3-2-13 OpenOffice.org

OpenOffice.org]では、オフィスソフト「OpenOffice.org」を使用してWord、Excelなどのファイルをインポートし、XML様式ファイルを作成するときの設定をします。


動作設定]ダイアログ-[OpenOffice.org

制限事項

日本語、および英語様式編集時以外では、[OpenOffice.org]機能は使用できません。

項目
説明
OpenOffice.orgのインストールパス OpenOffice.org のインストールディレクトリが表示されます。確認用に表示している情報のため、変更はできません。
ポート番号 OpenOffice.org をサーバーとして起動する際の待ち受けポートの番号を指定します。指定のポート番号を別のプログラムで使用しているときに変更します。
グラフィックモード チェックを付けると、操作モードがベーシックモードの場合でも、OpenOffice.orgを利用してインポートしたファイルの固定文字や罫線、イメージアイテムについては、[プロパティエディター]の[グラフィックモード]がオンになります。
共通ページ チェックを付けると、インポートしたページのすべてのアイテムが共通ページに配置されます。
カラーモード
チェックを付けると、インポートした様式ファイルの用紙プロパティの[カラー・モード]がオンになり、元のファイルで固定文字や図形に指定された色が印刷色に反映されるようになります。
解像度 用紙」の解像度を指定します。
デフォルトフォント
  • 全角フォント
    動作設定]ダイアログの[フォント選択]にある全角フォントリスト以外のフォントがインポート元の全角文字に設定されている場合は、置き換えるフォントを選択します。
  • 半角フォント
    動作設定]ダイアログの[フォント選択]にある半角フォントリスト以外のフォントがインポート元の半角文字に設定されている場合は、置き換えるフォントを選択します。
参考
  • デフォルトフォント]で選択できるフォントのリストは[動作設定]ダイアログの[フォント選択]で設定するフォントリストと同じです。
  • フォントリストとは、フォームウィンドウが開いていない状態で[動作設定]の[フォント選択]で設定したものです。
  • インポートする文書内のフォントがフォントリストに存在する場合は、インポートする文書と同じフォントが適用されます。
  • 英語様式編集時は、[全角フォント]は表示されません。
色の設定方法
  • 同じ色がなければ類似色を使用
    インポート元のアイテムに色が指定されている場合は、パレットカラーの中でそれぞれに最も近い色(R/G/Bの値の差分が最も小さい色)を選択します。
  • 同じ色がなければページカラーを使用
    インポート元のアイテムに色が指定されている場合は、パレットカラーの中で、インポート元のアイテムに設定されている色と同じ色がなければページカラーを選択します。
参考

インポートで使用するパレットカラーは、[ファイル]-[初期値設定を保存]を選択したときに保存される初期値のパレットカラーです。