3-4-3 用紙の書式を設定する

Excel、Wordファイルのインポート以外の方法で新規にXML様式ファイルを作成する場合は、必ず最初に用紙の書式を設定します。新規フォームを作成し、[プロパティエディター]で用紙のプロパティを設定します。
用紙のプロパティは、フォームウィンドウ上で、アイテムが配置されていない部分をクリックすると表示されます。


プロパティエディター]で用紙を設定する

プロパティエディター]で設定するプロパティは次のとおりです。

プロパティ
説明
用紙サイズ 使用する用紙のサイズを選択します。選択できる用紙は次のとおりです。
はがき]、[A5]、[A4]、[A3]、[B5]、[B4]、[レター]、[連帳]、[フリー
  • 選択した用紙サイズ/用紙方向に応じて、フォームウィンドウ内に、印刷可能範囲の目安がグレーの枠線で表示されます。
  • 連帳](連続帳票)を選択した場合: 縦サイズを1/6インチ単位、横サイズを1インチ単位で設定します。
  • フリー]を選択した場合: [フリーの縦サイズ(mm単位)]および[フリーの横サイズ(mm単位)]を、それぞれ10から2540mmの範囲で設定します。
制限事項

中国語簡体字様式編集時に[フリー]の設定で印刷可能な機種は、PDF、EMF、EMFPLUSです。

注意

フォームウィンドウに表示されているグレーの枠線は印刷可能範囲の目安です。枠線の近くに配置されているアイテムが印刷できるかどうかは、実際に印刷して確認してください。

参考
  • 印刷可能なフリーの用紙サイズの範囲は、プリンター実機の仕様に依存します。出力先機種の「用紙の幅の範囲」「用紙の高さの範囲」を確認し、用紙サイズを設定してください。
  • フリーサイズで印刷可能な機種は、ART4、LIPS4、RPCS、RPDL2、PostScript、DP Series、DotPrinter、SATO、TEC、MultiCoder、Zebra、PDF、EMF、EMFPLUS、Excel(Service Pack 4で対応)です。
  • 印刷可能範囲は、[設定]-[動作設定]-[その他]の[印字不可領域]で用紙サイズごとに変更できます。
用紙方向 用紙の向きを[]または[]から選択します。
  • 縦(ポートレート)は縦長方向に、横(ランドスケープ)は横長方向に印刷されます。
連帳の縦サイズ(1/6inch単位)
連帳の縦サイズを1/6インチ単位で指定します。
  • 連帳の高さはデフォルトで11インチとなっています。実際の用紙サイズが11インチに満たない高さの場合は、連帳の縦サイズを指定する必要があります。
参考

ドットプリンターから出力する帳票を設計する場合、連帳の縦サイズを3の倍数となるように指定することで改ページずれを防げます。不定形な用紙サイズの場合は、複数ページ分をまとめて1つの帳票として設計するなどの工夫をしてください。
例: 1ページ分のデータが22/6インチの帳票の場合
22/6=約3.7インチは、不定形な用紙サイズです。このような用紙の場合は、用紙の縦サイズを3の倍数となるように計算し、複数ページ分の印刷を1つの帳票として設計します。
22*3=66となるため、連帳の縦サイズは66/6インチを指定します。
帳票設計の際には、3ページ分のデータをまとめて1つの帳票として設計してください。

