3-7-7 同一パターンを連写する

宛名ラベルなど、1枚の紙上に同一のパターンを複数出力する場合は、連写機能を利用します。元となるパターンを作成し、そのパターンを連写機能で縦方向、横方向に展開するため、すべてを個別に配置する必要がありません。


連写を利用すると、個別に配置する必要がなくなる

注意

連写の領域外に、アプリケーションからデータを渡すフィールドは配置できません。ページ関数などSVFの設計関数を使用して値を取得するフィールドは配置できます。

連写を配置する

連写の配置は、次の手順で行います。

  1. [連写の作成]を選択する

    アイテム]-[連写の作成]を選択、または[連写の作成]ボタンをクリックします。
    マウスカーソルの表示がに変わります。

  2. 配置位置にドラッグする

    連写元となる領域をフォームウィンドウ上で矩形を描くようにマウスをドラッグして描きます。

    連写が配置されます。

  3. 配置した連写を選択する

    配置した連写の領域を選択します。
    プロパティエディター]に、選択している連写のプロパティが表示されます。

  4. プロパティを設定する

    プロパティの各種項目を設定します。

連写のプロパティを設定する

連写のプロパティを設定します。プロパティは[基本設定]、[綴り設定]に分類され、タブごとにまとめられています。


連写のプロパティ

基本設定

プロパティ
説明

名前

連写名を入力します。指定していない場合には自動的に「FormCopy1」から連番で指定されます。英数、カナ、漢字と下線記号(_)が使えます。名前の先頭文字に数字は使用しないでください。入力できる名前の長さは[動作設定]での設定により異なります。(Service Pack 6で対応)

始点X(dot)

連写の左上隅のX座標を指定します。

始点Y(dot)

連写の左上隅のY座標を指定します。

終点X(dot)

連写の右下隅のX座標を指定します。

終点Y(dot)

連写の右下隅のY座標を指定します。


X開始位置、Y開始位置、終了位置の関係

横方向のページ数

横方向に複写する回数を指定します。

縦方向のページ数

縦方向に複写する回数を指定します。

印字方向

印字方向をドロップダウンリストで「」、「」から指定します。

区切り線を印刷

隣接する領域の境界に区切り線を印刷するかどうかを指定します。
チェックを付けた場合は、区切り線が印刷されます。
また、チェックを付けた場合は、[区切り線種]および[区切り線幅]を設定します。

区切り線種

区切り線の線種を指定します。

区切り線幅

線幅を選択します。
自由(dot)]を選択した場合は、次の[区切り線幅(dot)]で線幅を自由に指定します。

区切り線幅(dot)

区切り線幅]で[自由(dot)]を選択した場合は、線幅をドット単位で指定します。

データがない連写領域のアイテムを印刷しない

連写するエリア内に出力するデータが入ってこない場合に、アイテムを印刷するかどうかを指定します。
チェックを付けた場合は、データがないときには連写領域のアイテムを印刷しません。

綴り設定

プロパティ
説明

共通

設定できません。必ず共通ページアイテムになります。

連写を拡大/縮小する

連写を拡大/縮小することによって、エリアサイズを変更できます。

  1. 連写を選択する

    連写を選択します。
    周りに四角いハンドルが表示されます。


    連写を選択する

  2. ハンドルにマウスカーソルを重ねる

    四隅、または縦、横の辺上のいずれかの四角いハンドル付近までマウスカーソルを移動します。
    マウスカーソルの表示がに変わります。


    マウスカーソルが両矢印になる

  3. 拡大/縮小方向にドラッグする

    任意の方向にドラッグします。
    エリアサイズが変更されます。

参考

エリアサイズは、プロパティ上からも指定できます。

連写内に新規にアイテムを配置する

連写内に新規にアイテムを配置する場合は、階層関係が自動的に作成され、連写の領域からはみでないように設定されます。
この階層の管理は、[ナビゲーター]の[階層別]タブで行います。階層をあらわすツリーを「階層ツリー」と呼びます。
例えば、連写内にアイテムが配置されていない場合の階層ツリーは、次のとおりです。

連写内にアイテムを配置すると、階層ツリーでは該当する連写の直下にツリーとして追加されます。

注意

連写を削除する場合は、削除確認のメッセージが表示されます。
はい]ボタンをクリックすると、連写の階層下にあるアイテムも削除されます。

制限事項

アイテムが連写の領域内で表示されていても、連写の階層に入っていなければ、設計位置のみに出力されるだけで、連写回数分正しく出力されません。

既存のアイテムを連写の階層下に配置する

連写の領域外に配置されているアイテムを連写の階層下に配置するには、[ナビゲーター]の階層ツリーで操作します。

  1. アイテムを連写の階層にドロップする

    ナビゲーター]の階層ツリーで、連写の階層下に配置したいアイテムを選択し、該当する連写までドラッグ&ドロップで移動します。


    該当する連写までドラッグ&ドロップで移動

  2. ドロップしたアイテムが連写の階層下に配置される

    選択していたアイテムが連写の階層下に配置されます。


    連写の階層下に移動する

参考
  • フォームウィンドウで階層下に移動したいアイテムを選択し、右クリックで表示されるメニューの[(SVF)階層⇔移動]から[(任意の連写アイテム名)へ移動]を選択しても連写の階層下に移動できます。


    右クリックのメニューで階層を移動

制限事項

階層ツリーで連写の階層下にあるアイテムは、フォームウィンドウで連写の領域外に移動できません。
階層ツリーでアイテムを階層下に配置できるのは、サブフォームとレコードと連写のみです。そのほかのアイテムの階層下には配置できません。