3-5-13 アイテムの位置を揃える

Form Designerでは複数のアイテムを整列させることや、用紙を基準にして揃えることができます。
アイテムの位置を揃える方法には、次の3つが用意されています。

  • 編集]-[整列]、または[整列]ボタンを使用する
    整列線を利用して位置を調整します。
  • 編集]-[揃え]を使用する
    選択中のアイテムの外側に垂直/水平直線、矩形、サブフォーム、レコード、連写がある場合は、そのアイテムを基準に、ない場合は用紙の端を基準に整列させます。
  • 位置調整パレット]を使用する
    パレットのボタンを利用して整列、揃えの処理をします。

[整列]で位置を揃える

編集]-[整列]を選択、または[整列]ボタンで位置を揃える場合は、次のように操作します。

  1. アイテムを選択する

    位置を調整するアイテムを選択します。

  2. [整列]を選択する

    編集]-[整列]を選択するか、または[整列]ボタンをクリックします。
    垂直方向の整列線が表示されます。
    Enterキーを押すたびに、整列線の方向を水平方向、垂直方向に切り替えることができます。

  3. 揃え位置を選択する

    アイテムを揃える位置に整列線を表示させます。

    水平方向の整列線はマウスカーソルの位置によって、選択したアイテムの上端、上下中央、下端に表示されます。垂直方向の整列線はマウスカーソルの位置によって、選択したアイテムの左端、左右中央、右端に表示されます。


    垂直方向-左揃え線の場合(左)と水平方向-上揃え線の場合(右)

  4. 整列する

    揃え位置を決定したら、クリックによって整列します。ただし、クリック時には、整列線の位置ではなく、そのときのマウスカーソルの位置で揃います。クリックした状態のままドラッグすると、整列した状態でアイテムを移動できます。

[位置調整パレット]を使用する

位置調整パレット]のボタンには、[整列]メニュー、[整列]ボタンおよび[揃え]メニューの機能も含まれています。ここからは、[位置調整パレット]の各機能を説明します。


位置調整パレット

選択したアイテムを基準に位置を揃える

位置調整パレット]の上2段のボタンまたは[整列]メニュー、[整列]ボタンを利用すると、複数選択したアイテムの位置を基準に、選択したアイテムの位置を揃えられます。
位置調整パレット]で位置を揃えるには、次のように操作します。

  1. [位置調整パレット]を表示する

    表示]-[位置調整パレットの表示]を選択するか、複数のアイテムを選択した状態で右クリックし、表示されるメニューで[位置調整パレットの表示]を選択します。または、[位置調整パレットの表示]ボタンをクリックします。
    位置調整パレット]が表示されます。

  2. アイテムを選択する

    位置を調整するアイテムを選択します。

  3. ボタンをクリックして整列する

    位置調整パレット]で整列方法のボタンをクリックします。
    アイテムが整列されます。

整列方法
説明

上に寄せる
または
編集]-[整列]/ 上端に線を表示してクリック
選択したアイテムのうち最上部にあるアイテムの上端に位置を揃えます。

下に寄せる
または
編集]-[整列]/ 下端に線を表示してクリック
選択したアイテムのうち最下部にあるアイテムの下端に位置を揃えます。

(水平)中央に集める
または
編集]-[整列]/ 上下中央に線を表示してクリック
選択したアイテムのうち最上部にあるアイテムの上端と最下部にあるアイテムの下端の上下中央に位置を揃えます。用紙の中央ではありません。

(水平)均等に割り振る
選択したアイテムのうち最上部にあるアイテムと最下部にあるアイテムの中心を基準に水平方向に均等に割り付けます。

左に寄せる
または
編集]-[整列]/ 左端に線を表示してクリック
選択したアイテムのうち最も左側にあるアイテムの左端に位置を揃えます。

右に寄せる
または
編集]-[整列]/ 右端に線を表示してクリック
選択したアイテムのうち最も右側にあるアイテムの右端に位置を揃えます。

(垂直)中央に集める
または
編集]-[整列]/ 左右中央に線を表示してクリック
選択したアイテムのうち最も左側にあるアイテムの左端と最も右側にあるアイテムの右端の左右中央に位置を揃えます。用紙の中央ではありません。

(垂直)均等に割り振る
選択したアイテムのうち最も左側にあるアイテムと最も右側にあるアイテムの中心を基準に、垂直方向に均等に割り付けます。

用紙の端や外側の枠を基準に位置を揃える

位置調整パレット]の中央2段のボタンまたは[揃え]メニューを利用すると、選択したアイテムを用紙の端を基準に揃えられます。選択したアイテムの外側に垂直/水平直線、矩形、サブフォーム、レコード、連写がある場合は、そのアイテムを基準に位置が揃えられます。
位置調整パレット]を利用して位置を揃える方法は、「選択したアイテムを基準に位置を揃える」と同じです。[揃え]メニューを利用する場合は、位置を揃えるアイテムを選んで[編集]-[揃え - 縦方向]、[揃え - 横方向]を選択し、表示されるメニューから揃える位置を選びます。