連帳の横サイズ(inch単位) 連帳の横サイズを1インチ単位で指定します。
  • 連帳の幅はデフォルトで15インチとなっていますが、実際の印字可能範囲は13.6インチです。実際の用紙サイズが15インチに満たない幅の場合でも、デフォルトの設定で特に問題はありません。
フリーの縦サイズ(mm単位) フリーサイズ用紙の縦サイズをmm単位で指定します。
  • プリンターによって制限があります。詳しくは『SVF for Java Printユーザーズマニュアル』、『SVF for PDFユーザーズマニュアル』を参照してください。
フリーの横サイズ(mm単位) フリーサイズ用紙の横サイズをmm単位で指定します。
  • プリンターによって制限があります。詳しくは『SVF for Java Printユーザーズマニュアル』、『SVF for PDFユーザーズマニュアル』を参照してください。
印字位置調整(X)(mm) 指定された値だけ印字位置を横方向に移動します。
  • フォームウィンドウ上のすべてのアイテムが移動対象です。負数は左、正数は右方向に移動します。
印字位置調整(Y)(mm) 指定された値だけ印字位置を縦方向に移動します。
  • フォームウィンドウ上のすべてのアイテムが移動対象です。負数は上、正数は下方向に移動します。
カラー・モード チェックを付けると、各アイテムに設定されている印刷色で印刷されます。
チェックを外すと、印刷色を設定していても無視され、モノクロ印刷になります。
複写部数 出力する部数を指定します。
  • 複写部数は、SVF実行部での出力時にVrCopy関数を使用して指定することも可能です。
    詳細は、『SVF Java PRODUCTS API関数 リファレンスマニュアル』を参照してください。
綴り枚数 帳票の1組を構成する枚数を1~30の範囲内で指定します。
  • ドットプリンターからの出力には使用できません。
自動改ページ 繰り返しアイテムが配置されている帳票をVrSetFormのランダムモード(設定値1)で実行した場合に、プログラム側で設計された行を超えた行番号が指定されたときの改ページ動作を指定します。
チェックを付けると、自動的に改ページされ、超過した明細行データは次ページに出力されます。
チェックを外すと、ページの範囲から超過した明細行データは無視されます。
詳細は、『SVF Java PRODUCTS API関数 リファレンスマニュアル』を参照してください。
参考

VrSetFormのモードのレポートライターモード(設定値4、5)で印刷した場合は、ここでの設定にかかわらず、どのような設計方法の帳票でも必ず自動改ページが実行され、明細行を超過したデータは次ページに出力されます。

リンクフォーム名 自動改ページ]のチェックを付けた繰り返し帳票をランダムモードで使う場合およびレポートライターモードで使う場合に、改ページ後に使用するフォームを指定します。
  • リンクフォーム名が指定されていないときは、1ページ目と同じフォームに超過したデータが出力されます。[リンクフォーム名]欄を選択して表示される[...]をクリックし、次に表示される[開く]ダイアログから、リンクフォーム(XML様式ファイル)を選択して、ファイルを指定します。
  • リンクフォーム名]で指定したパスにXML様式ファイルがない場合、リンク元のXML様式ファイルのパスと、実行部の環境設定の[検索パス]で指定したパスで様式ファイルを検索します。
注意

リンクフォームとして指定したXML様式ファイルに、リンク元のXML様式ファイルと同一のフィールド名、サブフォーム名、およびレコード名がない場合は、正常に出力されません。

用紙コード 用紙コードを入力します。用紙コードは、ReportDirectorEnterpriseを使用するときに、プリンターへの出力時の指定として「用紙変更メッセージ」を表示する際のキー情報です。用紙コードが変わると「用紙変更メッセージ」が表示されます。
様式名 様式の名称を入力します。任意の入力です。
様式名(カナ) 様式名をカナ文字で入力します。任意の入力です。
両面印刷モード 片面印刷か、両面印刷かを指定します。両面印刷の場合は、綴じ方向も合わせて選択します。
印刷実行時にVrSetDuplex関数を使用して指定することも可能です。
詳細は、『SVF Java PRODUCTS API関数 リファレンスマニュアル』を参照してください。
両面印刷マージン(mm) 両面印刷時のマージンを指定します。
印刷実行時にVrSetDuplex関数を使用して指定することも可能です。
詳細は、『SVF Java PRODUCTS API関数 リファレンスマニュアル』を参照してください。
トレイ選択 印刷時に、指定したトレイから出力します。
ここで指定するトレイ番号がプリンターのどのトレイに対応するかは[SVF環境設定]で定義されています。設定は、プリンター機種によって異なります。 詳細は、『SVF for Java Printユーザーズマニュアル』を参照してください。
印刷実行時にVrSetTray関数を使用して指定することも可能です。
詳細は、『SVF Java PRODUCTS API関数 リファレンスマニュアル』を参照してください。
制限事項

指定したトレイに出力する用紙サイズと同じサイズが指定されていないと、プリンターがエラーを表示します。トレイの取り扱いに関しては、プリンターのマニュアルを参照してください。

縮小モード 印刷時に、指定した縮小モードのサイズに拡大/縮小して出力します。
参考

SVF環境設定の出力先プリンタープロパティで、[拡大縮小モード]に「様式に従う(プリンター機能を使う)」を設定しても、[縮小モード]で指定したサイズには対応していない場合があります。出力先プリンターの機種別の詳細は、『

