第6章 クエリーの設計