整列方法
説明

上(線)に寄せる
または[編集]-[揃え - 縦方向]-[上付け
用紙の上端または外枠の上端に揃えます。

下(線)に寄せる] 
または[編集]-[揃え - 縦方向]-[下付け
用紙の下端または外枠の下端に揃えます。

(水平)中央割り付け] 
または[編集]-[揃え - 縦方向]-[中央割り付け
用紙または外枠に合わせて水平方向に中央に揃えます。

(水平)均等割り付け] 
または[編集]-[揃え - 縦方向]-[均等割り付け
用紙または外枠に合わせて水平方向に均等に割り付けます。

左(線)に寄せる] 
または[編集]-[揃え - 横方向]-[左詰め
用紙の左端または外枠の左端に揃えます。

右(線)に寄せる] 
または[編集]-[揃え - 横方向]-[右詰め
用紙の右端または外枠の右端に揃えます。

(垂直)中央割り付け
または[編集]-[揃え - 横方向]-[中央割り付け
用紙または外枠に合わせて垂直方向に中央に揃えます。

(垂直)均等割り付け
または[編集]-[揃え - 横方向]-[均等割り付け
用紙または外枠に合わせて垂直方向に均等に割り付けます。

フィールド、固定文字の文字間隔を調整する

位置調整パレット]を利用すると、フィールド、固定文字に対して、ピッチの自動調整、均等割り付けができます。
次の4つは、グリッド配置が「オフ」でフィールド、固定文字が複数選択されている場合にのみ有効です。また、左右に合わせる場合は、文字方向が横方向のアイテム同士、上下に合わせる場合は、文字方向が縦方向のアイテム同士である必要があります。回転角度が設定されているフィールド、固定文字が含まれていると、位置を調整できません。

整列方法
説明

(ピッチ)左に合わせる
ピッチを調整して、最も左にあるフィールド、固定文字の開始位置に、他のフィールド、固定文字の開始位置を合わせます。


(ピッチ)右に合わせる
ピッチを調整して、最も右にあるフィールド、固定文字の終了位置に、他のフィールド、固定文字の終了位置を合わせます。


(ピッチ)上に合わせる
ピッチを調整して、最も上にあるフィールド、固定文字の開始位置に、他のフィールド、固定文字の開始位置を合わせます。

(ピッチ)下に合わせる
ピッチを調整して、最も下にあるフィールド、固定文字の終了位置に、他のフィールド、固定文字の終了位置を合わせます。

次の4つは、フィールド、固定文字に対して、矩形内の均等割り付け、および、アイテム位置を基準とした均等割り付けをする機能です。回転角度が設定されているフィールド、固定文字は使用できません。また、(水平)矩形内の均等割り付けおよび(垂直)矩形内の均等割り付けはグリッド配置が「オフ」の場合にのみ選択できます。

整列方法
説明

(水平)矩形内の均等割り付け
フィールド、または固定文字を選択して をクリックすると、ピッチを調整して矩形内で水平方向に均等割り付けします。垂直方向は自動的に中央揃えになります。


(垂直)矩形内の均等割り付け
フィールド、または固定文字を選択して をクリックすると、ピッチを調整して矩形内で垂直方向に均等割り付けします。水平方向は自動的に中央揃えになります。


(水平)部品の均等割り付け
フィールド、または固定文字と、それを左右にはさむアイテム(両端アイテム)を選択してボタンをクリックすると、ピッチを調整して両端アイテムとの間で水平方向に均等割り付けします。垂直方向は自動的に中央揃えになります。

(垂直)部品の均等割り付け
フィールド、または固定文字と上下にはさむアイテム(上下アイテム)を選択してボタンをクリックすると、ピッチを調整して上下アイテムとの間で垂直方向に均等割り付けします。水平方向は自動的に中央揃えになります。

制限事項

タイ語様式編集時でフィールドや固定文字に、クーリエ、OCRB以外のフォントを設定している場合は、次のような制限事項があります。

項目 説明
(ピッチ)左に合わせる 位置調整パレットの「左に寄せる」と同じ処理をします。
(ピッチ)右に合わせる 処理は行われません。
(ピッチ)上に合わせる 文字の方向を縦にできないため、処理は行われません。
(ピッチ)下に合わせる 文字の方向を縦にできないため、処理は行われません。
(水平)矩形内の均等割り付け アイテムを矩形の中心へ移動する処理をします。
(垂直)矩形内の均等割り付け 文字の方向を縦にできないため、処理は行われません。*1
(水平)部品の均等割り付け アイテムを移動する領域で中央寄せの処理をします。
(垂直)部品の均等割り付け 文字の方向を縦にできないため、処理は行われません。*1
  1. エラーダイアログが表示されます。