3-5-5 タスクリストとして実行

作成したプロファイルは、タスクリストとして登録することで複数のプロファイルを一括して実行できます。反映対象が同じPDFファイルの場合には、タスクリストに複数のプロファイルを登録できます。


  1. ウィンドウから[タスクリスト]タブをクリックします。


    タスクリスト]設定ウィンドウ


  2. リスト追加]ボタンをクリックします。
    リスト追加]ダイアログが表示されます。


  3. タスクリストへ登録するプロファイルを選択し、[リスト追加]ボタンをクリックします。
    タスクリスト]設定ウィンドウに戻ります。リストには選択したプロファイルが登録されて表示されています。


  4. 手順2、3と同様の手順で、必要なプロファイルをタスクリストへ登録します。
    タスクリスト]設定ウィンドウに戻ります。リストには選択したプロファイルが登録されます。


    タスクリスト]に追加されたプロファイル

    タスクリスト]設定ウィンドウには、次の機能が用意されています。

    機能説明
    リスト追加]ボタンタスクリストへのプロファイルを登録します。
    リストクリア]ボタンタスクリストへのプロファイルの登録をすべてクリアします。
    選択アイテムを覗く]ボタンタスクリストに登録されているプロファイルの設定内容を確認できます。
    タスクリストからプロファイルを選択して、選択アイテムを覗く]ボタンをクリックすると、設定内容が表示されます。[OK]ボタンをクリックすると、ダイアログが閉じます。


    選択したプロファイルの内容

    [選択アイテムを上に]ボタン/[選択アイテムを下に]ボタンリストでプロファイルを選択した状態でボタンをクリックすると、上または下のプロファイルに選択状態となる対象が移動します。
    [選択アイテムを削除]ボタンリストで選択状態となっているプロファイルの登録を解除します。

  5. 入力ファイル]にプロファイルの反映対象となるPDFファイル名を指定し、[出力ファイル]に生成するPDFファイル名を指定します。をクリックすると、ダイアログからファイルを指定できます。
    入力と同じ]ボタンをクリックすると、入力ファイルに上書きして出力ファイルを生成します。


    入力、出力ファイルと使用プロファイルの設定が完了した状態


  6. 処理開始]ボタンをクリックします。
    タスクリストに登録されているすべてのプロファイルが実行され、PDFファイルが生成されます。