3-2-8 エラー情報を取得する

エラー情報取得用のJavaプログラム例を示します。
エラー情報の取得の流れは、次のとおりです。


エラー情報取得の流れ


  1. <OBJECT>タグ内で指定するErrorUrlパラメーターに、エラー内容を表示するためのサーブレットを指定します。
    これによりエラー内容表示用サーブレットが呼び出されます。


  2. サーブレット側でエラー内容が作成されます。作成されたエラー情報はクライアントコンピューターのブラウザー上に表示されます。

エラー内容表示用サーブレット

import java.io.*;
import java.util.*;
import javax.servlet.*;
import javax.servlet.http.*;

public class Svf_Emf_Err_Handling extends HttpServlet {
	public void doPost(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response) 
						throws IOException, ServletException {
		try {
			response.setContentType("text/html");
			PrintWriter out = new PrintWriter(response.getOutputStream());

			String errcd = request.getParameter("SVFWC_ERR_ERRCODE");
			String errms = request.getParameter("SVFWC_ERR_MESSAGE");
			String errapinm = request.getParameter("SVFWC_ERR_APINAME");

			/* HTML作成 */
			out.println("<html>");
			out.println("<head><title>SVF for Web / Client </title> </head>");
			out.println("<body>");
			out.println("印刷実行時にエラーが発生いたしました。エラー情報を以下に記述します。");
			out.println("<br>");
			out.println("Error Code :" + errcd);
			out.println("<br>");
			out.println("Error Message :" + errms);
			out.println("<br>");
			out.println("Error API Name :" + errapinm);
			out.println("</body>");
			out.println("</html>");
			out.close();
		}
		catch (Exception ex) {
			ex.printStackTrace(System.err);
		}
	}
}