MB/Dr.Sum/SVF/SPA:2020年のWindows UpdateによるLDAP署名の有効化に伴う影響について

製品ブランド:

SVF

Dr.Sum

MotionBoard

SPA

公開日時:

2020/02/17 10:00

更新日時:

2021/05/10 10:43

記事番号:

000016486

対象製品

製品ブランド 対象製品 バージョン 備考
Dr.Sum Dr.Sum Ver.5.0~5.1 影響を受ける設定はFAQを参照してください。
Dr.Sum EA Ver.2.2a~Ver.4.2 影響を受ける設定はFAQを参照してください。
MotionBoard MotionBoard
MotionBoard for Dr.Sum
Ver.4.0~Ver.6.0  
SVF Report Director Enterprise Ver.9.2~Ver.10  
RDE Limited Ver.9.2  
SVF StraForm(旧:StraFormサーバーベース) Ver.1.5
Ver.1.7
以下をご利用の場合に限り、影響します。
・LDAPオプション Ver.1.5
・SVF StraFrom Security Option Ver.1.7
SPA SPA(旧:SVF PDF Archiver) Ver.9.2~Ver.10
以下を含みます。
・Bridgeサービス Ver.10.2以降
 
SPA可視化オプション Ver.10.1、Ver.10.3  

 

内容

マイクロソフト社より2020年後半に公開予定のセキュリティ更新プログラムにて、LDAP署名、および、LDAPチャネルバイディングを既定で有効化する情報が発表されています。
Windowsの2020年LDAP署名とLDAP チャネル バインディングの要件 に記載の適用対象OSにて対象製品をActive Directory(以下、「AD」)認証で連携している場合、2020年後半のセキュリティ更新プログラムの適用により、ログインができない、ADの同期が行えない問題が発生します。

 

参考情報


 

製品側の対応 ※随時更新します

製品ブランド 対象製品   バージョン 対応内容
Dr.Sum Dr.Sum Ver.5.0~5.1 2020年6月29日に対応モジュールを公開しました。
Dr.Sum Ver.5.1/Dr.Sum Ver.5.0
Dr.Sum EA Ver.4.2 2020年6月29日に対応モジュールを公開しました。
Ver.4.1以下 バージョンアップをご検討ください。
なお、バージョンアップ先の対応モジュールは2020年6月29日に提供しました。
MotionBoard MotionBoard
MotionBoard for Dr.Sum
Ver.6.0 対応モジュールをご希望のお客様は次のFAQから入手ください。
MotionBoard 6.0/5.7:LDAP署名の有効化対応方法について
Ver.5.7 対応モジュールをご希望のお客様は次のFAQから入手ください。
MotionBoard 6.0/5.7:LDAP署名の有効化対応方法について
Ver.5.6以下 バージョンアップをご検討ください。
SVF  Report Director Enterprise Ver.10 Ver.10.1にて対応しました。閲覧にはログインが必要です。
Ver.9.2 Ver.9.2 Service Pack9にて対応しました。閲覧にはログインが必要です。
RDE Limited Ver.9.2 Ver.9.2 Service Pack9にて対応しました。閲覧にはログインが必要です。
SVF StraForm(旧:StraFormサーバーベース) Ver.1.7 サポートセンターまでお問い合わせください。
Ver.1.5 バージョンアップをご検討ください。
また、バージョンアップ前にあらかじめ、サポートセンターまでお問い合わせください。
SPA SPA(旧:SVF PDF Archiver) Ver.10 2020年4月にVer.10.3にて対応モジュールを提供
※対応モジュールをご希望のお客様はサポートセンターまでお問い合わせください。
Ver.9.3

Ver.9.3 Service Pack8にて対応しました。閲覧にはログインが必要です。

Ver.9.2 サポートセンターまでお問い合わせください。

     

回避策

対象製品は、LDAP署名を有効化したADには対応していないため、現在、対策モジュールを準備中です。弊社製品側の対応を適用しない場合や、LDAP署名の有効化がMS社よりリリースされた際に弊社製品側の対応がリリースされていない場合は、以下のいずれかの対応をお願いいたします。  
 

  • ADサーバーにてWindows Updateを自動更新から手動更新に変更し、当該セキュリティパッチの自動適用を回避する

 

  • Windowsのセキュリティ更新プログラムの適用後にADサーバーにて以下のレジストリ設定を戻す
    ※設定変更による他のシステムの影響を十分にご確認いただき変更してください。

     レジストリキー
     HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\NTDS\Parameters\ldapserverintegrity
     設定する値:1(無効に相当)

     レジストリキー      
     HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\ldap\ldapclientintegrity
     設定する値:1(2 になっている場合に1 に変更)
 

お問い合わせ先

各種お問い合わせ]-[製品に関するお問い合わせ]から、お問い合わせください。

入力フォーム「お問い合わせ概要」に「(000016486)MB/Dr.Sum/SVF/SPA:2020年のWindows UpdateによるLDAP署名の有効化に伴う影響について」と入力してください。
 

更新履歴

 

日付

概要

2020/02/17 公開
2020/02/17 アドバイザリADV190023の更新に伴い、更新プログラムのリリース時期を「2020年後半」に変更しました。
2020/02/19 Dr.Sum/Dr.Sum EA 製品の影響がある設定方法を解説したFAQへのリンクを設定しました。
2020/03/30 更新プログラムのリリース時期が変更されたことを受け、Dr.SumおよびMotionBoardの対応モジュールの提供スケジュールを変更しました。
2020/04/24 MotionBoard Ver.5.7/6.0の対応モジュールを公開しました。
2020/06/08 Report Director Enterprise Ver.9.2、および、RDE Limited Ver.9.2はService Pack9にて対応しました。
2020/06/29 Dr.Sum Ver.5.1/5.0、Dr.Sum EA Ver.4.2の対応モジュールを公開しました。
2020/06/30 SPA Ver.9.3 SP8のリリース予定を「2020年6月30日リリース予定」から「2020年8月リリース予定」に変更しました。
2020/07/22 SPA Ver.9.3 SP8を2020年8月リリース予定からリリースの日付が決まり次第、本ページにてご連絡する内容に変更しました。
2020/09/09 SPA Ver.9.3 SP8のリリース予定日を更新しました。
2020/09/28 SPA Ver.9.3をService Pack8にて対応しました。
2021/05/10 SVF Ver.10を10.1にて対応しました。