3-8-5 ブロック矢印を描く

ここでは、ブロック矢印の配置方法、およびプロパティの各項目について説明します。
ブロック矢印には、単一方向、曲折・屈折、Uターン、カーブの4つの図形が用意されています。


ブロック矢印

ブロック矢印の描画手順

ブロック矢印の描画は、次の手順で行います。

  1. [ブロック矢印]から図形を選択する

    アイテム]-[ブロック矢印]から図形を選択するか、ツールバーからブロック矢印の各ボタンをクリックします。

  2. 直線を引くようにドラッグする

    フォーム上で直線を引くようにドラッグします。
    ブロック矢印が描画されます。
    単一方向の矢印はCtrlキーを押しながらドラッグすると、水平、垂直方向へ描画できます。

  3. 描画されたブロック矢印を選択する

    描画されたブロック矢印を選択します。
    プロパティエディター]に、選択しているブロック矢印のプロパティが表示されます。

  4. プロパティを設定する

    プロパティの各種項目を設定します。

単一方向のプロパティ

単一方向のプロパティは、次のとおりです。


単一方向のプロパティ

基本設定

プロパティ
説明

名前

名称を入力します。デフォルトでは自動的に「BA1」から連番で指定されます。英数、カナ、漢字と下線記号(_)が使えます。名前の先頭文字に数字は使用しないでください。入力できる名前の長さは[動作設定]での設定により異なります。(Service Pack 6で対応)

始点X(dot)

矢印の始点のX座標を指定します。

始点Y(dot)

矢印の始点のY座標を指定します。

終点X(dot)

矢印の終点のX座標を指定します。

終点Y(dot)

矢印の終点のY座標を指定します。

柄の幅(dot)

矢印の柄の幅をドット単位で指定します。

矢印の幅(dot)

矢印の頂点の幅をドット単位で指定します。

矢印の長さ(dot)

矢印の頂点から各頂点までの長さをドット単位で指定します。
矢印先頭部の長さ(dot)
矢印の頂点から矢印の折れ線までの長さをドット単位で指定します。

矢印の位置

矢印の向きを設定します。

両側・片側矢印

矢印について、両側表示か片側表示かを指定します。

ストライプ

矢印の末尾をストライプ模様にするかどうかを指定します。
チェックを付けると末尾がストライプになります。

線幅

線幅を選択します。「自由(dot)」を選択すると、次の[線幅(dot)]で線幅を自由に設定できます。

線幅(dot)

線幅]で「自由(dot)」を選択した場合は、線幅をドット単位で設定します。

制限事項

ウィンドウの表示が「400%」以外の場合は、線幅が正確に表現されないことがあります。

線の色

矢印の線の色を指定します。

透明モード

矢印の内部を透明とするか、塗り込みするかを指定します。
チェックを付けると透明に指定され、下に描画されているアイテムや図形が見えるように設定されます。

内部色

透明モード]でチェックを外して塗り込みを設定した場合に、塗り込む色を指定します。

グラデーション

矢印をグラデーションカラーで塗るかどうかを設定します。チェックを付けると、矢印の始点から終点に向かってグラデーションカラーで描画されます。


矢印の始点から終点に向かうグラデーション

グラデーション開始色

矢印の始点から始まるグラデーションの開始色を指定します。

グラデーション終了色

矢印の終点で終わるグラデーションの終了色を指定します。

属性式

属性式を設定します。属性式については、「5-3-1 属性式の設定」を参照してください。

綴り設定

綴り設定は、折れ線・多角形と同様です。詳細は、「3-8-4 基本図形を描く」の「折れ線・多角形のプロパティ」の綴り設定を参照してください。

曲折・屈折のプロパティ

曲折・屈折のプロパティは、次のとおりです。


曲折・屈折のプロパティ

基本設定

プロパティ
説明

名前

名称を入力します。デフォルトでは自動的に「BAL1」から連番で指定されます。英数、カナ、漢字と下線記号(_)が使えます。名前の先頭文字に数字は使用しないでください。 入力できる名前の長さは[動作設定]での設定により異なります。(Service Pack 6で対応)

