカウントされます。データの行番号とはならないケースがあります。
  • 明細レコードが複数定義されている場合は、同じ番号のレコードが複数生じます。
使用例 明細レコード5行(回)出力ごとに、文字色をパレットカラー11番(既定の設定では、赤)にします。
IF(_RECORD_DATA_NO%5=0, TEXT_COLOR(11))

_RECORD_OUTPUT_NO

機能 様式内での何番目のレコード出力(全種類)であるかを取得します(1~)。
説明 レコード内アイテムで使用することにより、その様式内における何番目のレコード(全種類)出力かがこの変数に格納されます。
注意
  • ソートモード時でも出力順にカウントされます。データの行番号とはならないケースがあります。
  • 明細レコードが複数定義されている場合でも、1レコード出力ごとにカウントアップされます(同じ番号のレコードは生じません)。
  • 固定位置に出力するレコードが存在する場合は、上からの通し番号とならないケースがあります。
使用例 レコード4行出力ごとに、面色をパレットカラー3番(既定の設定では、水色)にします(サブフォームの展開方向が「横」の場合は、左から)。
IF(_RECORD_OUTPUT_NO%4=0, FILL_COLOR(3))