SVF for Java Printユーザーズマニュアル』を参照してください。

ANK/漢字文字比率 半角文字と全角文字の文字送り幅(文字幅+文字ピッチ)の比率を指定します。SVFX-Designerウィンドウ上には反映されず、印刷時のみ適用されます。
制限事項

中国語簡体字様式では、この機能は使用できません。

参考

ベーシックモードの場合のみ対応しています。対応している機種については、『

SVF for Java Printユーザーズマニュアル』または『SVF for PDFユーザーズマニュアル』を参照してください。「 3/2」を指定した場合はSVF環境設定の[ Ank3/2漢字設定]の設定が使われます。

用紙色 フォームウィンドウでの用紙の表示色を選択します。
  • 実際の出力時に色紙を使う場合などに有用です。用紙色を設定することで、実際の出力に近いイメージで設計できます。ただし、[用紙色]での設定はアイテムを設計しやすくするための色設定であり、出力には影響しません。
  • 詳細]をクリックすると、[色の選択]ダイアログが表示され、任意の用紙色を作成できます。
PDFレイヤー PDFファイルにPDFレイヤーを出力するか指定します(PDFレイヤーとは、Adobe Reader 6.0から追加されたレイヤー機能です)。
紙種 印刷時に、指定した紙種で出力します。
ここで指定する紙種番号がどの種類に対応するかは[SVF環境設定]で定義されています。設定は、プリンターごとに異なります。
詳細は、『SVF for Java Printユーザーズマニュアル』を参照してください。
SVF実行部の数値データ編集記号に従う
(Service Pack 2対応)
様式ファイルの言語(SVFロケール)ごとの既定の数値データ編集記号を使用するかを指定します。
  • チェックを付ける(初期値)
     SP1までと同じ動作です。様式ファイルの言語(SVFロケール)ごとの既定の数値データ編集記号を使用します。
  • チェックを外す
     様式ファイルで使用する[通貨記号]、[小数点記号]、[桁区切り記号]を個別に指定します。

様式ファイルの言語(SVFロケール)ごとの既定値は次のとおりです。

様式ファイルの言語桁区切り小数点通貨記号
日本語カンマピリオド(U+005C)、$、(U+00A5)
中国語簡体字カンマピリオド(U+00A5)、$
中国語繁体字カンマピリオド(U+005C)、$
英語カンマピリオド$、
フランス語、チェコ語ノーブレークスペースカンマ$、
韓国語カンマピリオド(U+005C)、$、
タイ語カンマピリオド(U+005C)、$、
注意
  • SVF実行部の数値データ編集記号に従う]のチェックを外したXML様式ファイルを、SP1の環境またはSPが適用されていない環境で利用した場合、以下のような動作となります。
    • SVFX-Designerで開く
      指定した様式ファイルごとの編集記号の設定は削除されます。ただし、編集式、チャートのラベルにすでに指定されている記号はそのまま残ります。
    • SVF実行部で利用する
      数値データとして正しく出力されません。
通貨記号
(Service Pack 2対応)  
SVF実行時に使用する通貨記号を指定します。指定した記号は、SVFX-Designerの以下の設定の[付加表示記号]のドロップダウンリストに反映されます。
  • 編集式の[数値データの編集]ダイアログ
  • チャートのラベルで[フォーマット]に「SVFフォーマット」を選択したとき
小数点記号
(Service Pack 2対応)
SVF実行時に使用する小数点記号を指定します。指定した記号は、SVFX-Designerの以下の設定の小数点記号に反映されます。
  • 編集式を[数値データの編集]ダイアログの[FORMAT 生成]、[FORMAT2 生成]ボタンで自動生成したFORMAT、FORMAT2関数
  • チャートのラベルで[フォーマット]に「SVFフォーマット」を選択して、[生成]ボタンで自動生成した書式
桁区切り記号
(Service Pack 2対応)
SVF実行時に使用する桁区切り記号を指定します。指定した記号は、SVFX-Designerの以下の設定で、[カンマ編集]に「する」を指定した場合の桁区切りに反映されます。
  • 編集式を[数値データの編集]ダイアログの[FORMAT 生成]、[FORMAT2 生成]ボタンで自動生成したFORMAT、FORMAT2関数
  • チャートのラベルで[フォーマット]に「SVFフォーマット」を選択して、[生成]ボタンで自動生成した書式