始点X(dot)

矢印の始点のX座標を指定します。

始点Y(dot)

矢印の始点のY座標を指定します。

終点X(dot)

矢印の終点のX座標を指定します。

終点Y(dot)

矢印の終点のY座標を指定します。

柄の幅(dot)

矢印の柄の幅をドット単位で指定します。

矢印の幅(dot)

矢印の頂点の幅をドット単位で指定します。

矢印の長さ(dot)

矢印の頂点から各頂点までの長さをドット単位で指定します。
矢印先頭部の長さ(dot)
矢印の頂点から矢印の折れ線までの長さをドット単位で指定します。

矢印の位置

矢印の位置を「終点」、「始点」から設定します。

両側・片側矢印

矢印について、両側表示か片側表示かを指定します。

優先方向

矢印の伸びる方向を「」、「」から指定します。

曲折・屈折

矢印が曲折するか、屈折するかを指定します。
  • 曲折の場合 角丸に曲がります。

  • 屈折の場合 直角に曲がります。

コーナーサイズ(dot)

矢印が曲折の場合は、曲折するコーナーの角丸の半径を指定します。

ストライプ

矢印の末尾をストライプ模様にするかどうかを指定します。
チェックを付けると末尾がストライプになります。

線幅

線幅を選択します。
自由(dot)」を選択すると、次の[線幅(dot)]で線幅を自由に設定できます。

線幅(dot)

線幅]で「自由(dot)」を選択した場合は、線幅をドット単位で設定します。

制限事項

ウィンドウの表示が「400%」以外の場合は、線幅が正確に表現されないことがあります。

線の色

矢印の線の色を指定します。

透明モード

矢印の内部を透明とするか、塗り込みするかを指定します。
チェックを付けると透明に指定され、下に描画されているアイテムや図形が見えるように設定されます。

内部色

透明モード]でチェックを外して塗り込みを設定した場合に、塗り込む色を指定します。

グラデーション

矢印をグラデーションカラーで塗るかどうかを設定します。チェックを付けると、矢印の始点から終点に向かってグラデーションカラーで描画されます。


矢印の始点から終点に向かうグラデーション

グラデーション開始色

矢印の始点から始まるグラデーションの開始色を指定します。

グラデーション終了色

矢印の終点で終わるグラデーションの終了色を指定します。

属性式

属性式を設定します。属性式については、「5-3-1 属性式の設定」を参照してください。

綴り設定

綴り設定は、折れ線・多角形と同様です。詳細は、「3-8-4 基本図形を描く」の「折れ線・多角形のプロパティ」の綴り設定を参照してください。

Uターンのプロパティ

Uターンのプロパティは、次のとおりです。


Uターンのプロパティ

基本設定

プロパティ
説明

名前

名称を入力します。デフォルトでは自動的に「BAU1」から連番で指定されます。英数、カナ、漢字と下線記号(_)が使えます。名前の先頭文字に数字は使用しないでください。入力できる名前の長さは[動作設定]での設定により異なります。(Service Pack 6で対応)

始点X(dot)

矢印の始点のX座標を指定します。

始点Y(dot)

矢印の始点のY座標を指定します。

終点X(dot)

矢印の終点のX座標を指定します。

終点Y(dot)

矢印の終点のY座標を指定します。

柄の幅(dot)

矢印の柄の幅をドット単位で指定します。

矢印の幅(dot)

矢印の頂点の幅をドット単位で指定します。

矢印の長さ(dot)

矢印の頂点から各頂点までの長さをドット単位で指定します。
矢印先頭部の長さ(dot)
矢印の頂点から矢印の折れ線までの長さをドット単位で指定します。

Uターンサイズ(dot)

