SVF・SPA製品におけるクラウド環境サポートポリシー

製品ブランド:

SVF

SPA

公開日時:

2015/09/07 19:00

更新日時:

2020/10/02 20:45

記事番号:

000007190

SVF・SPA製品におけるクラウド環境上でのご利用に関して、以下のようにポリシーを定めています。

クラウド環境上でご利用時の保守サービスについて、次の条件を満たすことを前提に通常保守サービスを提供いたします。

 

対応クラウド環境 プライベートクラウド パブリッククラウド
クラウドサービス

企業が自社内で利用するために構築したクラウド環境(クラウドサービス)で、かつ、以下の利用条件を満たす IaaS型クラウドサービス

データセンター事業者などが、広く一般の利用者に提供するクラウド環境(クラウドサービス)で、かつ、以下の利用条件を満たす IaaS型クラウドサービス

利用条件
  1. クラウドベンダーがサポート対象とするOSであること。
  2. クラウド環境上のOS・ミドルウェア・プリンターは弊社製品がサポートする動作環境に含まれていること。
  3. 上記2.の対象となる製品、バージョンが通常保守サービスの対象であること。
対応製品・バージョン
  • SVF Web Designer Ver.9.2以降
  • SVF for PDF Ver.9.1以降
  • SVF for JavaPrint Ver.9.1以降
  • Report Director Enterprise Ver.9.1以降
  • Report Director Enterpriseオプション(※1) Ver.9.1以降
  • SVF Client for XenApp(※5) Ver.9.2以降
  • SVF 実行部オプション(※2) Ver.9.1以降
  • Universal Connect/X Ver.9.1以降
  • SVF Connect for Java API Ver.9.1以降
  • SVF Connect for .NET Framework API Ver.9.1以降
  • SVF for Web/Client(※3) Ver.9.1以降
  • SVF Web Direct Print(※3) Ver.9.2以降
  • SVF for TIFF図面 Ver.9.1以降
  • SVF Web Designer Ver.9.2以降
  • SVF for System i Ver.9.2以降
  • SVF for System i (拡張版) Ver.9.2以降
  • SVF for Oracle E-Business Suite UNIX Connect実行部 Ver.6.3以降
  • SVF PDF Loader Ver.9.2(※4)
  • SVF PDF Archiver Ver.9.2
  • SPA(旧:SVF PDF Archiver) Ver.9.3以降(※4)
  • SPA(旧:SVF PDF Archiver) Tablet Option Ver.9.3以降
  • SPA(旧:SVF PDF Archiver) Timestamp Option Ver.9.3以降
  • SPA ETL Option Ver.10.0以降
  • SPA Connect Pack Ver.10.0以降
  • SPA可視化オプション Ver.10.1以降
  • SVF for PDF Ver.9.1以降
  • SVF for Excel Ver.9.1以降
  • SVF for TIFF図面 Ver.9.1以降
  • SVF for Web/TIFF Java Edition Ver.9.1以降
  • Universal Connect/X Ver.9.1以降
  • SVF Connect for Java API Ver.9.1以降
  • SVF Connect for .NET Framework API Ver.9.1以降
  • SVF for Web/Client(※3) Ver.9.1以降
  • SVF Web Direct Print(※3) Ver.9.2以降
  • SVF Web Designer Ver.9.2以降
ネットワーク プライベートネットワーク
(VPNなど)必須
インターネット
出力形態 ファイル出力、
プリンタ直接印刷(PALite含む)
スプール印刷 (PA含む)
ファイル出力
障害発生時の保守サービスについて
  • クラウド環境上で障害が発生した際は、次の対応をお客様へお願いする場合があります。
    1. クラウド環境を提供するサービス事業者へのお問い合わせ
    2. 環境面の見直しや変更
  • クラウド環境上でのみ発生する事象の場合、弊社ではその調査および問題解決ができないことがあります。なお、接続環境(回線速度等)を含めクラウド環境上でのみ発生する事象か否かの判断基準として、弊社では物理環境でのみ調査を実施し再現しない場合はクラウド環境に依存する問題とみなします。

 ※1 対応するReportDirectorEnterpriseオプションは次のとおり
         ・RDE PDF Option ・RDE Excel Option ・RDE CSV Option ・RDE TIFF Option 
         ・RDE SATO Option ・RDE TEC Option ・RDE Zebra Option ・RDE RV Option
         ・RDE FX-STDOUT Option ・RDE FiBridgeⅡ Option ・RDE PlainTxtⅡ Option
         ・RDE MultiCoder Option  ・RDE Multi-Language Pack ・RDE SVG Option 

 ※2 対応するSVF実行部オプションは以下のとおり
         ・SVF for Excel ・SVF for Web/CSV JavaEdition ・SVF for Web/TIFF JavaEdition ・SVF for SATO/JavaEdition ・SVF for TEC/JavaEdition 
         ・SVF for Zebra ・SVF for FX-STDOUT/JavaEdition ・SVF for FiBridgeⅡ/JavaEdition ・SVF for PlainTxtⅡ/JavaEition ・SVF for RV
         ・SVF for NEC MultiCoder ・SVF for Oracle E-Business Suite/Java Edition・SVF Client for XenApp SATO Option ・SVF Client for XenApp TEC Option 
   ・SVF Client for XenApp CSV Option・SVF for SVG

 ※3 クライアント側(オンプレミス環境)へのインストールのみ

 ※4 SVF PDF Loader Ver.9.2.0~Ver.9.2.2もしくは、SPA(旧:SVF PDF Archiver) Ver.9.3.0のLoaderサービス Windows版を以下のクラウド環境で利用する場合には、
         こちらからパッチを入手し、適用してください。
         - Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)
         - Microsoft Azure

  ※5 SlimPrintを除きます。

 

クラウド環境におけるライセンス形態については弊社担当営業までお問い合わせください。なお、アクセス制御やセキュリティなどのデータ保護に関しお客様でのご検討をお願いいたします。

更新履歴
日付 概要
2018/08/09 ・プライベートクラウドの対応製品に以下を追加しました。
 - SVF Client for XenApp
  - SVF Client for XenApp SATO Option
  - SVF Client for XenApp TEC Option
  - SVF Client for XenApp CSV Option
・対応製品のバージョン表記を「●●以降」に変更しました。
2018/08/31 ・プライベートクラウドの対応製品に以下を追加しました。
- SPA ETL Option
2019/02/28 ・プライベートクラウドの対応製品に以下を追加しました。
- SPA Tegaki Option
- SPA Connect Pack
- SPA可視化オプション
2019/08/02 ・プライベートクラウドの対応製品に以下を追加しました。
- SVF Web Designer
2019/09/02 ・プライベートクラウドの対応製品に以下を追加しました。
- SVF for System i
- SVF for System i (拡張版)
2020/08/31

・プライベートクラウドの対応製品に以下を追加しました。
- SVF for Oracle E-Business Suite UNIX Connect実行部 Ver.6.3以降

・注釈※2に以下を追加しました。
- SVF for Oracle E-Business Suite/Java Edition

2020/10/02

・パブリッククラウドの対応製品に以下を追加しました。
    -    SVF for TIFF図面 Ver.9.1以降
    -    SVF for Web/TIFF Java Edition Ver.9.1以降