3-2-6 範囲/OCR設定

範囲/OCR 設定]では、アイテムの選択モード、OCR抽出時の文字の調整や固定文字のフォント指定などについて設定します。



動作設定]ダイアログ-[範囲/OCR 設定

範囲選択モード

項目
説明

完全に範囲内に入っているアイテムを選択する

チェックを付けると、選択範囲に完全に囲まれたアイテムだけが選択できるようになります。チェックを外すと、選択範囲内に一部でも含まれたアイテムを選択できるようになります。

制限事項

範囲選択モード]の設定は、同じ階層に属するアイテムが対象です。サブフォームとレコードや、レコードとフィールドのように、親子関係が発生するアイテムについては、サブフォームとレコードとフィールドをすべて範囲に含めて選択した場合でも、最上位の親となるサブフォームアイテムのみが選択されます。そのほかの階層のアイテムを選択する場合は、フォームウィンドウかナビゲーターの[階層別]タブで、アイテムをShiftキー+クリックする必要があります。

OCR設定

項目
説明
読み込みモード

様式ファイルの言語に応じて、選択できる[読み込みモード]が切り替わります。

様式ファイルの言語
選択できる読み込みモード
日本語
  • 日本語
    英字、数字、ひらがな、カタカナ、記号、漢字を認識できるようになります。

  • 英語
    英字、数字、記号を認識し、すべて半角文字として取り込みます。漢字のような半角文字に変換できない文字を認識させると文字化けします。

中国語(簡体字)
  • 中文
    英字、数字、記号、簡体字を認識できるようになります。

  • 英文
    英字、数字、記号を認識し、すべて半角文字として取り込みます。半角文字に変換できない文字を認識させると文字化けします。

中国語(繁体字)
  • Traditional Chinese
    英字、数字、記号、繁体字を認識できるようになります。

  • English
    英字、数字、記号を認識し、すべて半角文字として取り込みます。半角文字に変換できない文字を認識させると文字化けします。

韓国語
  • Korean
    英字、数字、記号、韓国漢字、ハングルを認識できるようになります。

  • English
    英字、数字、記号を認識し、すべて半角文字として取り込みます。半角文字に変換できない文字を認識させると文字化けします。

参考

英語、チェコ語、フランス語、タイ語では読み込みモードの指定はできません。

文字の調整

  • サイズ固定
    固定文字アイテムの文字サイズを、右側の[サイズ]項目のサイズで取り込みます。チェックを付けると、[サイズ]項目を入力できるようになります。

  • サイズ
    取り込む固定文字アイテムの文字サイズを指定します。
    単位はポイントで、入力範囲は1.0 ~ 96.0です。

  • ピッチ調整
    チェックを付けると、下絵内の文字の位置にできるだけ近づくように、固定文字アイテムの[ピッチ(dot)]プロパティの値を調整します。

参考

ピッチ調整]は、様式ファイルの言語がタイ語の場合は、表示されません。

固定文字、直線の設定

  • グラフィックモード
    チェックを付けると、OCRの機能で取り込んだ固定文字や罫線はプロパティエディターの[グラフィックモード]がオンの状態になります。

  • 全角フォント
    取り込んだ固定文字アイテムの[全角フォント]プロパティに設定されます。[グラフィックモード]がオンの場合は、リストにプロポーショナルフォントも表示されます。

  • 半角フォント
    取り込んだ固定文字アイテムの[半角フォント]プロパティに設定されます。[グラフィックモード]がオンの場合は、リストにプロポーショナルフォントも表示されます。

参考

日本語、中国語簡体字、中国語繁体字、韓国語様式編集時以外は、[全角フォント]は表示されません。

傾き補正

(Service Pack 5で対応)

OCR抽出時に、傾き補正を行うかどうかを指定します。チェックを付けると傾き補正を行います。
帳票イメージから文字を読み込む]、[帳票イメージから罫線を読み込む]機能でOCR認識処理に失敗した場合、傾き補正をしない設定にします。

制限事項
  • 下絵での文字と比べて、固定文字として取り込んだ文字のサイズが大きく異なってしまう場合があります。
  • 角丸矩形の角丸部分を文字として取り込んでしまう場合など、下絵にはない文字が取り込まれる場合があります。
  • 文字に下線が設定されている場合、正しく取り込めないことがあります。
  • A3までの用紙サイズの取り込みに対応しています。
  • 読み込み可能な画像形式は、非圧縮TIFF(.tif、.tiff)、G3圧縮TIFF、G4圧縮TIFF、BMP(.bmp)、JPEG(.jpg、.jpeg)、GIF(.gif)、PNG(.png)です。
  • パステル系の明るい色(黄色、黄緑色、水色など)の文字、罫線は認識されない場合があります。
  • 罫線の色は区別されず、黒色として認識されます。