矢印の曲折が開始される点までの長さをドット単位で指定します。

矢印の位置

矢印の位置を「終点」、「始点」から設定します。

両側・片側矢印

矢印について、両側表示か片側表示かを指定します。

始点方向

矢印の方向を「」、「」、「」、「」から指定します。

ストライプ

矢印の末尾をストライプ模様にするかどうかを指定します。
チェックを付けると末尾がストライプになります。

線幅

線幅を選択します。
自由(dot)」を選択すると、次の[線幅(dot)]で線幅を自由に設定できます。

線幅(dot)

線幅]で「自由(dot)」を選択した場合は、線幅をドット単位で設定します。

制限事項

ウィンドウの表示が「400%」以外の場合は、線幅が正確に表現されないことがあります。

線の色

矢印の線の色を指定します。

透明モード

矢印の内部を透明とするか、塗り込みするかを指定します。
チェックを付けると透明に指定され、下に描画されているアイテムや図形が見えるように設定されます。

内部色

透明モード]でチェックを外して塗り込みを設定した場合に、塗り込む色を指定します。

グラデーション

矢印をグラデーションカラーで塗るかどうかを設定します。チェックを付けると、矢印の始点から終点に向かってグラデーションカラーで描画されます。


矢印の始点から終点に向かうグラデーション

グラデーション開始色

矢印の始点から始まるグラデーションの開始色を指定します。

グラデーション終了色

矢印の終点で終わるグラデーションの終了色を指定します。

属性式

属性式を設定します。属性式については、「5-3-1 属性式の設定」を参照してください。

綴り設定

綴り設定は、折れ線・多角形と同様です。詳細は、「3-8-4 基本図形を描く」の「折れ線・多角形のプロパティ」の綴り設定を参照してください。

カーブのプロパティ

カーブのプロパティは、次のとおりです。


カーブのプロパティ

基本設定

プロパティ
説明

名前

名称を入力します。デフォルトでは自動的に「BAC1」から連番で指定されます。英数、カナ、漢字と下線記号(_)が使えます。名前の先頭文字に数字は使用しないでください。入力できる名前の長さは[動作設定]での設定により異なります。(Service Pack 6で対応)

左上X(dot)

矢印の左上のX座標を指定します。

左上Y(dot)

矢印の左上のY座標を指定します。

右下X(dot)

矢印の右下のX座標を指定します。

右下Y(dot)

矢印の右下のY座標を指定します。

柄の幅(dot)

矢印の柄の幅をドット単位で指定します。

矢印の幅(dot)

矢印の頂点の幅をドット単位で指定します。
矢印の長さ(dot)
矢印の頂点から各頂点までの長さをドット単位で指定します。

矢印の位置

矢印の位置を「」、「」、「」、「」から設定します。

矢印の方向

矢印の方向を「右回り」、「左回り」から設定します。

線幅

線幅を選択します。
自由(dot)」を選択すると、次の[線幅(dot)]で線幅を自由に設定できます。

線幅(dot)

線幅]で「自由(dot)」を選択した場合は、線幅をドット単位で設定します。

制限事項

ウィンドウの表示が「400%」以外の場合は、線幅が正確に表現されないことがあります。

線の色

矢印の線の色を指定します。

透明モード

矢印の内部を透明とするか、塗り込みするかを指定します。
チェックを付けると透明に指定され、下に描画されているアイテムや図形が見えるように設定されます。

内側色

透明モード]でチェックを外して塗り込みを設定した場合に、塗り込む色を指定します。

外側色

透明モード]でチェックを外して塗り込みを設定した場合に、矢印の外側に塗り込む色を指定します。

属性式

属性式を設定します。属性式については、「5-3-1 属性式の設定」を参照してください。

綴り設定

綴り設定は、折れ線・多角形と同様です。詳細は、「3-8-4 基本図形を描く」の「折れ線・多角形のプロパティ」の綴り設定を参照してください。