付録1 注意事項、制限事項

SVF for TIFF図面を使用する上での注意事項および制限事項は次のとおりです。

注意事項

  • SVF for TIFF図面を使用する際は、pdfparser.jarをCLASSPATHに追加してください。
  • PDFファイルの座標は、用紙正方向の左下を基点とし、単位はポイントです。

制限事項

  • SVF for TIFF図面で使用できるPDFファイルは、SVF製品で作成したPDFファイルのみです。SVF製品とは、次のとおりです。
    • SVF for Web PDF/C Edition
    • SVF for Web PDF/Java Edition
    • SVF for .NET Framework
    • SVF for PDF
    • SVF for TIFF図面
  • 暗号化されているPDFファイルに対してSVF for TIFF図面の機能を使用する場合は、先にDecrypt機能にて復号化する必要があります。
  • WebブラウザーでPDFファイルを表示する際にJavaScriptが無効に設定されていると、エラーやパスワード入力時のポップアップメッセージが表示されません。ポップアップメッセージを表示する場合は、JavaScriptの設定を有効にしてください。
  • Adobe ReaderなどPDFビューアーの設定でJavaScriptが無効になっている場合は、PDFファイルが正常に表示されないことがあります。JavaScriptの設定を有効にして確認してください。
  • Webブラウザーで閲覧制限付きのPDFファイルを表示した場合は、AcrobatのJavaScriptではWebブラウザーごとウィンドウを閉じられないため、ウィンドウが白紙の状態で残ります。