6-6-4 並べ替え

クエリーの結果をソートしてSVF実行部に引き渡すことができます。
Query Designerでは、複数のDBフィールドに対して並べ替えを指定した場合は、[並べ替え順]を指定することで並べ替え用のソートキーを作成できます。
並べ替え]でデータのソートのみを指定して[並べ替え順]を指定しない場合は、クエリーグリッドに表示されているDBフィールドの左から順に右方向(上から順に下方向)にソートのレベルが設定されます。

参考

設定]-[様式の設定]で「印刷実行前に設定に従ってソートする」にチェックが付いている場合は、ここで指定した並べ替えではなく、様式ファイルで指定した昇順、降順設定が有効です。チェックを外すと、クエリーで設定した並べ替えが有効になります。

並べ替え例

[並べ替え順]を指定しない場合

  • 設定
    並べ替えを設定していないクエリーに次の設定をします。

    項目 設定
    並べ替え 指定あり
    並べ替え1: [SAL]降順
    並べ替え2: [DEPTNO]昇順
    並べ替え順 指定なし

    この並べ替えを設定した図は、次のとおりです。


    並べ替えを設定

  • SQL実行結果
    次のように変化します。


    並べ替え前(上)と並べ替え後(下)

[並べ替え順]を指定する場合

  • 設定
    並べ替えを設定していないクエリーに次の設定をします。

    項目 設定
    並べ替え 指定あり
    並べ替え1: [DEPTNO]昇順
    並べ替え2: [SAL]降順
    並べ替え順 指定あり
    並べ替え1: [DEPTNO]昇順
    並べ替え2: [SAL]降順

    この並べ替えを設定した図は、次のとおりです。


    並べ替えを設定

  • SQL実行結果
    次のように変化します。


    並べ替え前(上)と並べ替え後(下)

参考
SVFX-Designerでは、XML様式ファイル設計時にデータの並べ替えを指定することも可能です。
Query Designerからのテスト印刷時に、様式ファイル設計時のキー順とクエリーでの並べ替え順が違う場合は、Query Designerの[ 設定]-[ 様式の設定]-[ 印刷実行前に設定に従ってソートする]にチェックを付けることで、様式ファイルのキー順でデータが再ソートされて出力されます。

 

制限事項

並べ替え順]にソートキーを指定する場合は、同一指定番号を指定しないようにしてください。同一キーが指定された場合は、キー番号が赤で表示されます。


並べ替え順]に同一キーを指定すると赤で表示される