6-5-1 出力フィールドを選択する

テーブルからデータとして出力するフィールド(出力フィールド)を選択するには、次の手順で操作します。


  1. テーブル表示エリアのテーブルから、出力するフィールドを選択します。
    同じテーブル上であれば、Shiftキーを押しながら連続選択、またはCtrlキーを押しながら複数のフィールドを選択できます。

    参考
    • クエリーグリッドの表示方向は、切り替えボタンをクリックして変更できます。

    デフォルトでの表示方向は、[設定]-[動作設定]-[一般]タブの[クエリーグリッドを縦に表示する]で設定されています。

    • 最初にデータの出力先となる[印刷フィールド]を設定しておくと、[印刷フィールド]名を確認しながら対応するテーブルのフィールドを設定できます。印刷フィールドの設定方法については、「6-5-3 印刷フィールドを設定する」を参照してください。

  2. クエリーグリッドの[DBフィールド名]欄にドラッグ&ドロップします。
    選択しているフィールドをダブルクリックしても追加できます。
    Shiftキーを押しながら連続選択、またはCtrlキーを押しながら複数のフィールド選択をすることもできます。


    クエリーグリッドにフィールドを追加

    取り込まれたテーブル上のフィールド項目については、テーブル名が[DBテーブル名]に、項目名が[DBフィールド名]として表示されます。
    印刷フィールド]が指定されていない場合は、自動的に[DBフィールド名]が印刷フィールドと指定されます。
    クエリーグリッドでの設定項目の詳細は、次項「6-5-2 クエリーグリッドでの設定項目」を参照してください。


    クエリーグリッドでの属性項目


  3. 出力するすべてのフィールドを、クエリーグリッドに設定します。