6-5-7 空白列を挿入する

クエリーグリッドに空白列、または空白行を挿入したい場合は、次の手順で操作します。


  1. 空白列(行)を挿入したい列(行)のセルをクリックし、アクティブの状態にします。


    セルを選択


  2. マウスを右クリックし、表示されるポップアップメニューから[新しい項目の追加]を選択します。


    新しい項目の追加]を選択

    グリッドが横表示の場合は、選択状態にあるセルが属する列の左に空白列が挿入されます。
    グリッドが縦表示の場合は、選択状態にあるセルが属する行の上に空白行が挿入されます。


    空白列の場合

    グリッド列(行)が選択状態となっている場合は、空白列(行)の挿入位置には注意が必要です。

    例えば次のような状態の場合は、「LOC」は選択状態にありますが、アクティブではありません。アクティブ状態にあるのは青く反転している「DNAME」の[DBフィールド名]欄です。そのため、空白列は「LOC」の左ではなく、「DNAME」の左に挿入されます。


    新しい項目の追加]を選択


    アクティブな項目がある列の左に空白列が追加される

    選択状態にある列で、いずれかの項目欄がアクティブになっている場合は、次のようにオレンジ色で反転表示されます。この状態では「LOC」の左に空白列が挿入されます。


    選択状態にある列の項目がアクティブの場合