6-7-4 出力結果をファイルに保存する

SQLの出力結果を、CSVファイル、またはXMLファイルに保存できます。


  1. 結果の保存]から、[CSVファイルに保存]、または[XMLファイルに保存]を選択します。


    結果の保存形式を選択

    結果の保存]ダイアログが表示されます。


    結果の保存]ダイアログ


  2. 保存先ディレクトリを選択し、ファイル名を入力後、[保存]ボタンをクリックします。
    SQLの出力結果が、CSVファイルまたはXMLファイルとして保存されます。

    注意

    XMLファイルに保存する場合は、クエリーグリッドの[印刷フィールド名]に指定された文字列がXMLの要素名として使われます。その指定された文字列にXMLの要素名として利用できない文字(全角数字や半角カタカナなど)が含まれていると、正しくXMLファイルを作成できません。


    CSVファイル(上)とXMLファイル(下)