3-12-2 印刷色

プリンターやPDFファイルなどに帳票を出力する際の色を印刷色といいます。

特定の種類のアイテムは、綴りページのページ単位で印刷色を指定できます。綴りページとは、複数枚複写の帳票をプリンターで出力する場合に、1組として出力される複数ページのことです(「3-5-15 ページごとに編集できるアイテムを設定する」を参照)。
各ページに共通するアイテムは[共通]ページに配置し、各ページの印刷色を指定します。
各ページの印刷色の指定にはプロパティエディターの[綴り設定]でアイテムごとに行うことができますが、ページカラーとしてアイテムの種類ごとにデフォルトの印刷色を設定しておくこともできます。


ページごとに印刷色の設定を変更

綴りページでの印刷色が設定できるアイテム

綴りページでの印刷色が設定できるアイテムは、次のとおりです。なお、アイテムによっては、色設定できる部位が決まっています。

  • フィールド
  • レコード(枠線)
  • レコード(塗り込み)
  • 固定文字
  • バーコード
  • GS1データバー
  • サブフォーム
  • 矩形(塗り込み)
  • 矩形(枠線)
  • 直線
  • モノクロのイメージ
参考

()で記述がある場合は、その部位の色を指定できます。