6-2-2 [SQL]タブ

SQL]タブでは、SQL文やSQLの実行結果をファイルに保存するときの文字コード、ファイルの改行コードを指定します。
ここで設定した内容が、デフォルトの設定として保存されます。


動作設定]ダイアログ-[SQL]タブ(初期値)

項目
説明
CSVファイル保存 SQLの実行]で表示された結果をCSVファイルとして保存するときの出力を設定します。
出力文字コード、改行コード、区切り文字を指定します。またすべてのフィールドに引用符を付けて出力したい場合は、[各フィールドを引用符で囲む]欄のチェックを付け、[引用符]欄に使用する引用符を入力します。
XMLファイル保存
SQLの実行]で表示された結果をXMLファイルとして保存するときの出力文字コードを指定します。
SQLファイル保存 SQLの実行]で実行したSQL文をファイルに保存するときの出力文字コード、改行コードを指定します。